MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
椎間板ヘルニアの腰痛と肩こりが改善!足の中指回しの体験談

椎間板ヘルニアの腰痛と肩こりが改善!足の中指回しの体験談

腰が痛くて起き上がれず、病院に運んでもらいました。診察の結果、骨には異常がなく、ギックリ腰という診断でした。「1週間もすれば治ります」といわれて湿布を出されましたが、痛みはなかなか消えません。【体験談】兵庫県◎35歳◎主婦 本多由紀子(仮名)

腰から太もも、ひざ、足の裏まで痛い!

 以前、保育士をしていたころのことです。
 私は、園庭で子供と追いかけっこをしていました。その子が足を滑らせて転びそうになったので、とっさに支えようとしたところ、私のほうが体勢をくずしてひっくり返ってしまったのです。そのとき、腰が「グキッ」と音を立てて、激しい痛みに襲われました。

 腰が痛くて起き上がれず、病院に運んでもらいました。診察の結果、骨には異常がなく、ギックリ腰という診断でした。
「1週間もすれば治ります」といわれて湿布を出されましたが、痛みはなかなか消えません。そこで私は、近所の整骨院に通ってマッサージを受けました。ところが今度は、よくなるどころか、痛みがどんどん増してきたのです。

 背すじをまっすぐ伸ばせず、腰を曲げたまま、そろそろと歩かなければなりません。そんな姿勢でいるので、上半身にも負担がかかったのでしょう。肩や背中もカチカチにこり固まってしまいました。

 さらに、腰をかばって歩くためか、太ももやひざ、足の裏まで痛くなってきました。あまりの痛さに、立っていられなくなり、しゃがみ込んでしまうこともあったほどです。
「これは絶対におかしい」と思い、もう一度病院で検査を受けました。すると、今度は「軽度の椎間板ヘルニア」と診断されたのです。
 そうしたことを母に話したところ、教えてくれたのが内田泰文先生だったのです。母の友人が内田先生の治療を受けて、長年の腰痛などがすっかり治ったということでした。

 早速、私は予約を取り、内田先生の治療院に行きました。
 私の場合、全身の筋肉がこわばっていたようで、先生は全身を丁寧にほぐしてくれました。その際に、「なぜこの部分がかたくなっているのか」という説明もしてくれたので、納得しながら治療を受けることができました。

 1回の治療で、腰の痛みはだいぶ和らぎました。コリも取れたので、背すじも伸びました。でも、私の場合はかなり重症だったので、少し間を空けると、また体がこり固まって、腰痛もぶり返すといわれました。

鎮痛剤を手放せなかった生理痛がすっかり解消

 そんな私に内田先生が教えてくれたセルフケアが、「足の中指回し」です。
 その名のとおり、足の中指(第3趾)をつまんでクルクルと回すだけなので、簡単にできました。私は毎晩寝る前に、両足の中指を数分ずつ、根もとからしっかりと回しました。

 すると、体がほぐれやすくなったのか、治療院へ行く回数がしだいに減ってきました。
 最初のうちは、先生の治療を受けても、1週間くらいで体がこってくるので、月に3回ほど通っていました。それが、月に1~2回となり、やがて治療を受けなくても、自分で行う足の中指回しだけで、体調が整うようになったのです。

 体の痛みも、次々よくなっていきました。最初に消えたのは、足の裏の痛みでした。足の中指回しを始めて、3~4ヵ月後だったと思います。それからは、まるで絡まっていた糸がほぐれるように、ひざや太もも、腰の痛みが消え、背中と肩のコリもすっかり取れていきました。丸まっていた背中が伸び、颯爽と歩けるようになったのです。

痛みのない生活に!

 立っているときの安定感も、格段にアップしました。以前は、片足立ちをすると上半身がぐらついて、すぐに足が床についてしまいました。今は、1分くらいなら、グラグラせずに片足立ちができます。
 また、以前は姿勢が悪かったので、歩いているときに地面しか見えませんでした。背すじが伸びて、遠くまで見渡せるようになり、視界がぐんと広がった気がします。

 そういえば、以前は天気によっても体調が悪化していました。雨の日などは、腰から足にかけての痛みが強くなり、とてもつらかったのです。足の中指回しを始めてからは、どんなに天気が悪くても、痛みが出ることはありません。
 そのほかに変わったのは、生理痛から解放されたことでしょうか。私は昔から生理痛が重く、ひどいときは起き上がることもできず、うめき声がもれることもありました。当然、鎮痛剤は手放せない状態でした。

 ところが、足の中指回しを始めてからは、生理痛がすっかりなくなったのです。薬も全く飲んでいません。信じられない思いです。
 足の中指回しで、体の悩みがどんどん解決しました。「痛みのない生活」に、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも続けていこうと思います。

骨盤のゆがみが解消しヘルニアの症状が緩和(豊中愛鍼灸整骨院院長 内田泰文)

 椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する椎骨の間の椎間板が飛び出し、神経を圧迫する病気です。腰痛だけでなく、下肢にも痛みやしびれを起こします。本多さんの場合、骨盤の仙腸関節がゆがんで固まり、症状が悪化していました。

 足の中指の根もとは、仙腸関節にも影響を及ぼすと考えられます。中指を回すことで仙腸関節が緩み、ゆがみが解消して、症状が緩和したのでしょう。
 また、足の中指を刺激すると、血管や臓器、ホルモン分泌を調整する自律神経の働きが整い、冷え症や生理痛が改善するケースも多く見られます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt