MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり 私は「黒ごま牛乳」を愛飲

黒ゴマは抜け毛や白髪の改善に効果あり 私は「黒ごま牛乳」を愛飲

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)

抗酸化作用の強いゴマで髪の老化を予防

 髪は、人の印象を左右する大きな要素の一つです。だからこそ、「抜け毛や白髪をなんとかしたい」と思っている人は多いはず。いつまでも若々しくいたいと願う女性なら、なおさらです。
 とはいえ、髪だけに目を向けていたのでは、髪のトラブルを解決することは難しいでしょう。髪も体の一部です。髪のトラブルは、体の健康状態の一つの現れです。いい換えれば、全身を若々しく健康に保つことが、髪のアンチエイジングにもつながるのです。

 すでに還暦を過ぎた私ですが、周りの人から「実年齢よりも若い」と驚かれることが多く、現在もフサフサで黒々とした健やかな髪を保ち続けています。これは、髪だけでなく、体全体の健康を考え、食事や生活習慣に気を配っているからこそでしょう。
 アンチエイジング効果の高い食品といえば、なんといってもゴマです。ゴマは「小さな丸薬」といわれるほど優れた健康食材で、小さな粒の中に、実に多くの栄養素が含まれています。

 なかでも、セサミンやセサミノールなどの抗酸化成分を総称した「ゴマリグナン」は、老化を助長する活性酸素を除去し、若さを保つことに役立ちます。
 また、豊富に含まれるビタミンEにも強力な抗酸化作用があるほか、ミネラルも多く含まれています。これらは、抜け毛を防いだり、白髪になるのを遅らせたりするなど、髪を若々しく保ってくれます。

「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。

髪のトラブルにお勧めは「牛乳」


 もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。
 牛乳は、「子供が飲む物」というイメージがあるのか、年齢を重ねるほど、飲まなくなる傾向にあるようです。しかし、皮膚の構成成分であるたんぱく質をとることは、とても重要なことです。髪も皮膚の一部です。牛乳は良質なたんぱく質を多く含み、カルシウムも豊富に摂取できるので、骨が弱くなる骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 髪や肌、骨の衰えを感じている年配のかたほど、もっと牛乳を飲んでほしいものです。
 コレステロールが気になるかたや、メタボリックシンドロームのかたは、低脂肪牛乳を利用するとよいでしょう。

黒ごま牛乳の作り方

手間もかからずに高い相乗効果

 アンチエイジングに役立つゴマと、優れたたんぱく源である牛乳。両者をまとめてとることができる、おいしい飲み物があります。それが今回ご紹介する「黒ゴマドリンク」です。

 体によい食材をそれぞれ個別にとるのももちろんよいのですが、より大きな相乗効果が期待できます。
 なにより、複数の食材を一度にとることができれば、よけいな手間もかかりません。
 黒ゴマドリンクの作り方は、図のとおりです。

 ゴマをするのがめんどうなら、市販のすりゴマでもかまいません。ただ、香りが高くておいしいのは、断然、すりたてです。ゴマすり器を使えば、簡単にすりたてのおいしさが味わえます。甘みが欲しいときは、好みでハチミツを加えてください。
 これを毎日1杯、飲むことをお勧めします。

 私も、この黒ゴマドリンクを毎日欠かさずに飲んでいます。タイミングは、起床後や、小腹がすいたとき、夜寝る前など。牛乳には安眠効果があるので、就寝前に飲むのはお勧めです。
 また、ふだんおやつを食べる習慣のあるかたなら、3時のおやつをお菓子ではなく、黒ゴマドリンクにしてみてはいかがでしょうか。何事も続けることが大切ですから、黒ゴマドリンクを、ぜひ毎日の習慣にしてください。

 なお、髪の健康のためには、頭皮の血行をよくすることも重要です。最近は、頭皮用のマッサージ器などがあるので、そのようなグッズを活用するのも一つの手です。もちろん適度な運動も、血行をよくするのに有効です。
 そして、なによりもふだんの生活をきちんと送ることが重要です。寝ている間には成長ホルモンが分泌され、髪の成長が促されます。よい睡眠をとるためにも毎日、12時前には寝るようにして、早寝早起きを心がけましょう。

 このように、睡眠や、バランスの取れた食生活など、生活全体で健康を考えることが、髪のトラブル対策には不可欠です。

解説者のプロフィール

里見英子(さとみ・えいこ)
兵庫医科大学卒業。白山病院副院長を経て、2014年に里見英子クリニックを開業。アンチエイジングや美容はもちろん、生活習慣病や自律神経失調症などの現代病の予防医学にも詳しい。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。【解説】佐藤智春(メディカルコーディネーター・血液栄養診断士)
皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池薫(医学ジャーナリスト)【監修】中山貞男(昭和大学保健医療学部・元客員教授)
私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)
黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)
きな粉牛乳をご存知ですか。作り方は、牛乳コップ1杯(約180ml)にスプーン1〜3杯のきな粉を入れて良く混ぜるだけ、という簡単レシピ。きな粉ドリンクを毎日飲めば、便秘解消や骨粗鬆症の改善、ダイエットに効果を発揮するといわれています。男性にも女性にもお勧めです。【レポート】速水千秋(医学ジャーナリスト)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)