医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

酢やレモンを食事にかけて血糖値上昇を抑える!糖尿病や肥満の予防方法

血糖値の急激な上昇を抑えるための食材は、酢と牛乳です。ご飯にキュウリの酢の物を合わせれば「ご飯だけ」より食後血糖値の上昇がゆるやかに。同じキュウリでも、漬物で血糖値は上がりやすくなってしまいます。酢の代わりに、レモンやライム、スダチやユズも効果的です。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


解説者のプロフィール

林 進
1956年生まれ。
東京慈恵会医科大学附属病院、同附属第三病院、同附属青戸病院(現・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)などでの勤務を経て、2013年より現職。
『低GIご飯が血糖値を下げる』(NHK出版)、など、著書・監修書多数。

酢の物を一緒に食べると血糖値が上がりにくい

 糖尿病や肥満を予防するためには、食後の血糖値の上昇をなるべくゆるやかにすることが大切です。そのためには、「食事の量を減らさなくては」「ごはんやパンは極力食べないようにしなくては」と考えている人も多いのではないでしょうか。

 でも、大丈夫。血糖値の急激な上昇を抑えるために、強力な助っ人となる食材があります。それは酢と牛乳です。この項では酢についてご紹介します。

 さて、皆さんは、GI値をご存じでしょうか。グリセミック・インデックスの略で、糖質を摂取したことによる食後血糖値の上昇度合を示す指標です。つまり、その食品に含まれる「糖質の吸収度合」です。

 食事をすれば誰でも血糖値は上がりますが、GI値の高い食品は血糖値が急激に上がり、GI値の低い食品は血糖値の上昇がゆるやかになります。
 ごはんより、食パンやジャガイモのほうがGI値は高く、そばやパスタは、ごはんよりGI値が低くなります。

 しかし、食事というのは、食材を単品だけで取ることはありません。近年の研究では、食品の組み合わせでGI値が変化することがわかっています。
 現在、神奈川県立保健福祉大学教授である杉山みち子氏らによって、2003年に全国規模で計測されたデータがあります。ごはん食にさまざまな食品を組み合わせることで、GI値がどうなるかを調べたものです。この実験で116品目のGI値が明らかになりました。

 それによると、白ごはん1膳にキュウリの酢の物を付け合わせるだけで、白ごはんだけを食べたときより食後血糖値の上昇がゆるやかになるということがわかりました。
 また、同じキュウリでも、漬物になると、血糖値は逆に上がりやすくなってしまいます。つまり、酢が血糖値の急激な上昇を防ぐのです。

酢の酢酸成分が糖質の消化を遅らせる

 酢が食後の血糖値を上げにくくするのは、酢に含まれるすっぱい成分である酢酸の働きによります。

 酢は、まず口の中のだ液に含まれる消化酵素の働きを弱めます。消化酵素は、糖質の分解を助ける役割をしますが、その力が弱まることで、消化がゆっくりになるのです。

 そしてもう一つ、酢酸には、食べ物を胃から小腸に送り出す時間を遅くする働きがあります。これも消化を遅らせる要因となります。

 グラフをご覧ください。2011年に発表された、日本GI研究会による実験データです。
 カップラーメンを普通に作り、それに酢を入れた場合と入れない場合それぞれの血糖値の推移を観察しました。カップラーメンに加えた酢の分量は、30g(約大さじ2杯)です。

 すると、酢を入れて食べたほうが、明らかに血糖値の上昇がゆるやかになっていることがわかります。

レモンでも同じ効果がある

 血糖値の上昇をゆるやかにするため、ぜひ食事に酢を取り入れましょう。酢が合う料理は、意外にたくさんあります。

 ギョウザや冷麺、野菜炒めなど、中華料理にはたいがい合いますし、チャーハンや焼きそばにかけてもおいしくいただけます。あらかじめ、酢を入れて食べることを勧めているラーメン店もあるようです。

 酢にコショウを入れただけでギョウザをいただくのもお勧めです。酢には塩味を引き立たせる効果があるので、しょうゆをかけなくても、素材の味わいが引き立って、おいしく食べられます。こうすると、減塩できるという大きなメリットもあります。

 そのほか、衣が気になる鶏のから揚げにも、酢やレモン汁をかけて召し上がってください。焼き魚や焼き鳥、意外なところでは納豆やカレーにも合うという声を聞いたことがあります。
 1回の食事で、だいたい大さじ1杯弱程度の酢を取れば、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

 酢の種類は、入手しやすい穀物酢が、味わいもさっぱりしていますし、値段も手ごろでよいかと思います。もちろん、その他の米酢や果実酢、黒酢など、お好みのもので構いません。

 血糖値の上昇を防ぐ効果は、すっぱさのもとである酢酸によるものなので、酢の代わりに、レモンやライム、スダチやユズなどの柑橘類を使っても、同じような効果が得られます。

 食卓にぜひ酢を入れた小びんを用意し、手軽にいろんな料理にかけてみましょう。自分だけの「おいしい組み合わせ」を見つけてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

美魔女に聞いた「レモン」活用術 強い紫外線にすら負けない最強美肌ドリンク

日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)


【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)