【天井がぐるぐる】激しいめまいの症状が消えた「寝返り体操」の効果

【天井がぐるぐる】激しいめまいの症状が消えた「寝返り体操」の効果

体を横にすると、必ず、天井がグルグルと回るようなめまいに襲われるのです。起床時や就寝時はもちろん、とにかく体を横にするのがいけないようです。めまいが起こったときは、体を起こすと、スーッとめまいが落ち着きます。【体験談】宮崎県◎81歳◎主婦 高橋峰子(仮名)


4軒の病院を受診しても めまいが治らなかった

 2017年4月の、ある晩のことでした。さあ寝ようと布団に入ったとき、突然、激しいめまいに襲われたのです。そして、私は、今から20年前の悪夢のような出来事を思い出しました。
 それは、激しいめまいの発作です。

 私は、20年前に、猛烈な回転性のめまいと、ひどい吐き気に襲われて、救急車で病院に運ばれたことがあります。立っていられないほどの激しい症状で、「もしかすると、脳になにかしらの異常が起こったのでは?」と思ったほどです。

 病院で精密検査を受けたところ、幸いにも、脳には異常は見つかりませんでした。では、なにが原因かといえば、はっきりしません。けっきょく、そのときは、めまいの薬を飲みながら、1ヵ月ほど入院しました。

 その後、めまいの発作は落ち着いていました。退院から4~5年後に、一過性のめまいに襲われたことがありますが、その一度だけで済んでいます。
 とはいえ、20年前の体験は、私にとって、ほんとうに恐怖でした。だからこそ、再びめまいに襲われたときは、不安でしかたなかったのです。

 今回のめまいは、以前のものとは少し違っていました。体を横にすると、必ず、天井がグルグルと回るようなめまいに襲われるのです。起床時や就寝時はもちろん、とにかく体を横にするのがいけないようです。めまいが起こったときは、体を起こすと、スーッとめまいが落ち着きます。

 いちばん困ったのは、就寝時です。グルグルと回るめまいが気になって、寝つくまでに、いつもより時間がかかるようになりました。
 その後も、めまいに襲われるたびに、恐怖におびえる日々を過ごしていました。

 私は、2軒の耳鼻科、1軒の脳外科、1軒の内科、合計4軒の病院で診てもらいましたが、「耳石に問題があるかもしれない」ということだけで、原因ははっきりしません。MRI(核磁気共鳴画像)撮影でも、やはり脳には異常がないようです。

 病院からは、めまいの薬を処方されましたが、3ヵ月ほど飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。私は、効きめのない薬を飲み続けることにも、しだいに不安を感じるようになりました。

1ヵ月でめまいが消えた 薬もやめられた!

 何かいい方法がないかと書店に足を運んだのが、7月初めのことでした。そこで見つけた本が、『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)です。
 そして、私は、本で紹介されていた「寝返り体操」を試すことにしたのです。
 寝返り体操は、あおむけになって、頭を左右に倒すだけの簡単な体操です。しかし、横になるとめまいに襲われる私にとっては、つらいものでした。

 それでも、「これを続ければきっとよくなる」と信じて、朝晩の1日2回、毎日がんばって続けたのです。
 すると、効果を実感したのは1週間後でした。横になったときの、めまいの程度が軽くなってきたのです。夜、寝るときもめまいが気にならなくなり、スーッと寝つけるようになりました。

 その後も、毎日寝返り体操を続けたところ、1ヵ月後の8月には、めまいが消えました。横になっても、グルグルと回ることは全くありません。おかげで、懸念していた、めまいの薬をやめることもできました。

 寝返り体操は、再発予防のために現在も続けていますが、その後も、めまいに襲われたことは一度もありません。
 寝返り体操と出合えて、私は、ほんとうに幸運でした。考案者である肥塚 泉先生は、私にとって、神様のような存在といっても過言ではありません。機会があれば、ぜひお会いして、直接お礼を伝えたいと思っています。

→【寝返り体操】のやり方はこちら

首を左右に傾ければ 耳石がたまるのを防げる(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授・肥塚 泉)

 高橋さんが20年前に体験されためまいは、症状や経緯から、良性発作性頭位めまい症と考えられます。今回のめまいは、その再発と考えていいでしょう。
 一般に、年齢を重ねるにつれて体を動かす機会が減り、同じ姿勢で過ごす時間が長くなります。また、女性は骨粗鬆症が進行しやすくなるため、耳石も骨と同じようにもろくなります。高橋さんも、これらの条件が重なり、耳石がはがれて三半規管にたまり、再発したものと考えられます。
 同じ姿勢が続くときは、ときどき、首を左右に傾けると、耳石が1ヵ所にたまるのを防げます。寝返り体操は、再発予防にも大変効果があります。今後も、ぜひ続けてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

【めまいの専門医】メニエール病と似た症状「良性発作性頭位めまい症」とは ― 9割が治る簡単な治し方

メニエール病は、治りにくい原因不明の病気です。難聴、耳鳴り、耳閉感などの症状があり、さらに、めまいの発作が反復して起こっていると、たいていの耳鼻科では、メニエール病と診断します。しかし、それは誤診です。メニエール病に似た症状を持つめまいの病気があるのです。【解説】高橋正紘(めまいメニエール病センター院長)


認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。【解説】金三雄(ゆうあい内科・脳神経クリニック理事長)


【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

昨今、治療業界では「体の痛みは、筋膜のゆがみが原因」という考え方がブームになっています。筋膜とは筋肉を包んでいる薄い膜を指します。この筋膜のゆがみをリセットし、体の痛みを取り除こうと多くの治療家や識者がさまざまな手段でアプローチしています。【解説】舟波真一(理学療法士・バイニーアプローチセンター代表)


最新の投稿


ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ポリフェノールたっぷり!茶色い薄皮ごと活用「ピーナッツ」の調理ポイント

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ「和え物」

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング