医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

しつこいめまいが大改善!「寝返り体操」の体験談

しつこいめまいが大改善!「寝返り体操」の体験談

朝、布団から起き上がろうとした瞬間、急に頭がフラフラとしました。メニエール病になったときも、めまいに悩まされましたが、そのときとは違いました。以前は、目の前がグルグルと回るような回転性のめまいでしたが、今回は、地震のように地面がグラグラと揺れるような感じだったのです。【体験談】福島県◎73歳◎主婦 富永和美(仮名)


フラフラするめまいが 毎日頻繁に起こった

 もともと私は、耳に多くの問題を抱えていました。
 40代ごろから始まった耳鳴りを皮切りに、15年前には突発性難聴を発症。10年前にはメニエール病と診断されたこともあります。突発性難聴とメニエール病は、どちらも近所の耳鼻科に通って、処方された薬を飲んで治しました。

 しかし、「ジーッ」というセミの鳴き声のような耳鳴りは、現在も続いています。耳鳴りとは、もう30年来のつきあいですが、それほど大きな音ではないので、あまり気にせずに毎日を過ごしています。

 そんななか、突然、めまいに襲われたのは、2017年の4月15日のことです。朝、目覚めて、布団から起き上がろうとした瞬間、急に頭がフラフラとしました。
 メニエール病になったときも、めまいに悩まされましたが、そのときとは種類が違いました。以前は、目の前がグルグルと回るような回転性のめまいでしたが、今回は、地震のように地面がグラグラと揺れるような感じだったのです。

「これはおかしい」と思い、慌てて耳鼻科で診てもらいました。しかし、詳しい原因はわからず、けっきょく、「老化でしょう」ということで、1週間分の薬を処方されました。

 それ以降も、フラフラするめまいに、日常的に襲われるようになりました。どうやら、急に体を動かしたり、頭の向きを変えたりすると、めまいが起こりやすいようです。処方された薬を飲み切っても、改善することはありませんでした。
 めまい自体は、それほどひどいものではなく、数秒で治まります。しかし、それが一日のなかで頻繁に起こるようになり、不安でしかたがありませんでした。

「めまい」という言葉が 日記に出てこない!

 新聞の広告で『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)の本を知ったのは、5月上旬のことです。

 早速、書店に行ってみると、めまいに関する本がたくさんあって驚きました。数ある本のなかでも、この本は、いちばん読みやすかったので、すぐに購入しました。

 本を読んで、私のめまいは、良性発作性頭位めまい症に該当すると思いました。そこで試したのが、「寝返り体操」です。
 本には、朝と晩の1日2回行うように書かれていましたが、私は、起床時だけ行いました。横になって寝返りを打つだけの簡単な体操なので、ほんとうに効果があるかどうかは、正直、半信半疑でした。

 しかし、こうして1日1回、寝返り体操を続けたところ、10日後には、めまいに襲われる頻度が激減したのです。
 めまいに襲われたとしても、地震のようにグラグラと揺れるものではなく、少しフラッとする程度の、軽い症状で済むようになりました。

 薬を飲む量も減りました。もともと薬が嫌いだったので、これには大助かりです。
 また、私は、メモ程度の日記をつける習慣がありますが、5月19日以降の日記には、「めまい」という言葉がひと言も出てきません。それ以前の日記には、必ずといっていいほど毎日、めまいのことが書かれていました。つまり、日記に書く必要がないほど、めまいのことが気にならなくなったのです。

 こうして、めまいが大改善すると同時に、寝返り体操もやめてしまいました。でも、今のところ、激しいめまいが再発することはありません。
 現在、めまいは、9割5分はよくなったという実感があります。忙しい日々が続くと、ごくたまに軽いめまいが起こる程度です。
 今後、万が一、めまいが悪化したとしても、「また寝返り体操をすればよくなる」と大きな気持ちで構えています。

 そういえば、友人の旦那さんが、めまいに悩んでいるという話を聞き、寝返り体操を勧めました。まだ、その後どうなったかわかりませんが、毎日続ければ、私と同じように、きっと効果が現れるだろうと予想しています。

「寝返り体操」のやり方はコチラ

めまいの再発予防に 毎日少しでも続けよう(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授 肥塚 泉)

 富永さんは寝返り体操を続けることで、順調に回復されました。良性発作性頭位めまい症は、再発することがあります。回数を減らしてもいいので、体操は毎日続けましょう。
 この病気は、中高年の女性が発症しやすい病気です。ところが、老化や耳の持病によるめまいなどのように、誤診も多く見られます。回転性のめまいが起こったら、医師に次のように伝えるといいでしょう。
「最近、骨がもろくなっています。良性発作性頭位めまい症は、大丈夫でしょうか?」
 こういえば、医師はそれを視野に入れて診察するため、適切な治療を受けられます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


メニエール病は真面目タイプがなりやすい?  頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

メニエール病は真面目タイプがなりやすい? 頑張りすぎた時の"頭熱"リセット法

患者さんに増えているのが気が滞って不調になっているケース。どこで流れが悪くなっているかといえば「頭」です。体より頭(脳)を使うことが増えたからでしょう。体を動かさず、延々と考え事をしたり、スマートフォンやパソコンを長時間使うことが原因なのです。【解説】鳴海理恵(鍼灸・あん摩マッサージ指圧師、VE&BI治療院院長)


簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

簡単な動きでゴースト血管を防ぐ「血液循環体操」のやり方

体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)


めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

ゆでモヤシと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。【解説】井上正文(群馬中医研薬局薬局長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)