医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

目の特効ツボ「光明」刺激で眼底血流をふやす!

足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。なぜこのツボが目の機能を高めるのか、また、「光明」の場所を探す方法、その刺激方法をご紹介します。【解説】矢野忠(明治国際医療大学鍼灸学部教授)


目に光明をもたらす足の特効ツボ

 足の「光明」というツボは、昔から目の特効ツボと考えられてきました。そもそも光明という名前自体が、「目に光明をもたらす」という、その働きからきていると考えられます。

 光明は、足の外くるぶしのやや上に位置し、目からは遠く離れています。遠く離れた位置のツボがほんとうに目に効くものだろうかと、疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。

 私自身もこの点に関して興味を持ち、いくつかの実験で調べてみました。
 まず、第一の実験では、光明のツボを鍼で刺激して、それによって眼底血流量がどう変わったかを計測しました。その結果、光明への刺激によって、眼底血流量が有意に増加することがわかりました。

 続いて、足にあるいくつかのほかのツボと比較しました。足にあるほかのツボでも、光明と同様の効果が出ているかもしれません。この点を確かめました。
 すると、足のほかのツボは、ほとんど目に影響を与えておらず、光明だけが飛び抜けて眼底血流量がふえるとわかりました。

 さらに私たちは、3番目の実験を行いました。

 目の特効ツボとされる、手の合谷(手の親指と人差し指の骨の交わるところ)や腕の曲池(腕を曲げたときに親指側に現れるシワの先端)などとの眼底血流量の比較です。
 その結果、合谷なども、刺激すると確かに眼底血流量が増加していました。しかし、光明ほど眼底血流量がふえるツボはなかったのです。

 こうした実験結果から、光明は昔からいわれてきたとおり、目に対して非常によい影響を及ぼすツボであることが確かめられたのです。

間違いなく視機能が高まる!

 さて、光明を刺激すると、実際にはどんな効果が期待できるでしょうか。

 眼底の血流量が増加するということは、眼底だけに限らず、目全体や周辺組織の血行も改善されるということで、視機能が高められることは間違いありません。眼精疲労の解消や視力アップなど、多くの効果が期待できると考えられます。

 また、正常眼圧緑内障では、眼底の血行が顕著に低下するとされています。そこで眼底の血流量を上げる光明への刺激は、正常眼圧緑内障にも有効ではないかと考えられるのです。

 ところで、光明への刺激がこのような効果をもたらすのは、なぜでしょうか。

 東洋医学的には、目と関連が深いのは、肝とされています。光明は、胆経という経絡(一種の生命エネルギーである気の通り道)に属するツボですが、実はこの胆経というのは、肝経という経絡と表裏一体の関係にあるため、胆経の光明への刺激が肝経の経絡の流れをよくし、目の働きを高めるのではないかと考えられるのです。

 また、西洋医学的には、光明への刺激は、脊髄(脳と体の各部を連絡する組織)を通じて、一度、脳にまでさかのぼり、次に脳から顔面神経を介して、NO(一酸化窒素)の産生を促すと推測されます。NOには、血管拡張作用がありますから、それで眼底などの血流量も増加するのではないでしょうか。 

ツボの探し方・刺激のやり方

 では、光明のツボの探し方を説明しましょう。

 外くるぶしの先端と、ひざを深く折ったとき、ひざ裏にできるシワのラインとを結びます。この線分を16に分割して、下から5番目の高さです。おおまかにいえば、この線分を3つに分割したとき、下から3分の1のポイントのやや下ということになります。この高さで、脛骨と腓骨という足の2本の骨のうち、後方の腓骨の前へりで、押すと圧痛のあるところです。

 次に、光明の刺激のやり方です。つまようじを10本ほど用意し、それを輪ゴムでしっかり束ねます。これを使って、光明のツボを軽くトントントンとたたきます。時間は、30秒〜1分くらい。ツボの位置の皮膚が赤くなってきたら、それで刺激はじゅうぶんという証拠です。この刺激を一日に数回くり返しましょう。

 また、米粒を光明の位置に絆創膏などではりつける方法もあります。一度はったら、一日じゅうはりっぱなしにしてかまいません。
 光明というツボは、現代においても、さまざまな目の健康効果が期待できるツボであることは間違いありません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


緑内障 ツボ

関連する投稿


咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


騒音性耳鳴りとストレスによるめまいが改善!この「ツボ」を知っておくと安心です

騒音性耳鳴りとストレスによるめまいが改善!この「ツボ」を知っておくと安心です

鍼治療を7〜8回受けてめまいはほぼ消え、薬をやめることができました。自分で行うツボ押しは、いまや私にとって絶対に必要なものとなっています。いざというとき、自分で対処できる方法を持っているのは、実に安心感があります。めまいに対する不安がなくなり、非常に楽です。【体験談】川本理恵子(仮名・会社員・43歳)


【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)


グルグルめまいを即改善!手首の特効ツボ「内関」の押し方・探し方

グルグルめまいを即改善!手首の特効ツボ「内関」の押し方・探し方

皆さんは、ふとしたときに起こるめまいや、さまざまな理由で起こる吐き気、乗り物酔いで困ったことはありませんか。そんな場合にお勧めしたいセルフケア法があります。それは、手首にある「内関」というツボを指圧する方法です。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)