医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

"副腎の疲れ"を取り、疲労回復させる指圧のやり方

"副腎の疲れ"を取り、疲労回復させる指圧のやり方

川本治療所は、私の祖父・川本重雄が昭和11年に開院しました。内臓を回復させる指圧法を確立した祖父のもとには、政財界から多くのかたが通い、歴代の総理大臣や閣僚の体を診てきた実績があります。【解説】川本正己(柔道整復師・川本治療所院長)


副腎は健康にとって重要なカギ

 川本治療所は、私の祖父・川本重雄が昭和11年に開院しました。
 内臓を回復させる指圧法を確立した祖父のもとには、政財界から多くのかたが通い、歴代の総理大臣や閣僚の体を診てきた実績があります。
 阿部信行総理の肝機能の低下を治し、川本療法は「国の財産」と高い評価を受けました。不眠と心臓機能の改善のために通院していた大平正芳総理は、祖父から指圧を受けている間は爆睡。直筆のお礼状は、当院でたいせつに保管しています。
 祖父が亡くなった後、孫の私が治療法を継承しました。

 そんな私が「副腎」の重要性に気がついたのは28年前のことです。
 腰痛で足がしびれて歩けなくなった患者さんが、車椅子で来院されました。私は、そのかたの腰から足先まで、下半身を指圧しました。
 患者さんは、1年じゅうせき込んでカゼを引いている体質でしたが、後日「最近、カゼを引かないようになりました」と告げられました。
 私は、肺や気管支に関係する施術はしませんでした。それなのにカゼ引き体質が改善したのはなぜなのか。研究を重ねるうちに、腰の近くに位置する副腎が、カギを握っていることがわかってきました。

副腎が疲れるとストレスに弱くなる

 それ以来、約7万人の副腎を診てきました。私の経験から言わせていただくと、現代人の9割は副腎が疲弊しています。
 なぜ副腎が疲弊するのでしょうか。副腎は、ストレスを受けたときに、ストレスに対抗するためのホルモンを出す器官です。
 ストレスを感じると、脳が副腎に対して「ホルモンを作れ」と命令します。副腎は、命令を受けてから20秒ぐらいでホルモンを作ります。

 ところが、現代はストレスが多く、脳から多発される命令に真摯に答え続けて、副腎は働きっぱなしで、クタクタになっています。
 この状態が続くと、副腎で作られるホルモンの質が悪くなります。すると脳は副腎に、「もっとホルモンを作れ」と命令します。こうして副腎がさらに疲弊するという、悪循環になるのです。

 副腎が弱くなると、ストレスに対抗する力が弱くなり、疲れがなかなか取れなくなります。さらに、刺激に対して敏感になりすぎるために、自己免疫疾患を発症するきっかけにもなります。

起立性調節障害が改善した

 たいせつなのは、働かせすぎている副腎を休ませてあげることです。
 副腎が回復すれば、また質のいいホルモンを作ることができるようになり、体に好循環が生まれます。
 そのためには、脳が副腎に命令する回数を減らすことが重要です。

 では、脳が副腎に命令する回数を減らすには、どうしたらいいのでしょうか。
 実は、脳から副腎に命令がいくきっかけは、皮膚にあります。
 皮膚にはヒスタミンという、異物を感知するセンサーのような物質が存在します。副腎が疲弊すると、ヒスタミンの反応が過剰になります。ストレスに対抗する力が弱くなっているので、センサーを敏感にして、危険から身を守ろうとするのです。

 しかし、ここにさらに嫌な刺激が加わると、過敏になったセンサーが、脳に危険信号を伝え、脳が「ホルモンを出せ」と副腎に命令する悪循環になってしまいます。
 私は研究を重ね、「ヒスタミンの反応を抑えるには、皮膚を刺激するのがもっとも有効」という結論に至りました。皮膚刺激を通じて、ヒスタミンを刺激に慣れさせ、手なずけることで、脳が副腎に命令する回数が減ります。結果、副腎が休まり、疲労回復につながるというわけです。

 多くの難病患者を診てきましたが、症状が改善したかたに共通するのが、自宅で皮膚刺激を続けている点です。起立性調節障害が治り、大阪大学に合格した10代の男性もいらっしゃいます。

 今回は、「すりこぎ」を使った皮膚刺激(すりこぎ指圧)をご紹介します。弱った副腎を回復させるために、ぜひ実践してください。

すりこぎ指圧のやり方

解説者のプロフィール

川本正己(かわもと まさみ)
治療家、柔道整復師。昭和11年開院の川本治療所の2代目。29年間で延べ約7万人の患者さんに施術をする。皮膚をはじめとする感覚器官と脳と副腎の関係性のメカニズムに着目し、慢性疾患の施術にあたる。監修するウェブサイト「病気の治療所」は月にのべ15万人以上が閲覧に訪れる。また、自ら指導する「アドレナル(副腎)・セラピー」のセミナーも人気で全国から参加者が集まる

●川本診療所
兵庫県西宮市津門呉羽町1-25 クレッセント・イマヅ1F
[TEL](0798)-33-4557
http://kawamoto-r-1926.com

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

ひざ痛は、多くの人を悩ませている症状です。日本では、治療を要するひざ痛を持つ人が約800万人いるといわれ、その大部分は、変形性ひざ関節症です。しかし、そのようなひざ痛でも、ある体操をきちんと行うことで、驚くほど改善できます。その体操は、「ひざ振り子体操」です。【解説】勝呂徹(東邦大学名誉教授)


【脳神経外科医】手のツボ「合谷」への刺激で 痛みが消えるしくみ

【脳神経外科医】手のツボ「合谷」への刺激で 痛みが消えるしくみ

ツボ刺激は、伝統的な治療法として現代医学よりはるかに古い歴史を持ち、その効果についても経験的によく知られています。にもかかわらず、いまだに謎を秘めた療法とされています。なぜツボ刺激が効くのか、その根本のところが、いまだによくわかっていないのです。【解説】樋口敏宏(明治国際医療大学脳神経外科教授)


 【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

【体験談】ひどいめまいが「指ヨガ」で改善 怖かった外出も今はへっちゃら!

昨年の秋頃、私はめまいがして、内科で受診しました。「脳梗塞ならたいへんだ」とMRI(磁気共鳴画像)をとったのですか、異常なしだったので、今度は耳鼻科で耳の中の検査をしましたが、やはり異常なしと言うのです。【体験談】長谷幸夫(仮名・74歳・翻訳家)


【体験談】私は「指ヨガ」で持病のヒザ痛が軽減 体調管理に役立っています

【体験談】私は「指ヨガ」で持病のヒザ痛が軽減 体調管理に役立っています

私にはひざ痛の持病があり、7年前から、田園調布長田整形外科でひざと腰のリハビリを続けています。2年前からは、リハビリの中で教えてもらった、指ヨガもしています。【体験談】速水道子(仮名・82歳・主婦)


【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

【テクノストレス症候群】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボはこれだ

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)