医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

激しいめまいの症状が消えた!「寝返り体操」の体験談

激しいめまいの症状が消えた!「寝返り体操」の体験談

体を横にすると、必ず、天井がグルグルと回るようなめまいに襲われるのです。起床時や就寝時はもちろん、とにかく体を横にするのがいけないようです。めまいが起こったときは、体を起こすと、スーッとめまいが落ち着きます。【体験談】宮崎県◎81歳◎主婦 高橋峰子(仮名)


4軒の病院を受診しても めまいが治らなかった

 2017年4月の、ある晩のことでした。さあ寝ようと布団に入ったとき、突然、激しいめまいに襲われたのです。そして、私は、今から20年前の悪夢のような出来事を思い出しました。
 それは、激しいめまいの発作です。

 私は、20年前に、猛烈な回転性のめまいと、ひどい吐き気に襲われて、救急車で病院に運ばれたことがあります。立っていられないほどの激しい症状で、「もしかすると、脳になにかしらの異常が起こったのでは?」と思ったほどです。

 病院で精密検査を受けたところ、幸いにも、脳には異常は見つかりませんでした。では、なにが原因かといえば、はっきりしません。けっきょく、そのときは、めまいの薬を飲みながら、1ヵ月ほど入院しました。

 その後、めまいの発作は落ち着いていました。退院から4~5年後に、一過性のめまいに襲われたことがありますが、その一度だけで済んでいます。
 とはいえ、20年前の体験は、私にとって、ほんとうに恐怖でした。だからこそ、再びめまいに襲われたときは、不安でしかたなかったのです。

 今回のめまいは、以前のものとは少し違っていました。体を横にすると、必ず、天井がグルグルと回るようなめまいに襲われるのです。起床時や就寝時はもちろん、とにかく体を横にするのがいけないようです。めまいが起こったときは、体を起こすと、スーッとめまいが落ち着きます。

 いちばん困ったのは、就寝時です。グルグルと回るめまいが気になって、寝つくまでに、いつもより時間がかかるようになりました。
 その後も、めまいに襲われるたびに、恐怖におびえる日々を過ごしていました。

 私は、2軒の耳鼻科、1軒の脳外科、1軒の内科、合計4軒の病院で診てもらいましたが、「耳石に問題があるかもしれない」ということだけで、原因ははっきりしません。MRI(核磁気共鳴画像)撮影でも、やはり脳には異常がないようです。

 病院からは、めまいの薬を処方されましたが、3ヵ月ほど飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。私は、効きめのない薬を飲み続けることにも、しだいに不安を感じるようになりました。

1ヵ月でめまいが消えた 薬もやめられた!

 何かいい方法がないかと書店に足を運んだのが、7月初めのことでした。そこで見つけた本が、『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)です。
 そして、私は、本で紹介されていた「寝返り体操」を試すことにしたのです。
 寝返り体操は、あおむけになって、頭を左右に倒すだけの簡単な体操です。しかし、横になるとめまいに襲われる私にとっては、つらいものでした。

 それでも、「これを続ければきっとよくなる」と信じて、朝晩の1日2回、毎日がんばって続けたのです。
 すると、効果を実感したのは1週間後でした。横になったときの、めまいの程度が軽くなってきたのです。夜、寝るときもめまいが気にならなくなり、スーッと寝つけるようになりました。

 その後も、毎日寝返り体操を続けたところ、1ヵ月後の8月には、めまいが消えました。横になっても、グルグルと回ることは全くありません。おかげで、懸念していた、めまいの薬をやめることもできました。

 寝返り体操は、再発予防のために現在も続けていますが、その後も、めまいに襲われたことは一度もありません。
 寝返り体操と出合えて、私は、ほんとうに幸運でした。考案者である肥塚 泉先生は、私にとって、神様のような存在といっても過言ではありません。機会があれば、ぜひお会いして、直接お礼を伝えたいと思っています。

「寝返り体操」のやり方はコチラ

首を左右に傾ければ 耳石がたまるのを防げる(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授・肥塚 泉)

 高橋さんが20年前に体験されためまいは、症状や経緯から、良性発作性頭位めまい症と考えられます。今回のめまいは、その再発と考えていいでしょう。
 一般に、年齢を重ねるにつれて体を動かす機会が減り、同じ姿勢で過ごす時間が長くなります。また、女性は骨粗鬆症が進行しやすくなるため、耳石も骨と同じようにもろくなります。高橋さんも、これらの条件が重なり、耳石がはがれて三半規管にたまり、再発したものと考えられます。
 同じ姿勢が続くときは、ときどき、首を左右に傾けると、耳石が1ヵ所にたまるのを防げます。寝返り体操は、再発予防にも大変効果があります。今後も、ぜひ続けてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳石 回転性めまい めまい

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

ゆでモヤシと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。【解説】井上正文(群馬中医研薬局薬局長)


ぐるぐるめまいと吐き気改善に効果「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気改善に効果「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)