MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。なぜこのツボが目の機能を高めるのか、また、「光明」の場所を探す方法、その刺激方法をご紹介します。【解説】矢野忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)

目に光明をもたらす足の特効ツボ

 足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。

 光明は、足の外くるぶしのやや上に位置し、目からは遠く離れています。遠く離れた位置のツボがほんとうに目に効くものだろうかと、疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。

 私自身もこの点に関して興味を持ち、いくつかの実験で調べてみました。
 まず、第一の実験では、光明のツボを鍼で刺激して、それによって眼底血流量がどう変わったかを計測しました。その結果、光明への刺激によって、眼底血流量が有意に増加することがわかりました。

 続いて、足にあるいくつかのほかのツボと比較しました。足にあるほかのツボでも、光明と同様の効果が出ているかもしれません。この点を確かめました。
 すると、足のほかのツボは、ほとんど目に影響を与えておらず、光明だけが飛び抜けて眼底血流量がふえるとわかりました。

 さらに私たちは、3番目の実験を行いました。

 目の特効ツボとされる、手の合谷(手の親指と人差し指の骨の交わるところ)や腕の曲池(腕を曲げたときに親指側に現れるシワの先端)などとの眼底血流量の比較です。
 その結果、合谷なども、刺激すると確かに眼底血流量が増加していました。しかし、光明ほど眼底血流量がふえるツボはなかったのです。

 こうした実験結果から、光明は昔からいわれてきたとおり、目に対して非常によい影響を及ぼすツボであることが確かめられたのです。

間違いなく視機能が高まる!

 さて、光明を刺激すると、実際にはどんな効果が期待できるでしょうか。

 眼底の血流量が増加するということは、眼底だけに限らず、目全体や周辺組織の血行も改善されるということで、視機能が高められることは間違いありません。眼精疲労の解消や視力アップなど、多くの効果が期待できると考えられます。

 また、正常眼圧緑内障では、眼底の血行が顕著に低下するとされています。そこで眼底の血流量を上げる光明への刺激は、正常眼圧緑内障にも有効ではないかと考えられるのです。

 ところで、光明への刺激がこのような効果をもたらすのは、なぜでしょうか。

 東洋医学的には、目と関連が深いのは、肝とされています。光明は、胆経という経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)に属するツボですが、実はこの胆経というのは、肝経という経絡と表裏一体の関係にあるため、胆経の光明への刺激が肝経の経絡の流れをよくし、目の働きを高めるのではないかと考えられるのです。

 また、西洋医学的には、光明への刺激は、脊髄(脳と体の各部を連絡する組織)を通じて、一度、脳にまでさかのぼり、次に脳から顔面神経を介して、NO(一酸化窒素)の産生を促すと推測されます。NOには、血管拡張作用がありますから、それで眼底などの血流量も増加するのではないでしょうか。 

ツボの探し方・刺激のやり方

 では、光明のツボの探し方を説明しましょう。

 外くるぶしの先端と、ひざを深く折ったとき、ひざ裏にできるシワのラインとを結びます。この線分を16に分割して、下から5番目の高さです。おおまかにいえば、この線分を3つに分割したとき、下から3分の1のポイントのやや下ということになります。この高さで、脛骨と腓骨という足の2本の骨のうち、後方の腓骨の前へりで、押すと圧痛のあるところです。

 次に、光明の刺激のやり方です。つまようじを10本ほど用意し、それを輪ゴムでしっかり束ねます。これを使って、光明のツボを軽くトントントンとたたきます。時間は、30秒〜1分くらい。ツボの位置の皮膚が赤くなってきたら、それで刺激はじゅうぶんという証拠です。この刺激を一日に数回くり返しましょう。

 また、米粒を光明の位置に絆創膏などではりつける方法もあります。一度はったら、一日じゅうはりっぱなしにしてかまいません。
 光明というツボは、現代においても、さまざまな目の健康効果が期待できるツボであることは間違いありません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
緑内障に対し、私は生活改善を軸にする治療で成果をあげています。中でも重要なのが食事指導ですが、その一環として、あるスープをお勧めしています。それは「煮干しスープ」です。煮干し(粉末)を使って簡単に作れるスープで、緑内障の悪化防止や回復促進に役立ちます。【解説】山口康三(回生眼科院長)
私はこれまで、多くの緑内障の患者さんを鍼で治療してきました。十数年前、その経験の中で気づいたことがあります。緑内障の患者さんは、後頭部と首の境目辺りが非常にこっている人が多いのです。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)
緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)