【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

私が「ヒポクラテス式野菜スープ」と出会ったのは、今から3年前のことです。当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。」そんな中、ゲルソン療法を知ったのです。【体験談】瀧野直美(49歳・看護師・東京都)


体の奥までしみる 優しい味わい

 私が「ヒポクラテス式野菜スープ」(以下、野菜スープ)と出会ったのは、今から3年前のことです。

 当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。健康的な食生活に替えなければならない」と考え、いろいろな食事法や料理について学ぶなかで、ゲルソン療法を知ったのです。

 初めて野菜スープの作り方を教わったときは、正直いって「たいへんそうだな」と思いました。

 ところが、自分で作ってみるとそれほどめんどうではありません。煮込む時間はかかりますが、野菜を切って水を加えて煮るだけ、味つけなどはいっさい不要だからです。それでいて無味ではなく、体の奥までじんわりとしみわたるような、優しい味わいも気に入りました。

 私の場合、1日に1〜2回、昼食または夕食時に野菜スープを飲んでいます。野菜スープを飲み始めて1週間ほどで、味覚が変わってきたのを感じました。外食などのほかの食べ物をしょっぱいと感じるようになり、味が濃過ぎて、食べると体が重くなるような不快な感覚を覚えるようになったのです。

→ヒポクラテス式野菜スープの作り方はコチラ

疲れが取れ、元気に仕事できる!

忙しくても疲れにくい体に

 さらに野菜スープを飲み続けて2〜3週間ほどで、体調の変化を実感するようになりました。体のだるさや疲れを感じることが減り、足や顔のむくみも取れました。気になっていた肌荒れも、少しずつ改善していきました。

 現在も、野菜スープは毎日欠かさず飲み続けています。今や私の食生活にとって、なくてはならない存在です。このスープを飲んでいると体が軽く、元気に動き回ることができ、忙しくてもあまり疲れが出ないからです。

 今では肌荒れもすっかり解消し、体調は毎日良好。気がつくと、体重も3㎏落ちていました。これからも体質の維持のために、野菜スープを飲み続けていこうと思います。

肝臓や腎臓が解毒され 疲労が取れやすくなる(内科医 大場修治)

 野菜スープを続けると肝臓や腎臓が解毒され、その結果、疲れがとれやすくなります。また、ファイトケミカルなどの抗酸化物質のほか、ビタミンA、Cも多く含まれているので、それらの効果で肌の調子もよくなってきたのでしょう。これからの時期、カゼの予防にもなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

【肝臓病予防】には食生活の改善が重要!酸化・ 糖化・鉄化を防ぐ「野菜スープ」がよい

肝臓病の予防や進行阻止、改善には、なんといっても食生活が重要です。そのポイントは、「体の酸化・糖化・鉄化を防ぐ」ということです。そこで、酸化対策として、食事でファイトケミカルを上手にとることが大切です。活性酸素を除去する「抗酸化作用」を持っています。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

【自律神経を整える方法】“おでこ”を冷やすと血流アップ 肌の老化も予防する

「おでこを冷やす健康法」と聞いて、みなさんはどう思いますか? おそらくほとんどの人は「それは、熱を下げる方法では?」と考えるでしょう。しかし、氷嚢でおでこを冷やすと、みなさんが思ってもいないような健康効果が得られるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)