MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
足の裏や足首が痛い!対策に「足の指回し」猫背にも効果

足の裏や足首が痛い!対策に「足の指回し」猫背にも効果

「足の指を回す」という健康法が、人気を集めているようです。確かに、足の指を回したり、もんだり、伸ばしたりして刺激することは、整形外科的に見ても意義のあることだと思います。その理由を説明しましょう。【解説】足立宏太(駒沢あだち整形外科院長)

足の指や足底は全身の状態を表している

「足の指を回す」という健康法が、人気を集めているようです。確かに、足の指を回したり、もんだり、伸ばしたりして刺激することは、整形外科的に見ても意義のあることだと思います。

 その理由を説明しましょう。
 私は開業前から、「リハビリに力を入れたい」と考えていました。リハビリというと、ケガから回復するための訓練を想像するかもしれませんが、私が重視しているのはむしろ、ケガを予防する体づくりです。
 ですから当院では、「診断して薬を出して終わり」ではなく、必要に応じて筋肉トレーニングやストレッチなどのセルフケアをお教えしています。

 当院は駅から近いこともあって、高齢の患者さんも多く見えます。症状の多くは、関節や筋肉の痛み、しびれです。腰痛、ひざ痛、股関節痛のほか、足底(足の裏)や足首の痛みを訴えるかたも少なくありません。

 患者さんに共通しているのは、「歩けない」「歩くのに支障がある」ということです。その原因がどこにあるのか、患者さんの話を聞きながら調べていきます。
 足底や足首に症状がある場合はもちろん、腰痛の患者さんの場合も、足の指の状態を診察します。下肢(足)にマヒが出ているかどうかを調べるために、足の指の動きを診るのです。

 そのときに、「足の内アーチ(土踏まず)がつぶれて扁平足になっている」とか、「足の裏や指にタコがある」といった情報を得られることがあります。それが、歩き方や姿勢の偏り、ひいては関節痛の原因となっているケースも少なくありません。
 そういった意味で、足の指や足底は、全身の状態を表しているともいえます。

足の指のセルフケアのやり方

足の指でふんばれないと腰が曲がって痛みだす

 私たちは皆、年を重ねるにつれ、筋力が衰えます。足の指や足底の筋肉も、例外ではありません。特に近年、靴の機能性が高まってきたため、足の指でふんばったり、足底で地面をけり上げたりしなくても、難なく歩けるようになりました。
 そうやって靴に頼っていると、足底の筋肉はますます衰弱します。高齢者の転倒事故の多くが、自宅で起こっていることは、そのことを裏づけているのではないでしょうか。

 足底の筋力が低下すると、アーチがつぶれ、本来なら地面につかない部分が歩くたびに刺激され、タコやウオノメができたり、外反母趾になったりします。
 皆さんも経験があると思いますが、ほんの少し靴ずれができたり、足の指を深爪したりしたとき、そこをかばうため、歩き方が不自然になるでしょう。
 本来の歩行は、つま先を上げてかかとから地面につき、指のつけ根で地面をけり上げて、前に進みます。しかし、足の指や足底に痛みがあると、足首を動かさずに歩くようになります。いわゆる「すり足」です。

 足の指や足底、足首も、ほかの部位同様、使わないとますます筋力が落ちていきます。地面をけらず、すり足で歩いていると、ふくらはぎや太ももの裏、お尻の筋肉も弱ってきます。すると、さらにつま先が上がらなくなり、すり足が助長されるという悪循環になるのです。

毎日続けやすいセルフケア

 足の指でふんばれなくなると、かかとに体重をかけることになります。すると、バランスを取るために、上半身が前に来て、ひざと腰が曲がります。その結果、骨盤のバランスがくずれ、腰や背中が曲がって、痛みが生じるのです。

 高齢の女性で「ネコ背になってきた」「腰が曲がってきた」という場合、女性ホルモンの減少によって骨が弱くなり、脊椎(背骨)を圧迫骨折していることが少なくありません。一方で、脊椎に異常がないのに背中が曲がるケースもありますが、それは「足首から先の筋力低下」に起因することが多いのです。
 そこで私は、患者さんに「足底を鍛えるために、足の指を動かしてくださいね」と伝えています。具体的には、足の指でグー・チョキ・パーをする「足指ジャンケン」と、床に敷いたタオルを足の指で引き寄せる「タオル・ギャザー」です。
 ただし、足底の筋力が低下した人にとって、この二つは難しいでしょう。ですから、まず、足の指を1本ずつ手で回したり、足の指と指の間に手の指を入れて広げたり、多方向に動かしたりして、可動域(動く範囲)を広げるところから始めましょう。

 腹筋や背筋を鍛えるトレーニングと同様、足底の筋肉も、いきなり自力では動きません。最初のうちは、足の指を手で動かして、機能回復を補助してあげましょう。
 体の痛みを改善するには、整形外科での治療のほかに、セルフケアが非常に重要です。簡単にでき、毎日続けやすいセルフケアとして、足の指回しはお勧めです。入浴中やお風呂上がりなど、体が温まっているときに行うといいでしょう。

解説者のプロフィール

足立宏太先生
北里大学医学部卒業後、日本医科大学高度救命救急センター、順天堂大学整形外科を経て、現職。順天堂大学整形外科非常勤助手。ケガや病気の治療とともにリビリテーションに力を入れている。

●駒沢あだち整形外科
東京都世田谷区駒沢1-3-1 駒沢グリーンビル3F
[TEL]
http://komazawa-adachi-seikei.com

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)