MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
片頭痛が劇的に改善!めまいも治った「あご回し」の体験談

片頭痛が劇的に改善!めまいも治った「あご回し」の体験談

私は、片頭痛に悩まされ続け、10年ほど前から、専門外来に通っていました。その外来では、首周辺の筋肉のコリを取る薬が処方されていましたが、飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。効きめがないうえ、薬を飲むと、副作用で頭がボーッとします。【体験談】神奈川県◎50歳◎事務職 柳沢俊子(仮名)

乗り物に乗れなくなる 外出時の発作が怖い

私は、片頭痛に悩まされ続け、10年ほど前から、専門外来に通っていました。
その外来では、首周辺の筋肉のコリを取る薬が処方されていましたが、飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。効きめがないうえ、薬を飲むと、副作用で頭がボーッとします。

こんな調子なので、片頭痛自体も、よくなったり悪くなったりのくり返しです。このまま病院に通い続けても、根本的な改善につながるとは、とうてい思えませんでした。

さらに、私が悩んでいたのは、片頭痛だけではありません。20年ほど前から、強い回転性のめまいに襲われていました。
一度、めまいの発作が起こると、目の前がグルグルと回り、もう動くことはできません。また、外出しているときに、めまいに襲われると、電車などの乗り物には、いっさい乗ることはできません。4年半前には、外出時にめまいの発作が起こって、そのまま近くの病院に入院したこともありました。

そのころは、週に1回、そうした重度のめまいに襲われ、仕事を辞めざるをえない状況に陥りました。近年は、だいぶ落ち着いてきましたが、それでも月に1回は、同じようなめまいの発作に悩まされていたのです。

やはり怖かったのは、外出時に発作に襲われることです。そうした恐怖から、めまいが起こりそうな気配があるときは、仕事を休むこともありました。
そんななか、「小田原駅のすぐそばに、すばらしい先生がいる」といううわさを耳にしました。そのすばらしい先生が、劉 莉亜先生です。
病院での治療に限界を感じていた私は、今から2年半前、思いきって劉先生の鍼灸院に通うことにしました。

動けなくなる発作は皆無 仕事を休むこともない!

劉先生からは、首がこりかたまると、片頭痛やめまいが起こると説明され、すぐに納得できました。
私は、一日中、パソコン画面に向かう仕事をしています。
そのせいか、私の首は、常にガチガチにこっていたのです。

この首のコリが、片頭痛やめまいの元凶だったのでしょう。
首の鍼治療を受けつつ、劉先生からは、日常生活で手軽にできる、首を緩めるストレッチを教えてもらいました。
それが、「あごの円回し」です。

首を回すだけの簡単なストレッチですが、私にとっては、なかなかつらいものでした。
これをすると、首からゴキゴキッと音が鳴るのです。
痛みが伴うわけではありませんが、それだけ首がこっている証拠なのでしょう。

あごの円回しを行った直後は、なんだか首が緩んだ感じがするので、このまま続けていけば、なにかしらの効果が期待できそうでした。

めまいが劇的に改善!

私は、時間が空いたときや、首がこってきたと感じたときに、あごを左右に10回ずつ回すようにしました。
1日当たり、3セットほど行っているでしょうか。
こうして、劉先生の鍼治療を受けつつ、あごの円回しを続けたところ、だんだんと片頭痛や、めまいの発作の頻度が減っていきました。

以前、片頭痛外来でもらっていた薬は、今では全く飲んでいません。
唯一、片頭痛がつらいときには、月に10回だけ使える頓服薬を飲むことがあります。

以前は、その1ヵ月分がすぐになくなっていましたが、最近では、半年分以上も余っているのです。
めまいも、たまに襲われることはあっても、動けないほどのひどい発作は、一度もありません。

外出中に起こっても、電車などを利用して自宅までなんとかたどり着けます。
おかげで、めまいのせいで仕事を休むこともなくなりました。

このように、めまいが起こる頻度も、程度も、劇的に改善しているのです。
きっと、以前は、首のコリや張りが限界を迎えたときに、片頭痛やめまいが起こっていたのでしょう。

しかし、あごの円回しで首を緩めているので、片頭痛やめまいを未然に防げているのだと思います。
最近では、首が緩んでいるおかげか、体調全般も整っているような実感もあります。

今後も、劉先生の治療を受けながら、あごの円回しを続けるつもりです。

金属のようにかたまった首が緩み症状も改善(劉先生鍼灸院院長・医学博士 劉 莉亜)

 柳沢さんのめまいや片頭痛は、内耳ではなく、頸椎(背骨の首の部分)に問題が潜んでいるケースでした。初診のとき、首をさわってみると、まるで金属のようにガチガチでした。ここまで首の筋肉がかたまると、首を通っている血管や神経が圧迫され、ひどいめまいや片頭痛に襲われるのは当然です。
 柳沢さんは、あごの円回しを積極的に実践してくれました。その結果、初診時とはまるで別人のように首の筋肉が緩み、症状も軽減しました。圧迫されていた血管や神経が解放され、めまいや片頭痛の改善につながった好例です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)
更新: 2019-05-12 18:00:00
常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)
更新: 2018-10-17 07:00:00
42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-09-15 08:00:00
「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)
更新: 2018-08-17 18:00:00
私は鍼灸やいろいろな手技療法を取り入れたセルフケアを、患者さんに勧めています。そんな健康法の一つに、「耳ひっぱり」があります。これは、両耳を指で軽くつまんで、ごく弱い力で2~3分間ひっぱるというものです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)
更新: 2018-09-11 15:39:09
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt