【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


自覚症状が現れる前に見つけるための検査項目

 腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。
 比較的早く表れる自覚症状としては、
「尿が泡立ちやすく、その泡がなかなか消えない」「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「頻尿(特に夜間)」などがあり、進むにつれて、むくみ、倦怠感、血圧上昇なども起こります。
 これらの症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。そのための主な検査法には、以下のものがあります。

尿検査でわかる重要な項目

・尿たんぱく

 尿に含まれるたんぱく質の総量で、「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」で示します。健康な人でもある程度検出されることがありますが、原則的には、多いほど腎臓の大きなダメ―ジを示します。
 +の結果が出たら、必ず詳しい検査を受けましょう。その結果が異常なしでも、一度でも+になった人は、潜在的に腎機能が低下しやすい体質だと思われますので、年に一度は検査を受けることをお勧めします。
 また、たんぱく尿に加えて、血尿も出ている場合は、腎機能が急激に低下する病気の危険性もあるので、やはり早急に受診することが必要です。

・尿アルブミン値

 アルブミンは、血中に最も多いたんぱく質で、通常は尿にごく微量しか出ませんが、腎臓が障害されると出始めます。それが微量に出た段階でチェックできるのが、「微量アルブミン尿検査」です。
 尿たんぱくや、後述する血清クレアチニンより早く、腎機能の低下がチェックできます。特に、糖尿病で糖尿病性腎症が疑われる場合、早期に行うべき検査法です。

→初期腎症の進行がわかる微量アルブミン尿検査とは

血液検査でわかる重要な項目

・クレアチニン値

 クレアチニンは、筋肉が壊れて生じる老廃物で、本来、血液によって腎臓に運ばれ、こし採られて尿中に排出されます。しかし、腎臓のろ過機能が低下すると血中に増えてきます。血液1㎗中に、それが何㎎あるかを示すのがクレアチニン値です。この値は、腎臓のろ過能力を示し、高いほどその力が落ちていることを意味します。
 しかし、健康な状態を100%として、何%落ちているか、逆に言うと何%残っているかは、性別・年代によっても違うため、単に正常値との比較だけではわかりません。

・腎機能=eGFR (推算糸球体ろ過量)

 そこで、性別・年代別に、クレアチニン値によって、残存している腎臓のろ過能力がわかる早見表が作られています。それが下の表です。
 クレアチニン値は、職場や地域の健康診断で調べる場合が多いのですが、検査項目にない場合は、どこの医療機関でも簡単に調べられますので、定期的に調べてもらうといいでしょう。
 クレアチニン値がわかったら、上の表の中で、ご自分の性別・年代と、その数値に該当するところを見てください。それが、あなたの腎機能(ろ過能力)です。この値をeGFR(推算糸球体ろ過量)といい、単位は㎖/分/1・73㎡です(以下単位略)。
 図示したステージのうち、遅くともステージ2(eGFR60未満)になったら、医療機関を受診し、たんぱく質制限などの食事療法を始める必要があります。
 ステージ3以降は、腎臓専門医による治療が必要となり、ステージ4以降では透析療法の検討や準備が必要になります。

 とはいえ、種々の条件にもよりますが、この段階でもしっかりと危機感を持って食事・生活改善に取り組み、適切な治療を受ければ、腎機能を温存しながら透析療法を回避し、長く過ごせる場合も多いのです。
 ぜひ、今のご自分の腎機能を正確に把握し、早めに適切な対策をとってほしいと思います。

腎機能がひと目でわかる早見表(女性用)

腎機能がひと目でわかる早見表(男性用)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)