医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

手術を回避!股関節痛が消えた足の指回しの体験談

手術を回避!股関節痛が消えた足の指回しの体験談

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


「手術しかない」といわれ ショック!

 私は、小学生のときからスポーツが大好きでした。中学生まではバレーボールと、陸上競技で主に走り高跳びをやっていましたが、高校から円盤投げに転向し、インターハイにも出場しています。
 体育教師になってからも円盤投げを続け、40歳のとき、世界マスターズに出場しました。
 ところが42歳のとき、レクリエーションのバレーボールで、右足のアキレス腱を切って、手術を受けました。このケガがきっかけで、選手生活に終止符を打ちました。

 その後、アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました。
 それ以来、重い物を持つと腰が痛くなって動けなくなるので、買い物すら1人でできなくなりました。毎回、夫か娘についてきてもらったのです。
 60歳で定年退職を迎えてからは、夫と毎日ウォーキングに出かけました。陸上選手や体育教師として培ってきた筋肉が衰えないように、運動を続けようと思ったのです。

 ところが、4年前の7月くらいだったでしょうか。
 右の股関節が痛むようになり、長時間続けて歩くことができなくなりました。階段の上り下りもつらく、整形外科に通いましたが、痛みはいっこうに軽減しません。
「治すには手術しかありません」といわれ、ショックを受けました。しかも、「手術をしても、改善するという保障はない」ということなので手術は受けず、ウォーキングをなんとか続けていたのです。

階段の上り下りも 楽になった!

 そんなとき、『壮快』で見つけたのが、「足の中指回し」という健康法でした。

 足の中指(第3趾)を回して、足の痛みが取れたという体験談が載っていたので、早速実践しました。でも、やり方が悪いのか、股関節痛はよくならず、考案者の内田泰文先生の治療を受けに、大阪まで行こうと考えていました。
 そんなやさき、内田先生が、私の住む長崎県対馬市で講習会を開催しました。そこで実際に、足の中指回しをしてもらったのです。
 それまで、私は指先を持って軽く回していましたが、先生は根もとから中指をはさんで、グリグリとしっかり回します。
 効果を感じたのは、その晩でした。

 私は、もともとは体の右側を下にして寝るクセがありました。でも、右の股関節が痛くなってからは、その体勢で寝ることができなくなりました。ところがその晩は、右の股関節を下にして寝ても、ちっとも痛くなかったのです。
 そして翌日、ウォーキングに出かけたときにも、大きな驚きがありました。歩くときに、ほとんど痛みを感じないのです。階段の上り下りも楽になっていました。

 それからは、先生に教えてもらったように、足の中指を根もとからしっかりと回すようにしています。5ヵ月経った今では、完全に痛みから解放されました。ほんとうにありがたいことです。
 腰痛もよくなりました。今では、重い物を持っても痛みを感じなくなり、若返ったのかと思うほどです。
 手術を受けずに、こんなによくなるなんて、内田先生に出会えたことを、ほんとうに感謝しています。
 これからも足の中指回しを続けます。

足の指回しのやり方はコチラ

筋肉がどんどん緩んで 股関節のねじれが解消(豊中愛鍼灸整骨院院長 内田泰文)

 竹本さんは、ケガをしたほうの足をかばっていたため、股関節がねじれて固まっていました。その状態でウォーキングをしたことで、股関節をよけいに痛めてしまったのです。このように、ゆがんだ体で運動すると、逆効果になることがあります。
 足の中指を回すことで、体のバランスが整いやすくなり、筋肉がどんどん緩み、股関節のねじれも解消したのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


股関節痛 腰痛

関連する投稿


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

天井がぐるぐる回るめまいと腰の激痛が「11円スリッパ」でピタリ解消

職場で使用しているスリッパを使って10円硬貨と1円硬貨をはり付け、仕事中にはくことにしました。すると、1度もめまいが起こらなかったのです。「これは効いているみたい! 」とうれしくなりました。先日は職場で同僚から「なんだか最近、顔色が違う。元気になったね」と言われました。【体験談】小原栄子(会社員・59歳)


【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

【肩こり・腰痛】揉まずに痛みを取る方法「耳刺激」のやり方

患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)