医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池薫(医学ジャーナリスト)【監修】中山貞男(昭和大学保健医療学部・元客員教授)


75歳男性は髪が黒々! 67歳女性は毛が生えた

 皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。

 そこで、簡単にできる酢コンブの作り方をお教えします。また、実際に酢コンブを食べて健やかな髪を取り戻したかたの、数々の体験例をご紹介しましょう。

 まずは、56歳の女性Aさんの体験です。Aさんは、酢コンブを作って、常備菜として冷蔵庫にキープしています。ご飯のおかずとして食べるのはもちろん、ちょっと小腹がすいたときのおやつとしても、食べているそうです。
 こうして10年ほど前から酢コンブを食べ続けてきた結果、髪は元気そのもの。たいていは、50歳を超えると、女性でもだんだん髪が薄くなってくるものです。しかし、Aさんの場合、そんな兆候はありません。パーマをかけているのに、髪は全く傷まずツヤツヤのまま。しかも、若い人のように、ふんわりとした弾力があります。髪に自然なボリュームが出て、髪のセットにも苦労しないといいます。
「美肌やダイエット効果も高く、まさに酢コンブは、充実の美容食だと思います」とAさんはおっしゃいます。

 58歳の女性Bさんは、毎食酢コンブを食べるようにしたところ、10ヵ月で6㎏の減量に成功。肌がスベスベになっただけではなく、髪が黒々としてきたといいます。58歳という年齢のわりに、「白髪が少ないわね」と、よく周囲の人からいわれるほど。多少の白髪はあるものの、まだ全く染める必要がないほどの黒さを維持できているそうです。

 75歳の男性Cさんは、10年前から酢コンブを食べる習慣をお持ちです。もともと酢コンブに注目したのは、子供のころ、母親から「海藻類は髪を黒くするし、体にもいい」と聞かされていたからでした。また、海藻類は、体内の余分な塩分を体外に排出するのにも役立つ、という話を聞いたこともありました。
 そこで、コンブと、血液をサラサラにする酢を組み合わせたら、健康にも髪にもいいだろうと考えたといいます。
 酢コンブは、出来上がるまでに数日かかるので、いつも2瓶漬け込んでおくようにしているそうです。この酢コンブを毎朝5〜6枚ずつ食べます。漬けておいた酢も、さかずきに1杯飲むようにしました。
 この10年、酢コンブを食べ続けた結果、高めだった血圧は、基準値内でしっかり安定。現在、Cさんは75歳という年齢にもかかわらず、髪は黒々としていて、フサフサです。これはきっと酢コンブのおかげと確信しているそうです。

漬け酢はリンスとして使用


 57歳の女性Dさんは、知人から勧められて、酢コンブを食べるようになりました。酢コンブは、食事のあとや、食間のおなかがすいたときに食べます。1回につき、3〜5枚の酢コンブを摂取。平均して、1日に2回は欠かさず食べるようにしているとのこと。酢も飲むようにしています。
 Dさんは、50歳を過ぎたころから、髪がだんだん薄くなってきていました。特に頭頂部の辺りが薄く、将来が不安でした。また、もともとネコッ毛で、髪がすぐにペシャンとしてしまうのも悩みの種だったのです。
 それが、酢コンブを食べ続けていたところ、髪が濃くなり、頭頂部の心配も解消。髪にコシが出てきたので、ふんわりとしたヘアスタイルを維持できるようになりました。また、白髪も多かったのですが、このごろは減ってきたといいます。

 主婦のEさんは、67歳。化粧品にかぶれたことから皮膚の病気になり、低刺激の石けんで髪を洗っていました。そのせいかどうか、髪がパサパサになり、抜け毛が多かったといいます。特に秋口になると、ドッと毛が抜けるのが悩みでした。
 そこで、酢コンブを漬けた酢をリンスとして使ったところ、抜け毛がほとんどなくなり、美容師からは、「新しい毛がいっぱい生えてきていますよ」といわれるようになったのです。
 今は髪がフサフサで、白髪もかなり少なくなりました。さらに、以前は、月に1回は髪を染めていましたが、今は、数ヵ月に1回で済んでいると喜んでいます。

酢昆布の作り方

髪の材料を補給して 新陳代謝を高める

 では、なぜ酢コンブが髪にいいのでしょうか。その理由について、昭和大学保健医療学部・元客員教授の中山貞男先生に、ご解説いただきましょう。

「コンブが髪の健康に役立つことは、昔からいわれてきました。髪はたんぱく質から作られており、それを構成する成分がアミノ酸です。コンブやワカメといった海藻には、アミノ酸が豊富です。さらに、海藻類には、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれ、新陳代謝を高めてくれます。酢コンブは、髪の材料となるアミノ酸の補給になり、かつ、体の新陳代謝を促すので、髪の状態にもよい影響が出てくると考えられるのです。酢にコンブを漬けると、コンブが消化されやすくなるうえにミネラル分も吸収されやすくなります」(中山先生)

 体験例の中にも出てきましたが、酢コンブには、ダイエット効果や美肌効果、高血圧の改善効果など、優れた健康効果が目白押し。よい髪の状態をキープしつつ、健康維持も可能です。今日から早速、作ってみてはいかがでしょうか。

【薄毛・白髪】女医お勧め 「お湯だけ」で洗う育毛法

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)


黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)


化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)