医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

人間関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

人間関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

皆さんは、相手のささいな言動を受けて、不安になったり動揺したりすることはありませんか。このような「心が揺さぶられやすい人」は、他人の気持ちに敏感で、人に気を使いすぎる傾向があります。【解説】大嶋信頼(心理カウンセラー)


人間関係の疲れは 「嫉妬」が原因だった

 皆さんは、相手のささいな言動を受けて、不安になったり動揺したりすることはありませんか。

 このような「心が揺さぶられやすい人」は、他人の気持ちに敏感で、人に気を使いすぎる傾向があります。相手の気分を害するのが怖くて、言いたいことを言えず、「いい人」を演じがちで、なかなか素の自分を出せません。当然ストレスがたまり、人間関係に疲れ果ててしまいます。

 他人に振り回されやすい人の多くは、「自分の性格や考え方に問題があるのだろう」と考えています。
 しかし、そうではありません。私たちの脳は、常に周りの人とつながって、コミュニケーションを取っていると考えられます。これはいわば、無線LANのような、「脳のネットワーク」といえます。

 感情は、自分の内側から湧いてくるだけではありません。脳のネットワークを介して、他人の感情が自分に伝染することもあるのです。
 その最たる例が、嫉妬です。

 嫉妬は、自分より立場が低い相手を見て、「自分より優れている」「自分より愛されている」と感じたときに生じる、怒りの感情です。動物全般に見られる本能的な「発作」です。

 嫉妬を起こした人の脳では、情動を司る扁桃体という部分の働きが過剰になります。
 他人からの嫉妬が、脳のネットワークを介して伝わると、自分の扁桃体の働きも過剰になり、恐怖や怒りを感じます。その結果、緊張したり不安になったりするのです。

多くの人は、嫉妬への対処を間違えている


 こうして嫉妬にさらされると、人はどんどん疲れていきます。
「私はなにをやってもダメだ」という思いにとらわれ、自分を否定したり、無力感に襲われたりします。
 ですから、他人からの嫉妬を伝染させないことが重要です。しかし、多くの人は、嫉妬への対処を間違えています。
 女性に多いのは、自分を卑下して「弱くて無力ないい人」を演じるパターンです。しかし、これは逆効果で、かえって相手の嫉妬をあおってしまいます。

 先ほど述べたように、嫉妬は、「自分よりも立場が下だ」と思っている相手に対して生まれる感情だからです。特に、優秀な人ほど謙遜して自分を卑下しがちなので、嫉妬が伝染して疲れやすい傾向があります。

 嫉妬が生じるのは、同性間だけではありません。人間関係に疲れた女性によく見られるのが、夫が「外ヅラのいい人」というパターンです。
 外では「いい人」で通っているのに、家では話を聞いてくれない、頼んだことをしてくれない夫は、意外と多いものです。

 これは、妻に対する夫の嫉妬からくるもの。立場が下だと思っている妻に負けたと感じると、「妻に協力しない」というかたちで、無意識に攻撃を加えてくるのです。

魔法の言葉で 嫉妬の伝染を断ち切る!

 嫉妬の伝染を避けるには、まず、脳のネットワークを断ち切ること。そして、他人から嫉妬を起こさせないよう、むやみに自分を卑下せず、本音で相手と接することです。

 そこで役立つのが、今回紹介する「魔法の言葉(暗示)」です。魔法の言葉には、脳のネットワークを断ち切り、自分の思いや行動を、ほんとうに望むものに修正する力があります。

 一つめの言葉は「浮き輪モード!」。ドロドロした対人関係のストレスをどうにかしたいとき、心の中で「浮き輪モード!」と7回唱えます。すると、脳のネットワークが切断され、嫉妬を受けなくなるため、ドロドロ状態から抜け出すことができます。

 二つめは「本音モード!」。苦手な人に会うときなど、人と接するときに使います。この言葉も、嫉妬をシャットアウトし、自分の本音を表に出しやすくなります。

 他人の顔色を気にせず、素の自分のまま、言いたいことを言い、やりたいことをやれるようになれば、ストレスがたまらないのはもちろん、自分にとってほんとうに必要な人と出会えるようにもなります。
 人間関係で消耗しないために、魔法の言葉を活用してください。

解説者のプロフィール

大嶋信頼
米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックに勤務する傍ら東京都精神医学総合研究所の研修生として、また嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として依存症に関する対応を学ぶ。嗜癖問題臨床研究所原宿相談室室長、㈱アイエフエフ代表取締役等を経て現職。『「ずるい人」が周りからいなくなる本』(青春出版社)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【うつ病を改善】不足しがちな栄養素 葉酸・トリプトファン・鉄分を補うと良い

【うつ病を改善】不足しがちな栄養素 葉酸・トリプトファン・鉄分を補うと良い

うつ病の患者が、増えています。この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけではありません。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


【更年期障害の体験談】ホットフラッシュ 多汗 のぼせ対策にココア豆乳 作り方は簡単

【更年期障害の体験談】ホットフラッシュ 多汗 のぼせ対策にココア豆乳 作り方は簡単

私は更年期障害がひどく、ホットフラッシュや多汗、イライラなどの症状に悩まされ続けてきました。特にひどいのがホットフラッシュ。常時、体が熱く、汗がものすごく出るのです。そのため、自分だけ部屋の温度を低くしたりしていました。【体験談】中西洋子さん(仮名・50歳公務員・静岡県)


【うつを改善】患者の共通点は猫背!「首腰枕」でセロトニンを増やすと元気が回復

【うつを改善】患者の共通点は猫背!「首腰枕」でセロトニンを増やすと元気が回復

うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。セロトニンは、呼吸、体温調節、水分代謝など、血圧以外の自律神経系のほとんどを支配している物質です。東洋医学の考えに基づけば滞った気さえ通せばうつ病は治ります。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【ウォーキングの効果】不安障害 うつ病 統合失調症が改善する例多数と精神科医が解説

【ウォーキングの効果】不安障害 うつ病 統合失調症が改善する例多数と精神科医が解説

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西守(精神科医)


【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

私は12年前に、福田‐安保理論に基づき、姿勢と自律神経の関係に注目。首腰枕を使った背骨のストレッチ法を開発し、指導を始めました。首腰枕は、腰痛や肩こりなど、筋骨格系の病気はもちろん、うつ病やパーキンソン病など、脳神経系の病気にも、著効を発揮しています。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心身診療室院長)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)