【自分で治せる】坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」とは何か

【自分で治せる】坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」とは何か

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


入浴中に行うとさらに効果アップ!

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの症状の改善にも効果的

 私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。耳を刺激するこの療法の発祥地は、中国だという印象が強いと思いますが、実際にはフランスの整形外科医、ポール・ノジェ博士が今から50年以上前に考案したものです。

 そもそも、ヨーロッパではかなり昔から、耳を刺激して痛みを取る民間療法が行われていました。なかでも、耳に温熱刺激を加えて腰痛や座骨神経痛の痛みを取る治療は、フランスで盛んに行われていたようです。医師として腰痛の治療に当たっていたノジェ博士は、そうした民間療法からヒントを得て研究や臨床を重ね、医学的な根拠に基づく耳介療法を生み出したのです。
 つまり、耳介療法の始まりは腰痛改善だともいえ、現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。

 とはいえ、なぜ脊柱管狭窄症など慢性の腰痛が、腰から遠く離れた耳への刺激で改善するのか、ピンとこないかもしれません。しかし、実際に慢性の腰痛を抱えて、治療院へなんとか来院された患者さんに、左右の耳をつまむ刺激を30秒加えただけで痛みが軽減することは珍しくないのです。
 耳介療法には、自律神経に作用して体の各所の痛みを改善する反射点があります。耳のどこをつまむのか、刺激を与えるポイントがとても重要です。

 まず、脊柱管狭窄症など慢性の腰痛は、下半身の血液やリンパ液などの循環障害としてとらえます。下半身の循環障害の反射点は、耳の上部の縁の、すぐ内側のくぼみにある3ヵ所です。
 この3ヵ所が並ぶゾーンは、背骨から下の症状を改善する反射点です。ここを刺激すると、腰から足にかけて、下半身の血液循環がよくなっていきます。

 また、これらのゾーンは交感神経の反射点でもあります。
 脊柱管狭窄症に限らず、痛みや炎症が起こるときは、自律神経の交感神経が緊張している状態です。ここに刺激を加えることで交感神経の緊張が取れ、自律神経の働きをよくして、痛みやしびれをへらすことができるのです。

「耳をつまむ」だけでOK!急性腰痛よりも慢性腰痛の炎症によく効く

 そもそも、耳介療法での鎮痛効果は、急性よりも慢性の炎症によく現れます。腰椎の脊柱管が、長い時間圧迫されて起こる、脊柱管狭窄症による慢性の炎症の改善には特に適しているでしょう。

 脊柱管狭窄症のほか、一般的な慢性の腰痛や座骨神経痛にも、この3ヵ所の反射点への鍼や、耳をつまむといった刺激が効果的です。
 皆さんが、家庭療法として行う方法としては、耳をつまんで刺激する「耳つまみ」が最適です。では、そのやり方をご紹介しましょう。

耳つまみのやり方●耳の反射点の位置

 左図のように、耳を縦に2等分したときの耳の縁の最上部が、第1の反射点です。そこから耳の縁ぞいに、指の幅1本ぶんくらい外側に移動したところ、さらにそこから指の幅1本ぶんくらい移動したところが、第2と第3の反射点です。
 最上部の第1の反射点をしっかりとらえれば、第2と第3の反射点は厳密にとらえなくても大丈夫です。ただし、慣れるまでは鏡の前で行うとよいでしょう。

耳つまみのやり方●耳のつまみ方

 刺激する耳と同じ側の手の親指と人差し指で、第1の反射点を5秒間、指先を使ってギュッと強めにつまみます。これを3回くり返してください。続いて第2、第3の反射点を同様につまみます。片側の耳が終わったら、反対側の耳でも行います。
 耳つまみは気がついたときに、1日一度、毎日続けるのがお勧めです。入浴中に湯ぶねにつかりながら行うと、血流がさらによくなります。
 そのほかにも、脊柱管狭窄症は下半身の循環障害なので、体を冷やすと痛みが悪化します。ふだんの生活で体を冷やさないように注意し、外出時は五本指靴下や簡易カイロなどで下半身を保温するようにしましょう。
 また脊柱管狭窄症では、長く歩いたり、立ちっぱなしだったりで腰が伸びた状態が続くと、痛みやしびれがひどくなることが多いようです。その際も、この耳つまみを行って、痛みの軽減に役立ててください。

長谷川亮
長谷川亮・鍼灸院院長。抗加齢指導士。美容、アンチエイジング、痩身などに美容鍼を用い、成果を上げている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)