【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


「手術しかない」といわれ ショック!

 私は、小学生のときからスポーツが大好きでした。中学生まではバレーボールと、陸上競技で主に走り高跳びをやっていましたが、高校から円盤投げに転向し、インターハイにも出場しています。
 体育教師になってからも円盤投げを続け、40歳のとき、世界マスターズに出場しました。
 ところが42歳のとき、レクリエーションのバレーボールで、右足のアキレス腱を切って、手術を受けました。このケガがきっかけで、選手生活に終止符を打ちました。

 その後、アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました。
 それ以来、重い物を持つと腰が痛くなって動けなくなるので、買い物すら1人でできなくなりました。毎回、夫か娘についてきてもらったのです。
 60歳で定年退職を迎えてからは、夫と毎日ウォーキングに出かけました。陸上選手や体育教師として培ってきた筋肉が衰えないように、運動を続けようと思ったのです。

 ところが、4年前の7月くらいだったでしょうか。
 右の股関節が痛むようになり、長時間続けて歩くことができなくなりました。階段の上り下りもつらく、整形外科に通いましたが、痛みはいっこうに軽減しません。
「治すには手術しかありません」といわれ、ショックを受けました。しかも、「手術をしても、改善するという保障はない」ということなので手術は受けず、ウォーキングをなんとか続けていたのです。

階段の上り下りも 楽になった!

 そんなとき、『壮快』で見つけたのが、「足の中指回し」という健康法でした。

 足の中指(第3趾)を回して、足の痛みが取れたという体験談が載っていたので、早速実践しました。でも、やり方が悪いのか、股関節痛はよくならず、考案者の内田泰文先生の治療を受けに、大阪まで行こうと考えていました。
 そんなやさき、内田先生が、私の住む長崎県対馬市で講習会を開催しました。そこで実際に、足の中指回しをしてもらったのです。
 それまで、私は指先を持って軽く回していましたが、先生は根もとから中指をはさんで、グリグリとしっかり回します。
 効果を感じたのは、その晩でした。

 私は、もともとは体の右側を下にして寝るクセがありました。でも、右の股関節が痛くなってからは、その体勢で寝ることができなくなりました。ところがその晩は、右の股関節を下にして寝ても、ちっとも痛くなかったのです。
 そして翌日、ウォーキングに出かけたときにも、大きな驚きがありました。歩くときに、ほとんど痛みを感じないのです。階段の上り下りも楽になっていました。

 それからは、先生に教えてもらったように、足の中指を根もとからしっかりと回すようにしています。5ヵ月経った今では、完全に痛みから解放されました。ほんとうにありがたいことです。
 腰痛もよくなりました。今では、重い物を持っても痛みを感じなくなり、若返ったのかと思うほどです。
 手術を受けずに、こんなによくなるなんて、内田先生に出会えたことを、ほんとうに感謝しています。
 これからも足の中指回しを続けます。

筋肉がどんどん緩んで 股関節のねじれが解消(豊中愛鍼灸整骨院院長 内田泰文)

 竹本さんは、ケガをしたほうの足をかばっていたため、股関節がねじれて固まっていました。その状態でウォーキングをしたことで、股関節をよけいに痛めてしまったのです。このように、ゆがんだ体で運動すると、逆効果になることがあります。
 足の中指を回すことで、体のバランスが整いやすくなり、筋肉がどんどん緩み、股関節のねじれも解消したのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


股関節痛 腰痛

関連する投稿


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)