【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


入浴中に行うとさらに効果アップ!

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの症状の改善にも効果的

 私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。耳を刺激するこの療法の発祥地は、中国だという印象が強いと思いますが、実際にはフランスの整形外科医、ポール・ノジェ博士が今から50年以上前に考案したものです。

 そもそも、ヨーロッパではかなり昔から、耳を刺激して痛みを取る民間療法が行われていました。なかでも、耳に温熱刺激を加えて腰痛や座骨神経痛の痛みを取る治療は、フランスで盛んに行われていたようです。医師として腰痛の治療に当たっていたノジェ博士は、そうした民間療法からヒントを得て研究や臨床を重ね、医学的な根拠に基づく耳介療法を生み出したのです。
 つまり、耳介療法の始まりは腰痛改善だともいえ、現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。

 とはいえ、なぜ脊柱管狭窄症など慢性の腰痛が、腰から遠く離れた耳への刺激で改善するのか、ピンとこないかもしれません。しかし、実際に慢性の腰痛を抱えて、治療院へなんとか来院された患者さんに、左右の耳をつまむ刺激を30秒加えただけで痛みが軽減することは珍しくないのです。
 耳介療法には、自律神経に作用して体の各所の痛みを改善する反射点があります。耳のどこをつまむのか、刺激を与えるポイントがとても重要です。

 まず、脊柱管狭窄症など慢性の腰痛は、下半身の血液やリンパ液などの循環障害としてとらえます。下半身の循環障害の反射点は、耳の上部の縁の、すぐ内側のくぼみにある3ヵ所です。
 この3ヵ所が並ぶゾーンは、背骨から下の症状を改善する反射点です。ここを刺激すると、腰から足にかけて、下半身の血液循環がよくなっていきます。

 また、これらのゾーンは交感神経の反射点でもあります。
 脊柱管狭窄症に限らず、痛みや炎症が起こるときは、自律神経の交感神経が緊張している状態です。ここに刺激を加えることで交感神経の緊張が取れ、自律神経の働きをよくして、痛みやしびれをへらすことができるのです。

「耳をつまむ」だけでOK!急性腰痛よりも慢性腰痛の炎症によく効く

 そもそも、耳介療法での鎮痛効果は、急性よりも慢性の炎症によく現れます。腰椎の脊柱管が、長い時間圧迫されて起こる、脊柱管狭窄症による慢性の炎症の改善には特に適しているでしょう。

 脊柱管狭窄症のほか、一般的な慢性の腰痛や座骨神経痛にも、この3ヵ所の反射点への鍼や、耳をつまむといった刺激が効果的です。
 皆さんが、家庭療法として行う方法としては、耳をつまんで刺激する「耳つまみ」が最適です。では、そのやり方をご紹介しましょう。

耳つまみのやり方●耳の反射点の位置

 左図のように、耳を縦に2等分したときの耳の縁の最上部が、第1の反射点です。そこから耳の縁ぞいに、指の幅1本ぶんくらい外側に移動したところ、さらにそこから指の幅1本ぶんくらい移動したところが、第2と第3の反射点です。
 最上部の第1の反射点をしっかりとらえれば、第2と第3の反射点は厳密にとらえなくても大丈夫です。ただし、慣れるまでは鏡の前で行うとよいでしょう。

耳つまみのやり方●耳のつまみ方

 刺激する耳と同じ側の手の親指と人差し指で、第1の反射点を5秒間、指先を使ってギュッと強めにつまみます。これを3回くり返してください。続いて第2、第3の反射点を同様につまみます。片側の耳が終わったら、反対側の耳でも行います。
 耳つまみは気がついたときに、1日一度、毎日続けるのがお勧めです。入浴中に湯ぶねにつかりながら行うと、血流がさらによくなります。
 そのほかにも、脊柱管狭窄症は下半身の循環障害なので、体を冷やすと痛みが悪化します。ふだんの生活で体を冷やさないように注意し、外出時は五本指靴下や簡易カイロなどで下半身を保温するようにしましょう。
 また脊柱管狭窄症では、長く歩いたり、立ちっぱなしだったりで腰が伸びた状態が続くと、痛みやしびれがひどくなることが多いようです。その際も、この耳つまみを行って、痛みの軽減に役立ててください。

長谷川亮
長谷川亮・鍼灸院院長。抗加齢指導士。美容、アンチエイジング、痩身などに美容鍼を用い、成果を上げている。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「どうも長く歩けない」「たまに足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら日ごろからセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

私のダイエット前後の写真を比べてもらえればわかりますが、まるで別人です。人からは15歳若返ったといわれます。減量中の食欲をおさえるために、利用したのが「一口チョコ」でした。【解説】牧 聡(医療法人牧和会牧病院院長・理事長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

【食前キャベツ】で3kg減に成功!ヘモグロビンA1cが下がり糖尿病の血糖値も改善

私が、糖尿病の疑いありと診断されたのは、今からもう十数年前のことです。当時は、境界型糖尿病(糖尿病予備軍)で、そのとき試したのが、食前キャベツでした。丼1杯のキャベツを、食前に食べるのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング