【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)


自然治癒力が発揮され症状が解消

 私たちの体の不調には、すべて体のゆがみが関係しています。ゆがみというものは、見た目の体の傾きや、不均衡だけを指すのではありません。前後、左右に倒したり、回旋させたりする動作をする際、やりにくい動作があれば、体がゆがんでいると考えられます。
 こうした体のゆがみを正すと、さまざまな症状が短期間で改善します。なぜそうなるのかを容易に理解していただくために、水を通すホースを想像してみてください。

 ホースがまっすぐであれば勢いよく水が出ますが、曲がったりねじれたりしていると、水の出が悪くなります。それと同じように、私たちの体も曲がったりねじれたりしてゆがんでいると、血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。
 そこで、このゆがみを解消すれば、血液やリンパの流れが正常になります。その結果、自然治癒力が最大限に発揮され、さまざまな症状が解消されるのです。

 それは、脊柱管狭窄症にも当てはまることです。脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜(筋を包む膜)が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。

 そこで、筋肉を緩めて、体のゆがみを正すことができれば、脊柱管狭窄症に伴う症状が改善するはずです。
 私の均整院では、関節や筋肉を緩めて、不自然な動きの制限をなくすように体のバランスをよくする施術を行い、痛みや体の不調を的確に取り去ります。すると、即座に症状が改善するのですが、患者さんは再びふだんの生活を続けていくうちに、また体のゆがみが戻ってしまうこともあります。

【ネコ歩き】のやり方

前かがみの姿勢が痛みを和らげる!

 そこで、私は、患者さんが自分で体のゆがみを取ることができる体操を考案しました。それが、今回ご紹介する「ネコ歩き」(アニマルウォーキング)です。これを行うことで、脊柱管狭窄症による痛みが、驚くほど改善するはずです。

 では、そのやり方を説明しましょう。

①腰をかがめて、ひざを浮かせた状態で床に両手、両足をつきます。このとき、背中は丸めます(猫背の状態)。

②両手、両足を使って四足歩行で前に2~3m歩きます。

③同様に両手、両足を使って後ろに2~3m歩いて元の場所に戻ります。

④今度は同じ姿勢で、両手、両足を使って右横に2m歩きます。

⑤同様に両手、両足を使って左横に2m歩いて元の場所に戻ります。

 以上を1セットとして、まずは朝と晩に1セットずつ行うようにしてください。そして、慣れてきたら1回に行うセット数をふやしていきましょう。

 なぜこの体操が効くのかというと、四足歩行を行うことで、体のすべての関節を効果的に動かすことができるからです。これにより、かたくなっていた筋肉が緩み、神経や血液の流れが改善します。そして、前後左右に歩くことで、体のバランスを整えることができ、体のゆがみも解消してきます。

 また、脊柱管狭窄症のかたにこの体操をお勧めする理由は、ほかにもあります。脊柱管狭窄症の場合、前かがみの姿勢を取ると、それまで感じていた痛みが緩和される傾向があります。これは、前かがみになったとき、神経への圧迫が緩くなるからです。
 その点、このネコ歩きは、前かがみの姿勢で行うことができます。これにより、痛みやしびれがあって運動ができないという人でも、楽に体を動かすことができるというわけです。

 家の中で短時間のうちに簡単にできるネコ歩き。四足歩行の動物になった気持ちで、ちょっと歩くだけで悩みの症状が楽になってきますので、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )