【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)


おおば しゅうじ
長崎大学医学部卒業。南部徳洲会病院総合診療部医長、沖縄ナチュラルクリニック院長などを歴任。高血圧、糖尿病、ガン、心臓病、自己免疫性疾患などのさまざまな病気において、食事療法を中心とした生活習慣の指導を行っている。

長男のぜんそくがみるみる改善した!

 私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。そう考えるようになったのは、長男の小児ぜんそくがきっかけでした。

 私の長男は、2歳になる前からセキが出始め、呼吸もゼイゼイするようになりました。病院ではぜんそくと診断され、薬を飲み始めたのですが、症状はなかなか治まりません。それどころか発熱もするようになって、薬も増える一方でした。

 これは、私が診ている患者さんたちにも同じことが言えました。高血圧や糖尿病の薬を毎月もらいに来る患者さんたちは、いつまでたっても薬を止めることができません。薬を飲んでいれば症状を抑えられますが、飲まなくなると悪化します。薬では治すことはできないのです。

 西洋医学には限界があることを悟った私は、長男のぜんそくを治す方法を西洋医学とは別の方面で探し始めました。その結果、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。ゲルソン療法では、全身すべての細胞を活性化し、自然治癒力を高めるために、食事・生活習慣などの指導を行います。そのゲルソン食事療法の軸になるのが、ヒポクラテス式野菜スープです。

 ヒポクラテス式野菜スープ(以下、野菜スープ)は、古代ギリシャの医学者で「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが、滋養食として用いたことからこの名前で呼ばれています。ヒポクラテスは、「食事で治せない病気はない」という言葉を残すほど、食事を重視していました。

 野菜スープは、セロリ、長ネギ、タマネギ、トマト、ジャガイモ、ニンニク、パセリの7つの野菜で作ります。どれも栄養の面で非常に優れた野菜です。

 私はまず、自分の家族で実践してみました。すると、長男のぜんそくは確実に回復していき、1年ほど経った頃には薬を止めることができたのです。長男とともに私も野菜スープを飲むことに加え、生活習慣を改善したことで、71㎏だった体重がわずか半年間で12㎏やせて59㎏になりました。

ガンや生活習慣病が 改善したという報告多数

 効果を実感した私は、高血圧や糖尿病などの患者さんに勧めるようになりました。野菜スープを継続した患者さんのうち、血圧や血糖値が改善し、薬を減らせた人が3年間で61人、薬を止めてもよい状態にまで回復した人が11人います。

 また、ガンや心臓病も、食事と生活習慣が大きく影響することがわかりました。心臓病の人が、食生活を変えただけで薬が減ったり、ガンで余命半年と言われた人が、食事と生活習慣を変えたことでガンが小さくなったり、治癒したりしたという報告はたくさんあります。

 野菜スープで野菜の栄養を取ることには大きなメリットがあります。野菜を食べることは体にとても必要なことですが、ガンや消化器系の病気で消化力が落ちている人は腸内の細菌バランスも悪いので、消化・吸収の悪い生野菜は負担になります。

 その点、野菜は加熱すると消化しやすくなるうえ、この野菜スープは、さらに裏ごしして繊維質を除きます。すなわち、かなり内臓が弱っている人でも、野菜の栄養をしっかり消化・吸収できるのです。
 この野菜スープでは、塩などの調味料はいっさい使いません。しかし、初めて飲んだ人はそのおいしさに驚きます。「野菜だけでここまでうま味が出るのか」と思うはずです。子どもの口にも合うので、お子さんの栄養補給にも最適です。

 食べ物の健康法はおいしくなければ続きません。野菜スープはおいしいですし、いろいろな料理に応用もできます。味を楽しみながら、健康になれるでしょう。

 野菜スープは、スープカップに1〜2杯程度、昼と夜の1日2回飲むのが理想です。ただ、それが困難な人は1日1回でも効果は期待できます。出来上がった野菜スープは、冷蔵庫で保存し、48時間以内に飲み切るようにしましょう。しかし、大きな病気のない人が、健康維持のために飲むぶんには冷凍保存しても構いません。

野菜の栄養を しっかり吸収して万病を治す ヒポクラテス式 野菜スープの作り方

●材料
(1〜2人、約2日分)

セロリの茎 2〜3本
長ネギ 中1本
タマネギ 中1個
トマト 小3〜4個
ジャガイモ 中または大2個
ニンニク 4〜5片
パセリ 少々

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )