MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】私の酢ショウガの食べ方

【体験談】私の酢ショウガの食べ方 "肘が痛い""肩が痛い"の悩みが消失

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子

痛みが消え元気に仕事ができる!

寒さにも強くなったのを実感

 私は毎朝2~3時間、清掃の仕事をしています。仕事では、清掃用具を載せた鉄骨製の重いカートを引いて移動します。日によっては、狭いビルの通路を、腕でカートを調整しながら移動しなければなりません。
 その仕事で、左の肩とひじに痛みが出るようになりました。特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。

「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。
 もともと私は、輪切りにしたショウガの酢漬けをよく作っていました。冷蔵保存すれば何ヵ月も持つので、魚を煮るときに重宝していたのです。

 酢ショウガは、ショウガの切り方が異なるだけで、これとほぼ同じです。そこで、作ってみることにしました。
 ショウガは皮ごとみじん切りにします。酢は風味のマイルドな米酢です。瓶に刻んだショウガとショウガがかぶる程度の米酢を入れたら出来上がり。ハチミツなどは加えません。

 私は、酢ショウガを調味料の一つとして使っています。ニンニクしょうゆやポン酢などと合わせて、漬けた酢ごと炒め物に加えれば、これだけで味が締まるのです。スープの隠し味にしたり、豆腐やサラダなどにかけたり、ハチミツと一緒にお湯で割ってドリンクにしたりすることもあります。
 平均して、1日に大さじ2杯程度の酢ショウガを食べているでしょうか。
 酢ショウガを使った料理は、さっぱりとしていて、食欲がない日でもはしが進みます。そのため、今年の夏は、ほぼ毎日酢ショウガを食べていました。

 そして夏が終わるころ、左ひじが痛まないことに気づいたのです。いつの間にか、湿布も使わなくなっていました。肩もひじもらくに動かせるようになっていたのです。
 酢ショウガは、私の体には特に合ったような気がします。秋になっても、周囲が嘆くほど寒さをつらく感じません。
「食」という字は「人を良くする」と書きます。日々の食事で体はこれだけ変わるのだと、あらためて驚きました。

ショウガには 痛みの改善作用がある(イシハラクリニック副院長・石原新菜)

 ショウガには鎮痛作用と、血流をよくする作用があります。それらの相乗効果によって、羽柴さんのひじや肩の痛みも改善してきたのでしょう。
 また、寒さをつらく感じなくなってきたのは、ショウガの体を温める作用で、体の冷えが取れてきた証拠だと思います。
 ぜひ今後も酢ショウガなどでショウガをとって、健康維持にお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:34:13
ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:32:36
「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:30:31
キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:29:30
なぜこれほど多くの子供たちがひじを痛めるのでしょう。その最大の理由は、「使いすぎ(投げ過ぎ)」です。ひじを休める暇なく投球を続けると、修復が間に合わず、疲労が蓄積され、傷が治らなくなります。これが「使い過ぎ」「オーバーユース」といわれるものです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)
更新: 2018-09-11 21:28:26
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt