MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【糖尿病専門医】大切なのは食べる順番 従来の食事療法では血糖値は下がらない

【糖尿病専門医】大切なのは食べる順番 従来の食事療法では血糖値は下がらない

私が提案しているのが「食べる順番療法」です。野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。食べ順療法を続けると、少ないインスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)

カロリーを制限しても、血糖値は急上昇する

 血糖値の高い状態が続き、糖尿病と診断されると、病院では食事療法を指導されます。
 しかし、この食事療法、「続けられなくてやめてしまった」という人は、けっこう多いのではないでしょうか。

 日本糖尿病学会が勧める食事療法は、カロリー制限が中心です。患者さんは「食品交換表」を使ってカロリーや単位を計算し、それに合わせて食べ物を計量するなどして、食事を整えなければなりません。
 しかし、これはけっこう面倒で、続けるのはなかなか難しいですよね。そのため、糖尿病の食事療法は、思うように効果が得られていないのが現状です。

 しかも、カロリー制限中心の食事療法には、もう一つ大きな落とし穴があります。
 それは、たとえカロリーを減らしても、食べる内容や食べ方によっては、食後の血糖値を急上昇させてしまう恐れがあることです。
 食事療法の対象となる「2型糖尿病」の治療においては、食後の血糖値を急上昇させないことがとても重要です。

 というのも、糖尿病は、血液中の血糖値が高い状態が続くことで発症する病気です。とはいえ、いきなり高血糖状態が続くわけではありません。
 通常、食べたものは小腸で吸収され、ブドウ糖に分解されて血液中に入ります。そして、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって、ブドウ糖はエネルギーに変えられたり、脂肪細胞に蓄えられたりします。

 健康な人であれば、インスリンが十分分泌されて、血糖値は常に一定になるよう調整されています。ところが、食べ過ぎなどでインスリンの分泌が間に合わなくなくなると、血液中にブドウ糖が増え、食後の血糖値が急上昇してしまうのです。
 その状態が長く続くと、やがて膵臓が疲れて、インスリンの分泌量が減ったり、働きが低下したりします。すると、常に血糖値が高い状態が続き、糖尿病へと進行していくのです。

ヘモグロビンA1cの数値を下げることが重要

 ですから、食後の血糖値をなるべく急上昇させないことがポイントになります。
 空腹時血糖値だけを見ても、食後の血糖値が急上昇していることはわかりませんが、ここ近年では、ヘモグロビンA1cの測定が導入されています。

 ヘモグロビンA1cとは、過去1〜2ヵ月間の血糖値の平均がわかる数値なので、この数値を正常値に保つことが肝心です(正常値は6・5%未満)。
 従来のカロリー制限中心の食事療法では、食後の血糖値の急上昇が解決できません。

 日本糖尿病学会が勧める食事療法は、いわば「カロリーさえ減らせば、何をどう食べてもいい」というもの。食後の血糖値を急上昇させないためにはどうすればいいか、ということまで考えられていないのです。

 食後の血糖値が急上昇すると、動脈硬化もまた進行しやすくなることがわかっています。特に、初期の糖尿病では、血糖値が急上昇した後、インスリンが分泌されると血糖値の急降下が起こります。その変動幅が大きいほど、血管を傷めるという研究結果も出ています。

 糖尿病の怖いところは、高血糖状態が続くと重い合併症が起こることです。
 3大合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害)のほか、糖尿病の人は動脈硬化を併発しやすく、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)のリスクが高いといわれています。

 こうした合併症や血管へのダメージのリスクを下げるためにも、食後血糖値の上昇を抑えることがいかに重要か、おわかりいただけるでしょう。

野菜を先に食べるだけで血糖値の急上昇を抑制

 そこで、私が提案しているのが「食べる順番療法」、略して「食べ順療法」です。

 これは、野菜→おかず→ごはんの順番に食べることで、食後の血糖値の急上昇を防ぐ療法です。
 京都女子大学の今井佐恵子教授とともに臨床研究を行ったところ、食べ順療法を受けたグループは、ヘモグロビンA1cも着実に下がっていくことが確認できました。

 しかも、食べ順療法を続けると、少ないインスリンでも血糖コントロールができるようになり、その結果、膵臓の負担が減って、インスリンを分泌する能力自体が改善します。そのため、減薬やインスリン注射を卒業することも可能なのです。

 何よりも、面倒なカロリー計算の必要がなく、食べる順番を変えるだけなので、誰にでも簡単にできて、継続が可能です。
 まさに、これまでの食事療法の問題点をすべて解決した、いいことずくめの療法です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt