【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


75歳男性は髪が黒々! 67歳女性は毛が生えた

 皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。

 そこで、簡単にできる酢コンブの作り方をお教えします。また、実際に酢コンブを食べて健やかな髪を取り戻したかたの、数々の体験例をご紹介しましょう。

 まずは、56歳の女性Aさんの体験です。Aさんは、酢コンブを作って、常備菜として冷蔵庫にキープしています。ご飯のおかずとして食べるのはもちろん、ちょっと小腹がすいたときのおやつとしても、食べているそうです。
 こうして10年ほど前から酢コンブを食べ続けてきた結果、髪は元気そのもの。たいていは、50歳を超えると、女性でもだんだん髪が薄くなってくるものです。しかし、Aさんの場合、そんな兆候はありません。パーマをかけているのに、髪は全く傷まずツヤツヤのまま。しかも、若い人のように、ふんわりとした弾力があります。髪に自然なボリュームが出て、髪のセットにも苦労しないといいます。
「美肌やダイエット効果も高く、まさに酢コンブは、充実の美容食だと思います」とAさんはおっしゃいます。

 58歳の女性Bさんは、毎食酢コンブを食べるようにしたところ、10ヵ月で6㎏の減量に成功。肌がスベスベになっただけではなく、髪が黒々としてきたといいます。58歳という年齢のわりに、「白髪が少ないわね」と、よく周囲の人からいわれるほど。多少の白髪はあるものの、まだ全く染める必要がないほどの黒さを維持できているそうです。

 75歳の男性Cさんは、10年前から酢コンブを食べる習慣をお持ちです。もともと酢コンブに注目したのは、子供のころ、母親から「海藻類は髪を黒くするし、体にもいい」と聞かされていたからでした。また、海藻類は、体内の余分な塩分を体外に排出するのにも役立つ、という話を聞いたこともありました。
 そこで、コンブと、血液をサラサラにする酢を組み合わせたら、健康にも髪にもいいだろうと考えたといいます。
 酢コンブは、出来上がるまでに数日かかるので、いつも2瓶漬け込んでおくようにしているそうです。この酢コンブを毎朝5〜6枚ずつ食べます。漬けておいた酢も、さかずきに1杯飲むようにしました。
 この10年、酢コンブを食べ続けた結果、高めだった血圧は、基準値内でしっかり安定。現在、Cさんは75歳という年齢にもかかわらず、髪は黒々としていて、フサフサです。これはきっと酢コンブのおかげと確信しているそうです。

 57歳の女性Dさんは、知人から勧められて、酢コンブを食べるようになりました。酢コンブは、食事のあとや、食間のおなかがすいたときに食べます。1回につき、3〜5枚の酢コンブを摂取。平均して、1日に2回は欠かさず食べるようにしているとのこと。酢も飲むようにしています。
 Dさんは、50歳を過ぎたころから、髪がだんだん薄くなってきていました。特に頭頂部の辺りが薄く、将来が不安でした。また、もともとネコッ毛で、髪がすぐにペシャンとしてしまうのも悩みの種だったのです。
 それが、酢コンブを食べ続けていたところ、髪が濃くなり、頭頂部の心配も解消。髪にコシが出てきたので、ふんわりとしたヘアスタイルを維持できるようになりました。また、白髪も多かったのですが、このごろは減ってきたといいます。

 主婦のEさんは、67歳。化粧品にかぶれたことから皮膚の病気になり、低刺激の石けんで髪を洗っていました。そのせいかどうか、髪がパサパサになり、抜け毛が多かったといいます。特に秋口になると、ドッと毛が抜けるのが悩みでした。
 そこで、酢コンブを漬けた酢をリンスとして使ったところ、抜け毛がほとんどなくなり、美容師からは、「新しい毛がいっぱい生えてきていますよ」といわれるようになったのです。
 今は髪がフサフサで、白髪もかなり少なくなりました。さらに、以前は、月に1回は髪を染めていましたが、今は、数ヵ月に1回で済んでいると喜んでいます。

髪の材料を補給して 新陳代謝を高める

 では、なぜ酢コンブが髪にいいのでしょうか。その理由について、昭和大学保健医療学部・元客員教授の中山貞男先生に、ご解説いただきましょう。

「コンブが髪の健康に役立つことは、昔からいわれてきました。髪はたんぱく質から作られており、それを構成する成分がアミノ酸です。コンブやワカメといった海藻には、アミノ酸が豊富です。さらに、海藻類には、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれ、新陳代謝を高めてくれます。酢コンブは、髪の材料となるアミノ酸の補給になり、かつ、体の新陳代謝を促すので、髪の状態にもよい影響が出てくると考えられるのです。酢にコンブを漬けると、コンブが消化されやすくなるうえにミネラル分も吸収されやすくなります」(中山先生)

 体験例の中にも出てきましたが、酢コンブには、ダイエット効果や美肌効果、高血圧の改善効果など、優れた健康効果が目白押し。よい髪の状態をキープしつつ、健康維持も可能です。今日から早速、作ってみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

【ダイエット】私は「耳ひっぱり」で体重9kg ウエスト10cm減!美容にも役立つと患者さんにも好評

私が「耳ひっぱり」を知ったのは、飯島敬一先生が主催する「神門メソッド」の体験会がきっかけでした。神門メソッドは、耳をひっぱることで、耳にある神門というツボを刺激します。自分で体験してみて、神門を刺激する効果のすばらしさに感動しました。【解説】土肥雪彦(医療法人あかね会土谷総合病院 顧問・広島大学名誉教授)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)