MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
目の違和感や痛みが解消した!「干しブドウ酢」の体験談

目の違和感や痛みが解消した!「干しブドウ酢」の体験談

私が『安心』で「干しブドウ酢」のことを知ったのは、4ヵ月ほど前です。記事には「目によい」と書かれており、ここに興味を持ちました。現在70歳の義母は、2年ほど前から、主に左目が結膜炎のように赤くなり、目ヤニが出て、ひどいときには目を開けていられないくらいの痛みを訴えていました。【体験談】美容師・50歳・田中道子(仮名)

干しブドウ酢

朝食の最後にヨーグルトに入れて15粒食べる

 私が『安心』で「干しブドウ酢」のことを知ったのは、4ヵ月ほど前です。記事には「目によい」と書かれており、ここに興味を持ちました。
 現在70歳の義母は、2年ほど前から、主に左目が結膜炎のように赤くなり、目ヤニが出て、ひどいときには目を開けていられないくらいの痛みを訴えていました。

 頻繁に病院に通い、何種類もの目薬を試しましたが、一度よくなっても、すぐに症状がぶり返します。義母は「こんな状態で生きていくのはイヤだ」と絶望していました。
 そのうち、霧がかかったように視界が白くなり、見えにくいといった症状も現れてきました。医師によると、これは40代のころにかかった角膜ヘルペスの後遺症とのこと。飲み薬を処方されましたが、やはりよくなるのは一時的で、何度も同じ症状をくり返していたのです。

 このような状態の義母の目が、少しでも改善されればと思った私は、干しブドウ酢を作ってみることにしました。
 作り方は、120gの干しブドウに、ハチミツ大さじ2杯、ブドウが浸る程度のリンゴ酢を加えて、1日おくだけです。
 私と義母は、50gのヨーグルトに干しブドウ酢を15粒くらいのせて、毎日朝食の最後にデザート感覚で食べています。
 干しブドウ酢は甘味が強いので、ヨーグルトは無糖のプレーンタイプを選ぶようにしています。

1ヵ月で効果が!


 干しブドウ酢を食べるようになって、まず私に変化がありました。1ヵ月ほどたった頃から便通がよくなりました。今までも便秘に悩んでいたわけではありませんが、いきまなくてもスルッと便が出るようになり、今までにないスッキリ感があるのです。
 排便の時間帯も、以前は朝出たり、夜出たりと不定期だったのが、毎朝決まった時間に出るようになりました。

 また、30代のころから医師に貧血を指摘され、ヘモグロビンが8・9g/㎗しかなかったのが(女性は12g/㎗以下だと貧血)、干しブドウ酢を食べ始めた直後の検査では13・5g/㎗に改善していました。
 その影響なのか、1ヵ月に1回くらいの頻度で起こっていた吐き気を伴う片頭痛も、ここ数ヵ月出ていません。
 因果関係はわかりませんが、私自身の実感として、干しブドウ酢がいい影響を及ぼしているのではないかと思っています。

義母の眼科通いが 激減した

 期待していた義母の目の症状はというと、こちらも劇的な改善が得られました。
 干しブドウ酢を食べて1ヵ月くらいたったころ、目の違和感がなくなってきたと言うのです。それまで出ていた赤みや痛みがひいてきて、どうやら炎症が治まったようです。義母は「本当に不思議だ」と首をひねっていました。

 それからは、白くモヤがかかって見えにくくなることもなくなったようです。今までは2〜3日に1回眼科に通っていたのが、干しブドウ酢を食べ始めてからの4ヵ月間は一度も眼科に行っていないそうです。

「お先真っ暗だったところから救われて、こんなにありがたいことはない」と、とても喜んでいます。
 また、私と同じく、便通もよくなったと言っています。義母は便秘がひどくて、1週間くらい出ないこともありました。薬の世話になることもあったようです。でも、今は2日に1回は出ていて、薬も飲まずに快適に過ごせているようです。

 干しブドウ酢は簡単に作れておいしいうえに、私と義母の体調をここまでよくしてくれました。今後も長く食べ続けていこうと思っています。

免疫機能向上と制菌 作用で結膜炎が改善(西台クリニック理事長・済陽高穂)

 干しブドウ酢は、腸の環境を、腸内細菌の悪玉菌が繁殖しやすいアルカリ性から、善玉菌が繁殖しやすい酸性にするために役立ちます。田中さんの便通がよくなったのは、その結果と思われます。ヨーグルトとともにとることで、その効果がより高まったと考えられます。

 腸には免疫器官が多く存在するので、腸の働きが活発になれば免疫機能が向上します。
 また、干しブドウ酢の成分である抗酸化作用も、免疫機能の向上に役立ちます。血液中に酸化した悪玉コレステロールが増えると、その除去のために免疫細胞が使われ、細菌やウイルスに対して手薄になってしまいます。しかし、干しブドウ酢で酸化を防げば、免疫細胞が本来の働きをしやすくなるのです。

 さらに、レスベラトロール、アントシアニンの抗酸化物質は、血液脳関門を通過する性質をもち、網膜機能の改善が期待できます。酢にも、細菌を抑える制菌作用があることが知られており、これらの相互作用で免疫機能が高まった結果、田中さんのお義母さんの結膜炎の症状が改善できたのでしょう。干しブドウ酢には鉄分も豊富で、貧血対策にも最適です。これからもぜひお続けください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)