MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【糖尿病患者は栄養不足】9割が血糖値改善 合併症の予防にも著効の食事療法

【糖尿病患者は栄養不足】9割が血糖値改善 合併症の予防にも著効の食事療法

糖尿病は「食べ過ぎが原因の肥満した人の病気」だと思われていますが、「栄養不足」が高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。「飽食の現代に栄養不足?」と疑問に思うかもしれません。食事療法などを指導した糖尿病患者さんの9割に血糖値の改善効果が出ていることからも、原因の一つだと考えられます。【解説】笠原友子(薬剤師)

亜鉛が豊富な牡蠣がお勧め

栄養不足で糖尿病になる!

 糖尿病は、「食べ過ぎが原因の肥満した人の病気」だと思われていますが、実はそうではありません。「栄養不足」が高血糖を引き起こし、糖尿病になるのです。
「飽食の現代に栄養不足?」と疑問に思うかもしれません。

 でも、私が不足した栄養素を補う食事療法などを指導した糖尿病患者さんの9割に、血糖値の改善効果が出ていることからも、栄養不足が大きな原因の一つであることは、間違いないと確信しています。
 足りない栄養素の中で、特に必要なのが亜鉛です。

 国立健康・栄養研究所で長年栄養の研究をされていた西牟田守先生は、15年以上前から亜鉛と糖尿病のかかわりを指摘されています。私が亜鉛に目を向けるようになったのも、その論文がきっかけでした。
 食事の後は、糖質から作られたブドウ糖が血液中にたくさんあります。エネルギー源として使うために、ブドウ糖を細胞に取り込むには、インスリンというホルモンが必要です。インスリンが十分に働くために必要な栄養素の一つが、インスリンの原料である亜鉛です。

 亜鉛が不足すると、血糖コントロール機能を悪化させるだけでなく、膵臓のインスリン分泌機能にも悪影響が出ます。加齢に伴って、尿中に排泄される亜鉛の量が増えることも、中高年の糖尿病発症の一因だと思います。
 高血糖は、全身の血管で活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)を発生させます。亜鉛は、活性酸素を除去するSODという酵素の材料にもなるのです。

 亜鉛は、網膜症(カメラのフィルムの役目をする網膜に損傷が生じる病気)、腎症、神経障害という糖尿病の合併症の予防にも有効です。
 目、腎臓、筋肉、骨髄など、活性の高い組織には、亜鉛が多く貯蔵されています。
 例えば、目。目の網膜の後ろにある脈絡膜には、大量の亜鉛があります。目は常に紫外線にさらされていて、活性酸素の害を受けやすい上、目や腎臓は、インスリンがなくてもブドウ糖を取り込める細胞なので、高血糖で発生した活性酸素の消去に亜鉛が必要となります。

 ところが、亜鉛が体内に不足すると、そこから亜鉛を取り出して使ってしまいます。高血糖の場合、大量のインスリンを作るのに亜鉛が多く必要になります。
 目や腎臓、筋肉から亜鉛を取り出して、インスリン合成やエネルギーの変換、活性酸素の消去に回すことになり、本来、亜鉛が必要なところで不足するので、合併症を引き起こしやすくなるのです。

亜鉛を勧める笠原先生

食べる順番も大切!

 糖尿病の改善のために、患者さん自身に取り組んでほしいのが、食生活の見直しです。そこで私は、亜鉛が不足しない食生活を患者さんに提案していますが、ポイントは二つあります。

 まず、亜鉛を含む食品を積極的に取ること。
 亜鉛を多く含む食品の代表格は、貝のカキ。また、牛もも肉、豚ヒレ肉、木綿豆腐などにも多く含まれています。これらは、いずれも糖質が少なく、たんぱく質が豊富なのでお勧めです。左の表を参考にしてください。

 二つめのポイントは、なるべく亜鉛を尿中に捨てないこと。
 例えば、みそ汁のだしなどに使いがちな市販の旨味調味料。その中の成分が亜鉛とくっつきやすく、亜鉛を尿中に排泄するので、だしは、亜鉛を多く含む煮干しで取るように指導しています。日ごろから、亜鉛を含む食品を取って、亜鉛を捨てる物をやめるようにすれば、その差はとても大きなものになります。

 食べる順番も大切です。糖尿病の人は、ごはんなどの糖質が大好き。ごはんから食べ始めるので、糖質を取り過ぎてしまいます。そこで、おかずや具だくさんのみそ汁を先に食べ、ごはんを最後に食べると、おかずでおなかがいっぱいになるので、ごはんは少量で済みます。

 また、よくかんで食べると、満腹を感じやすくなるうえに、微量栄養素の吸収が促されるので、一口30回かんで食べるようにアドバイスしています。
 食事療法だけで改善しない患者さんには、亜鉛の天然栄養補給食(カキ肉エキス)を勧めています。ただし、過剰摂取は逆効果なので注意が必要です。まずは血液検査で体調を把握し、亜鉛を上手に補給して、糖尿病の改善に役立ててください。

亜鉛が豊富な食品

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)
更新: 2018-11-25 12:00:00
現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)
更新: 2018-10-17 12:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt