ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝承医学です。でも日本人にはあまりなじみがなく「難しそう」と思っている方も多いでしょう。そこで私は、少しでもみなさんに身近に感じていただけるように、日本人でも取り入れやすいアーユルヴェーダの活用法をご紹介してきました。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


野菜スティックにつけてもおいしい!

ショウガ科のウコンと みそを合わせた新調味料

 みなさんは「アーユルヴェーダ」のことをご存じですか?
 アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝承医学です。でも、日本人にはあまりなじみがなく、「難しそう」と思っている方も多いでしょう。
 そこで私は、少しでもみなさんに身近に感じていただけるように、日本人でも取り入れやすいアーユルヴェーダの活用法をご紹介してきました。

 今回お勧めする「ウコンみそ」も、その一つです。
 みそは、日本を代表する発酵食品です。アーユルヴェーダの古典医学書によると、発酵食品には物を変換させる力があり、消化を助けて代謝を活性化する作用があるとされています。
 実際に、みそにはさまざまな健康効果があることがわかっています。そういう日本のすばらしい調味料に、インドで最高のスパイスといわれる「ウコン」を組み合わせたのが、ウコンみそです。

 ウコンは、ターメリックとも呼ばれるショウガ科の植物で、カレーに使われる香辛料として、よく知られています。
 同じ科のショウガとは性質が似ており、同じような作用を持っていますが、ショウガのほうが辛味が強く、より代謝を活性化して、強力な消化促進作用をもたらします。その点、ウコンは作用がソフトで、体内の代謝を適切な状態にしてくれます。

 ウコンとみそは、味の組み合わせとしても最高です。
 アーユルヴェーダでは、甘味、塩味、辛味、渋味、苦味、酸味の六味がそろうと味のバランスがよく、どんな体質の人にも合うとされています。
 みそは、甘味と塩味と少しの辛味があり、さらに発酵食品なので、酸味もあります。一方のウコンには、みそに足りない渋味と苦味と辛味があります。
 ですから、この二つを合わせると六味のバランスが整い、味的にも薬効的にもオールマイティに近い、ベストの食品になるのです。

 また、ウコンにはたんぱく質の消化を助ける作用があります。大豆でできているみそは、たんぱく質のかたまりです。ウコンはその消化を促してくれるのです。
 食材の性質はともに熱性で、体を温める作用があります。しかしウコンは、熱性ではあるけれど、それを過剰にさせない性質があるため、どんな体質の人にも合いやすいのです。

 こうした性質を持つウコンみそに、どのような健康効果が期待できるでしょうか。
 まず言えるのは、腸活作用です。みそにもウコンにも腸内細菌叢を改善する作用があり、相乗効果で腸を健康にします。腸が健康になれば、免疫力(病気に対する抵抗力)が高まり、病気になりにくくなります。

 二つめは血液浄化作用です。どちらも血流をよくして、体を温める作用があります。
 アーユルヴェーダでは、体内にたくさんの「管」があると考えられています。西洋医学でいう血管や消化管のように、目に見える管ではありませんが、血液や神経やエネルギーが流れている管です。ウコンはそれらの詰まりを取って、流れをよくする作用があるのです。

 三つめは、消化を助けて代謝を活性化することです。
 代謝が適切に行われず、消化力も弱いと、食べた物がきちんと消化・燃焼されず、体内に「アーマ」と呼ばれる未消化物が残ります。
 これがたまると、さまざまな病気の引き金となります。
 ウコンには消化力を高め、代謝を上げる作用があります。さらに、代謝の過剰と不足を整える作用もあり、アーマをたまりにくい状態にしてくれます。

油と一緒にとるとさらに吸収がよくなる

 ウコンみその作り方は、簡単です。みそ10に対して、ウコンを0・5~1の割合で混ぜるだけです。
 ウコンに抵抗のない人は、ウコンの量をもっと増やしてもいいでしょう。私は10対3の割合で作っています。その都度混ぜ合わせてもいいですし、まとめて作って、冷蔵庫に保存しておいてもいいでしょう。使ったみその賞味期限までは保存ができます。

 ウコンみそは、普通のみそと同じように使えます。みそ汁や豚汁といった汁物、野菜やナスや厚揚げなどのみそ炒め、みそ田楽、野菜スティックのディップなど、どんなものにも合います。
 渋味や苦味のある食品は、普段は敬遠しがちです。しかし、ウコンみそにすれば、簡単に渋味や苦味がとれます。
 しかも、渋味と苦味が加わることによって、みその味が引き締まり、こくが出ます。試しに、おにぎりにウコンみそをつけ、焼いて食べてみてください。ウコンみそのおいしさが、ストレートにわかります。

 また、味にこくがあるので、煮物などは、だしを取らなくてもおいしく作れます。使うみその量も少なくてすむので、減塩にも役立つと思います。
 食べるときは、油と一緒にとると、ウコンの有効成分の吸収がさらによくなります。みそ汁などには、エゴマ油などのオメガ3系の油を、最後にちょっとたらすといいでしょう。

 ウコンは、春ウコンより秋ウコンのほうが、有効成分であるクルクミンが多いので、お勧めです。店頭で売っているターメリックは、ほとんどが秋ウコンです。
 このウコンみそなら、手軽にウコンのよさを感じていただけるでしょう。ぜひご家庭に常備して、新しい味の世界を発見してください。

西川眞知子
 上智大学外国語学部を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。幼少期に病弱だったのを自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインドやアメリカを歴訪し、ヨガや自然療法に出合う。その経験と研究をもとに「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。
『アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活』(農文協)、『ヨガのポーズの意味と理論がわかる本』(マイナビ)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


みそ

関連する投稿


【糖尿病の予防・改善】トマトの栄養リコピンと味噌のコンビは合併症を防ぐ食べ物

【糖尿病の予防・改善】トマトの栄養リコピンと味噌のコンビは合併症を防ぐ食べ物

私は糖尿病の専門医として、1日の摂取糖質量を150g以内に抑える糖質制限食の実践に加え、トマトとみそを積極的にとることを勧めていて、ヘモグロビンA1c(1~2カ月以内の血糖状態を示す指標)の改善に高い効果を上げています。 【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


【トマト味噌 基本の作り方】トマトのリコピンと味噌のメラノイジン 抗酸化物質のW効果

【トマト味噌 基本の作り方】トマトのリコピンと味噌のメラノイジン 抗酸化物質のW効果

トマトに含まれる「リコピン」とみそに豊富な「メラノイジン」という抗酸化物質が同時にとれ、うま味が増し、塩分は自然に減らせると今話題の万能健康調味料が「トマトみそ」。2種類の作り方をご紹介しますので、とにかく一度作ってみてください。和洋中、どんな料理もおいしく健康的に一変します。【料理】古澤靖子


【アディポネクチンは痩せるホルモン】トマト味噌レシピは糖尿病を改善する効果あり

【アディポネクチンは痩せるホルモン】トマト味噌レシピは糖尿病を改善する効果あり

糖尿病の予防・改善にオススメな「トマトみそ」をご紹介します。トマトのうま味成分である「グルタミン酸」の働きでうま味が増し、自然な減塩ができることから、高血圧のかたにもピッタリ。抗酸化作用のあるリコピンやメラノイジンは熱に強く、加熱しても効果は落ちません。ぜひ継続して取り続けてください。【料理】古澤靖子


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)