血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


→こうじ納豆の作り方はコチラ

計り知れないパワーの 優れた組み合わせ

 私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。

 微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。
 発酵食品の一つ「こうじ納豆」は、糸引き納豆とこうじを合わせて作りますが、これは、そうしたパワーという意味でも、大変優れた組み合わせといえるでしょう。
 納豆は、よく知られているとおり、煮大豆を納豆菌で発酵させて作る食品です。また、こうじはカビの一種で、みそやしょうゆ、酒、酢、みりんなど、日本を代表する発酵食品に欠かせない菌です。

 それではまず、それぞれの食品の持つ主な機能性を簡単にご紹介しましょう。

【納豆の主な作用】
①血管の詰まりを防ぐ
 納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かす強力な作用があります。血栓によって血管が詰まって起こる脳梗塞や心筋梗塞、老人性認知症などを防ぐ効果が期待できます。

②血圧を下げる
 納豆のレシチンやリノール酸は、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。また、納豆のたんぱく質は血管の弾力性を高めてくれるので、これらの作用で高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

③骨粗鬆症を予防する
 納豆に含まれる女性ホルモン様のイソフラボンという成分は、加齢とともに増える女性のカルシウム消失を防ぐのに有効です。また、納豆菌が作り出すビタミンK₂が、カルシウムの吸収を促進するので、骨粗鬆症(カルシウム不足によって骨がもろくなる病気)の予防も期待できます。

④腸をきれいにする
 納豆の食物繊維が腸の蠕動運動(腸が内容物を肛門のほうへ送る動き)を促進し、納豆菌が腸内の善玉菌の活性を促します。つまり、腸内環境が整い、便秘を予防・改善してくれます。

⑤肌をきれいにする
 腸がきれいになり、新陳代謝が促進されることで、肌の代謝もよくなるし、納豆に含まれる酵素によって、体の内側から肌をきれいにしてくれます。

⑥食中毒を防ぐ
 納豆菌には、食中毒の原因となるO-157やサルモネラ菌に対する抗菌作用があります。

こうじ納豆は病気予防の最強食品!

放射性物質の 除去効果も期待

 次に、こうじです。

 こうじ菌の種類は、200種類以上あり、菌の種類によって働きも異なります。例えば、「紅こうじ」のようにコレステロール値を下げる効果のある菌もあります。
 日本でみそや日本酒、米酢、みりんなどによく使われているのは、「ニホンコウジカビ(学名アスペルギルス・オリゼー)」で、「黄麹菌」とも呼ばれます。

【こうじの主な作用】

①消化吸収を助ける
 でんぷんをブドウ糖に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解するリパーゼなど、こうじから生まれる消化分解酵素が食べ物の消化吸収を助けます。
 また、食品にこうじを加えることで、食品の糖の甘味やたんぱく質の旨味を引き出し、おいしさが増します。

②ビタミンB群を作る
 こうじは、ビタミンB₁やB₂を豊富に作り出します。こうじで作る甘酒は「飲む点滴」といわれ、古くから夏のビタミン補給として飲まれてきました。

③血圧を下げる
 ネズミの実験などで、こうじには血圧を下げる作用のあることがわかっています。

④肌を白くする
 こうじに含まれる「こうじ酸」には、メラニン色素を抑制する働きがあり、美白化粧水にも使われています。

⑤腸内環境を整える
 こうじ菌によって乳酸菌が増殖しやすくなり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。
 納豆とこうじは、組み合わせてもそれぞれの菌がケンカすることはありません。それぞれが持つ作用は、そのまま生きてくると思います。それどころか、納豆特有のにおいは少なくなるので、より食べやすくなるでしょう。

 両方のいいとこ取りができるこうじ納豆は、血液、腸、肌をきれいにし、病気予防にも役立つ素晴らしい発酵食品といえるのではないでしょうか。
 さらに注目すべきは、放射性物質の除去効果が期待できることです。長崎に原爆が落とされたとき、みそ蔵にこもって、毎日みそを食べていた人が、後遺症もなく助かったという話があります。これはおそらく、みそを作るときに使うこうじの作用だと考えられます。

 また、納豆に含まれるジピコリン酸にも、放射性物質の除去効果があることがわかっています。
 多くの可能性を秘めたこうじ納豆の発酵食品パワーを、ぜひ皆さんの健康に役立ててください。

発酵食品の研究者・須見先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)