MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
体のゆがみを取って脊柱管狭窄症を改善!アニマルウォーキング「ネコ歩き」のやり方

体のゆがみを取って脊柱管狭窄症を改善!アニマルウォーキング「ネコ歩き」のやり方

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)

自然治癒力が発揮され症状が解消

私たちの体の不調には、すべて体のゆがみが関係しています。ゆがみというものは、見た目の体の傾きや、不均衡だけを指すのではありません。前後、左右に倒したり、回旋させたりする動作をする際、やりにくい動作があれば、体がゆがんでいると考えられます。

こうした体のゆがみを正すと、さまざまな症状が短期間で改善します。なぜそうなるのかを容易に理解していただくために、水を通すホースを想像してみてください。

ホースがまっすぐであれば勢いよく水が出ますが、曲がったりねじれたりしていると、水の出が悪くなります。それと同じように、私たちの体も曲がったりねじれたりしてゆがんでいると、血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。

そこで、このゆがみを解消すれば、血液やリンパの流れが正常になります。その結果、自然治癒力が最大限に発揮され、さまざまな症状が解消されるのです。

それは、脊柱管狭窄症にも当てはまることです。脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜(筋を包む膜)が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。

そこで、筋肉を緩めて、体のゆがみを正すことができれば、脊柱管狭窄症に伴う症状が改善するはずです。

私の均整院では、関節や筋肉を緩めて、不自然な動きの制限をなくすように体のバランスをよくする施術を行い、痛みや体の不調を的確に取り去ります。すると、即座に症状が改善するのですが、患者さんは再びふだんの生活を続けていくうちに、また体のゆがみが戻ってしまうこともあります。

「ネコ歩き」のやり方

そこで、私は、患者さんが自分で体のゆがみを取ることができる体操を考案しました。それが、今回ご紹介する「ネコ歩き」(アニマルウォーキング)です。これを行うことで、脊柱管狭窄症による痛みが、驚くほど改善するはずです。

では、そのやり方を説明しましょう。

①腰をかがめて、ひざを浮かせた状態で床に両手、両足をつきます。このとき、背中は丸めます(猫背の状態)。

②両手、両足を使って四足歩行で前に2~3m歩きます。

③同様に両手、両足を使って後ろに2~3m歩いて元の場所に戻ります。

④今度は同じ姿勢で、両手、両足を使って右横に2m歩きます。

⑤同様に両手、両足を使って左横に2m歩いて元の場所に戻ります。

以上を1セットとして、まずは朝と晩に1セットずつ行うようにしてください。そして、慣れてきたら1回に行うセット数をふやしていきましょう。

前かがみの姿勢が痛みを和らげる!

なぜこの体操が効くのかというと、四足歩行を行うことで、体のすべての関節を効果的に動かすことができるからです。これにより、かたくなっていた筋肉が緩み、神経や血液の流れが改善します。そして、前後左右に歩くことで、体のバランスを整えることができ、体のゆがみも解消してきます。

また、脊柱管狭窄症のかたにこの体操をお勧めする理由は、ほかにもあります。脊柱管狭窄症の場合、前かがみの姿勢を取ると、それまで感じていた痛みが緩和される傾向があります。これは、前かがみになったとき、神経への圧迫が緩くなるからです。

その点、このネコ歩きは、前かがみの姿勢で行うことができます。これにより、痛みやしびれがあって運動ができないという人でも、楽に体を動かすことができるというわけです。

家の中で短時間のうちに簡単にできるネコ歩き。四足歩行の動物になった気持ちで、ちょっと歩くだけで悩みの症状が楽になってきますので、ぜひ試してみてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00
パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・米国SWIHA承認トウティーチャー)
更新: 2019-06-13 18:00:00
キウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)
更新: 2019-06-12 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt