MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
 【誤嚥性肺炎の予防に】飲みこむ力を鍛えるトレーニングのやり方

【誤嚥性肺炎の予防に】飲みこむ力を鍛えるトレーニングのやり方

現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)

解説者のプロフィール

戸原 玄
 歯科、高齢者歯科、摂食機能障害、リハビリテーションが専門で、高齢者を中心とする摂食嚥下障害の治療とリハビリテーションに取り組み、往診による自宅診療や、地域連携を積極的に行っている。インターネットや講演活動を通して、摂食障害に関する情報発信も行う。

のど仏が下がると飲み込む力が低下する

 私たちののどは、鼻と口から入ってくる空気や飲食物、唾液などを合流させ、空気を肺に通す気管と、飲食物を胃に通す食道という2つの管に分ける働きがあります。

 通常は、両方の入り口が開いていますが、なにかを飲み込むときだけ、「軟口蓋」で鼻への通り道をふさぎ、「喉頭蓋」で気管の入り口にふたをします。

 のどの器官が絶妙に連係して動き、口から食道を1本道にして、飲食物や唾液などを胃に送り込めるようになっているのです。このとき、喉頭蓋が気管にふたをするには、のど仏が持ち上がる必要があります。

 試しに、のどに手を当てながら、つばをゴクンと飲み込んでみてください。飲み込むときにのど仏がぐっと上がるのがわかると思います。
 のど仏の大きい男性のほうがわかりやすいですが、女性でも十分のどの動きは感じ取れるでしょう。

 しかし、加齢によって全身の筋力が衰えるのと同様に、のど仏を持ち上げる筋肉も弱くなりがちなのです。
 そのため、何もしなければ、のど仏の位置は年齢とともに下がってきます。特に、男性のほうがのど仏が大きい分、下がりやすいのです。

 のど仏が、首の中心よりも下にあるように見えたら、飲み込み力の危険信号です。衰えた筋力で、下がったのど仏を持ち上げるのは、負荷が大きく、時間もかかります。
 そのため、のどの機能の連係が、タイミングよくスムーズにいかなくなり、飲食物や唾液などが、誤って気管に入ってしまう「誤嚥」を起こしやすくなるのです。

口を開ける筋肉とのど仏を持ち上げる筋肉は同じ

 これまで長らく日本人の死亡原因のトップ3は、がん、心臓病、脳卒中でした。それが、2011年以降、3位に肺炎が入ってきました。
 現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。

 その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。
 加齢に伴う、飲み込み力の低下によって、誤って気管に入ってしまった飲食物や唾液に含まれる細菌やウイルスが肺に入って、肺炎を引き起こし、死に至る。これが、高齢化社会の進行とともに、肺炎が死亡原因として増えてきた理由なのです。
 では、どうすれば飲み込み力を高めて、誤嚥を防ぐことができるでしょうか。

 いちばん簡単な方法が、口を大きく開けて、そのまま10秒キープするトレーニングです。
 口を開けるときに働く筋肉は、下あごと舌骨をつないでいる舌骨上筋群です。この舌骨上筋群のもう一つの働きが、のど仏を持ち上げることなのです。

 のど仏は、舌骨にぶら下がるようについているため、舌骨上筋群が収縮することで、舌骨とともに引き上げられます。
 ですから、最大に口を開け、なおかつその状態をキープすることが、飲み込み力を高める筋力トレーニングになります。
 やり方は、簡単です。

 思いきり口を開けて10秒キープし、10秒休むのを5回くり返しましょう。これを1日2セット行います。
 このトレーニングを、嚥下障害(飲み込む機能の低下)のある患者さん(平均年齢70歳)に指導したところ、1ヵ月で、嚥下機能が改善するという成果が現れました。舌骨が上に持ち上がりやすくなり、食道の入り口が大きく開くようになり、食べ物がのどを通過する時間が短くなったのです。

 60歳以降、飲み込み力は衰えてきます。口を開けるだけならだれでも簡単にできますから、ぜひお試しください。
 ただし、顎関節症の患者さんは、事前に医師に相談してください。

飲み込む力を高める筋トレのやり方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
高齢者が肺炎で亡くなるというのは、皆さんにとっても、非常に身近で切実な出来事といえるでしょう。だからこそ、私たちは肺炎を防ぐ配慮を怠ってはならないのです。肺炎のうちで高齢者に多く見られるのが誤嚥性肺炎です。頻繁に誤嚥が起こっているのは、夜間の睡眠中です。【解説】奥田克爾(東京歯科大学名誉教授・千葉県立保健医療大学講師)
COPDを予防したい人、または、すでに発症している人は、どうしたらいいでしょうか。まずは、なによりも禁煙することです。禁煙は何歳から始めても遅すぎることはありません。それでも、できれば、45歳までに禁煙することをお勧めします。【解説】奥中哲弥(山王病院副院長・呼吸器センター長)
子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)