【睡眠の名医】疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬「ほぐしチキン」と「レモン」の効果

【睡眠の名医】疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬「ほぐしチキン」と「レモン」の効果

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


鶏の胸肉+レモン汁は疲れを取る最強コンビ

疲れたと感じるのは 脳がサビつくから

 あなたが「たまった疲れを取りたい」「疲れにくい体になりたい」と望むなら、疲労が起きるしくみを正しく知ることがたいせつです。
 これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。
 運動をしすぎたり、ストレスを抱えすぎていると、酸素の消費量が増えて、「活性酸素」が発生します。
 活性酸素が増えると、正常な細胞をサビつかせたり、傷つけたりします。これが、老化や病気の原因になります。この活性酸素が、脳にある自律神経の中枢の細胞をサビつかせると、私たちは疲労を感じるのです。
 ですから、疲れを取ったり軽くしたりするには、自律神経の中枢をサビつかせないことがたいせつです。

 疲労についての研究は、2003年に「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」が始まったことで、大きく進歩しました。
 ここまで話してきた内容も、研究で明らかになったことの一つです。そしてもちろん、疲労の回復や軽減についても、科学的に実証された方法がいくつかあります。
 その中から今回は、疲れに効く食材として、鶏の胸肉を紹介します。

疲れの根本に直接効く 「鶏の胸肉」

 鶏の胸肉には、疲労を防ぐ効果が高い「イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)」という成分が、豊富に含まれています。
 イミダペプチドが優秀なのは、自律神経の中枢の細胞が酸化するのを防いでくれるところ(抗酸化作用)。イミダペプチドを摂取すると、疲労を抑えることができるわけです。
 イミダペプチドは、体内に入ると、2種類のアミノ酸に分解されます。小さくなるので、イミダペプチドのままでは通れないところでも、血液に乗って通過でき、脳の中に入ることができます。
 その後、脳にある自律神経の中枢で、2種類のアミノ酸は再び合成され、イミダペプチドに戻ります。そこで、抗酸化作用を発揮して、疲労を防いでくれるのです。

 抗酸化作用のある成分といえば、ワインやチョコレートに含まれる「ポリフェノール」が、よく知られています。しかし、ポリフェノールが抗酸化作用を発揮してくれる時間は、約2時間と短く、自律神経の中枢に作用するのかどうかも、まだ確認できていません。
 一方でイミダペプチドは、アミノ酸がある間は常に合成され続け、持続的に抗酸化作用を発揮します。ですから、鶏の胸肉を食べることは、確実な疲労対策になるのです。
 量としては、鶏の胸肉を1日に100g食べると、イミダペプチドを約200㎎摂取できます。これは疲労を防ぐのにじゅうぶんな効果が得られる量です。
 なお、鶏の胸肉より100gあたりの含有量は劣りますが、カツオや豚ロース肉にも、イミダペプチドが多く含まれています。また、鶏もも肉や豚もも肉にもイミダペプチドは含まれますが、前述の食材と比べると、含有量は劣ります。

 とはいえ、忙しい毎日を考えると、食事のたびに鶏の胸肉を調理するのは面倒かもしれません。その点、レンジで簡単にできる「ほぐしチキン(作り方は82ページ)」を作り置きしておくと、毎食手間なく鶏の胸肉を食べられ、お勧めです。
 注意点として、肉汁にイミダペプチドが溶け出すので、スープに入れるなど、肉汁も摂取してください。
 朝・昼・夜と1日3回の食事のうち、摂取するのはいつでもOK。理想は、日中の疲労を起こす前、朝食にできるだけ取っておくといいでしょう。100gを1日に2〜3回に分けて摂取してもかまいません。

 疲労に打ち勝つ対策としては、イミダペプチドが「昼の主役」で、「夜間の主役」は深い睡眠です。朝か昼に鶏の胸肉を取っておくと、自律神経の働きが正常に保たれやすく、睡眠の質も改善に向かうはずです。

かじもと おさみ
医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。『”人疲れ”が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかた』(幻冬舎)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

【夫源病(ふげんびょう)とは】夫が原因の高血圧 症状と対策を名付けた医師が解説

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


【管理栄養士】好相性"レモンコーヒー"の効果 アディポネクチンが体脂肪を減らす働き

【管理栄養士】好相性"レモンコーヒー"の効果 アディポネクチンが体脂肪を減らす働き

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)