変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


痛みをコントロールして股関節を修復

 私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。もちろん、手術療法を100%否定するつもりはありません。ただ、日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。

「股関節らくらく日記」は、痛みのコントロールに、大いに役立ちます。これまでに私は、変形性股関節症の患者さん1300人に、股関節らくらく日記をつけて、痛みをコントロールするように勧めました。その結果、個人差はあるものの、1〜2ヵ月ほどで患者さんの多くに改善傾向が見られたのです。

 変形性股関節症の多くは、加齢や生活習慣に原因のある生活障害ととらえるべきでしょう。
 私たちが意識しなくてもバランスをくずすことなく、一定の歩幅とリズムで歩けるのは、全身の骨や筋肉、神経で構成される精妙な運動調整システムのおかげです。
 しかし、加齢により運動神経が衰えると、このシステムにミスが生じやすくなります。それでなくても、上半身の重みを常に支える股関節は、ほかの関節と比べると、負担の大きい関節です。ささいなミスでも、股関節には損傷が生じます。股関節臼蓋形成不全という特性を持った人であれば、さらに損傷は生じやすくなるでしょう。

 加齢によって治癒能力が衰えているため、この損傷の修復は容易ではありません。その結果、歩行の運動調整システムはよりミスを犯しやすくなり、股関節の損傷は大きくなります。ついには、激しい痛みと関節の変形にいたるわけです。

 しかし、年を取っても、治癒能力が完全になくなるわけではありません。十分な安静を保てば、股関節は修復します。ただ、実際には、日々の生活の中で、股関節を完全な安静状態に保つのは不可能です。そこで必要となるのが、
“痛みのコントロール”です。

 痛みは、筋肉や神経の緊張・疲労を招きます。この状態が長く続けば、血流が悪くなるため、股関節はますます痛みやすくなります。変形性股関節症は、痛みによって進行するといっても過言ではありません。
 痛みをできる限り取り去り、筋肉の緊張・疲労を解いてやれば、完全な安静を保たなくても、股関節はゆっくりと修復に向かいます。これが、痛みのコントロールです。

 股関節痛に限らず、すべての痛みは主観的なものです。しかし、痛みのコントロールを図るためには、痛みの程度を客観的に把握する必要があります。

 股関節らくらく日記では、痛みのスケール(度合)を10段階に分け、前日と比較してどれだけ痛むか、痛まないかを、日々記録していきます。ある程度の期間にわたって記録すれば、痛みを客観的に把握する「ものさし」となるはずです。
 これをもとに、痛みの少ない生活を心がけていけば、股関節は修復へ向かいます。

日記をつけると生活の改善点が判明

 実例をご紹介しましょう。

 70歳の女性Nさんは、2007年1月の初診時には、左変形性股関節症の末期でした。杖を使っての歩行はせいぜい10分。通院していた整形外科では、手術を勧められたそうです。
 そこで、トレーニング等と併行して、Nさんに股関節らくらく日記をつけてもらいました。2007年4〜5月は痛みが強く、記録はつけられませんでした。また、6〜9月の約3ヵ月間は、入院治療で股関節の安静を保ちました。
 日記をつけていくうちに、Nさんは4000歩以上歩くと痛みが増すことに気付きました。そこで、日課だった散歩を股関節への負担が少ないサイクリングに切り替えたのです。

 ほかにも、家でうつうつとしていると痛みが増すため、運動量(歩数)を意識しながら観劇やカラオケなどを楽しんだようです。現在のNさんは、杖を忘れて来院する日もあるほど痛みが和らいでいます。レントゲンとCTでも、臼蓋と骨頭の修復が確認できました。

 現代の医学では、痛みを感じるメカニズムは正確にはわかっていません。痛みのメカニズムは体(外傷)だけでなく、心や脳、神経にまで広範囲にまたがっていると思われます。
 なかでも、心の状態は痛みの度合を大きく左右するようです。私が診てきた変形性股関節症の患者さんの例でいうと、生活への影響を思い悩んだり、治療を焦ったり、将来を悲観したりする人は、実際の状態よりも強く痛みを感じる傾向が見られます。
 Nさんの場合、運動量(歩数)の調整と併行して、前向きに生活を楽しんだのが、痛みの軽減と股関節の修復につながったものと思われます。

 自宅で英語塾を開いているYさん(54歳・女性)は、ご両親が2人ともアルツハイマーを患っていました。さらに、Yさん自身は、2006年に別の医療機関で、左股関節の人工股関節置換術を勧められています。このとき、医師から「手術までの間、自己管理をするように」と言われたものの、具体的な指示はありませんでした。

 Yさんは、2007年7月から股関節らくらく日記をつけています(44ページの図参照)。これにより、痛みの波がご両親の病状と重なっていることがわかりました。痛みのスケールの高い2007年10月と、2008年3〜4月、7〜8月はご両親の介護に追われていた時期です。ご両親の介護を医療機関やほかのご親族に任せた2008年8〜9月以降は、痛みが半減しています。
 2009年4月に、一時痛みが強くなっていますが、この時期はご親族の間でトラブルがあったそうです。その心労が、痛みとなって現れたのでしょう。
 くり返しになりますが、生活の中で痛みの原因を取り去ることで、変形性股関節症は改善します。進行期でも末期でも、年齢も問わずに改善は期待できます。ただし、自分で痛みをコントロールする意志のない人には、効果はありません。

 痛みをコントロールできれば、積極的な社会参加も可能です。「変形性股関節症を自分で治す」という意志を持って、ぜひ挑戦してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

【変形性股関節症の痛み】自力で鍛えて改善する「ゆうきプログラム」の行い方

「五つの基本運動」と、「股関節の痛みを和らげる運動」「股関節の可動域を広げる運動」をそれぞれ一つずつ、合計七つの運動を紹介します。変形性股関節症に悩んでいるかたは、必ずこの基本運動を行ってください。基本運動を毎日行うだけで、顕著な改善効果を得られたかたもめずらしくありません。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )