MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「耳の3点もみ」で耳鳴り、めまい、難聴の症状を改善!

「耳の3点もみ」で耳鳴り、めまい、難聴の症状を改善!

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)

耳のツボを刺激すると 耳の症状に顕著な効果

 耳鳴りやめまいに悩む患者さんを治療すると、首や肩がこっている人が圧倒的に多いことがわかります。
 首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。

 その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。
 東洋医学において、耳は、生命力をつかさどる腎と深い関係があります。腎の衰え(腎虚)は、老化に直結します。ですから、老化によって起こる耳鳴りや難聴なども、耳への刺激で腎が元気になれば、改善しやすくなるのです。

 私は30年ほど前から、耳のツボを刺激する耳鍼療法を治療に取り入れています。きっかけは、何をしてもよくならなかった、座骨神経痛の患者さんでした。その人に初めて耳鍼を併用したところ、うそのように、みるみる症状が改善したのです。

 以来、患者さんには、自分で耳をマッサージする「耳もみ」を勧めるようになりました。耳鍼ほどの即効性はないものの、安全かつ確実に効果を実感できる、優れた家庭療法です。
 耳には、全身のツボが縮図のように投影されています。耳もみは、全身の症状に対応していますが、特に耳に関連する症状に顕著な効果があります。

耳の3点もみのやり方

耳の血流やストレス、 首周りのコリを一挙改善

 そこで、今回お勧めしたいのが、私が考案した、耳鳴り・めまい・難聴によく効く「耳の3点もみ」です。
 やり方を説明しましょう。

1.下部のゾーン
 耳たぶを刺激します。親指と人差し指ではさんで、痛いところを探しながら、痛気持ちいい強さで30秒もみます。痛いところは、特によくもんでください。
 そして、斜め下方に30秒、気持ちよく感じる程度に引っぱります。強過ぎないよう、軽く引っぱるのがコツです。
 このゾーンは、内耳、側頭部、あごなど、耳鳴りやめまいに関係の深い部位にアプローチします。ここを刺激することで、各部位の血流の改善を促します。


2.上部のゾーン
 神門のツボを刺激します。ここを1と同様に30秒もみます。そして、斜め上方に30秒、気持ちよく感じる程度に軽く引っぱります。
 神門は、精神に関係するツボです。ストレスは、耳の病気を招く大きな原因の一つです。ここを刺激すれば、ストレス由来の不調の改善が期待できます。


3.中央のゾーン
 耳の穴の横を刺激します。ここを1と同様に30秒もみます。そして、真横に30秒、気持ちよく感じる程度に軽く引っぱります。
 ここを刺激すると、後頭下筋や胸鎖乳突筋といった、首や肩周りの筋肉が緩みます。それにより、首周辺の詰まりが取れ、血流が改善します。


 以上の1〜3を、両耳に行います。1日2〜3セットを目安に行ってください。
 1と2の順番は逆でもいいですが、最後は3で終えてください。最後に横に引っぱることで、全身のゆがみを調整しやすくなります。

 耳もみはいつ行ってもかまいませんが、耳鳴りやめまいは起床時に起こりやすいので、朝が効果的です。症状がある場合はその場で軽くなり、症状がない場合も、毎日続けることで予防効果が期待できます。
 首を軽く動かしたり、歩いたり足踏みしたりしながら行うと、後頭骨や側頭骨に適度な刺激が伝わり、より効果的です。

 1日1セットから始めてもかまいません。ぜひ、毎日続けてください。

解説者のプロフィール

耳もみを勧める村山先生

村山哲郎
岡山県生まれ。日本鍼灸理療専門学校卒業。操体法、カイロプラクティック、オステオパシー等の手技療法を習得。鍼灸治療、耳鍼を基本とした、様々なアプローチを行う。自宅でできるセルフケアを考案し患者に紹介している。

●戸塚鍼灸院
244-0003
横浜市戸塚区戸塚町120斉藤ビル3F
TEL 045-881-2854
http://okirakuseijin.cocolog-nifty.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt