【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

【大学教授】ひざ痛、 腰痛の原因は「浮き指」――足指じゃんけんで治る!

歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。病院や治療院に行ってもなかなか治らない。痛みや症状のせいで気力までも失うことになり、せっかくのシニア生活が満喫できないなんて、本当にもったいないと思います。もし私なら、まず「浮き指」を疑います。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)


男性にも浮き指は多い。

日本人女性の7割 男性の6割が浮き指

 歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。病院や治療院に行ってもなかなか治らない。結局は年のせいか。しばらく家でおとなしくしていよう。
 ――こんなケース、意外と多いのです。痛みや症状のせいで気力までも失うことになり、せっかくのシニア生活が満喫できないなんて、本当にもったいないと思います。
 もし私なら、まず「浮き指」を疑います。

 浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。
 浮き指の人は、立っているときに、床に足の指が触れていないか、触れていてもほとんど力が入っていない状態です。
「え? 足の指が床に着いていない? そんな人は特別でしょ」と思う人もいるかもしれません。30年近く「足と健康」の関係について研究を重ねてきた私も、最初はそう思っていました。

 浮き指の問題に直面したのは、4年前です。
 ある幼稚園の園児の足を調べたところ、約9割の園児に浮き指の兆候があったのです。それ以降、詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。
 つい最近、私が『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)で、何人かの芸能人の足を調べたところ、ほとんどの人が浮き指。なかでも、オリンピック代表選手の足が浮き指だったことで、スタジオ中が騒然となりました。

浮き指とは

浮き指が進行すると

割りばしを使う 自己チェック法

 浮き指の原因はいくつか考えられますが、一つは、足の指を使わないことによる「足底筋(足の裏の筋肉)の衰え」です。
 もう一つは、「かかと重心・足の外側接地」です。足底筋が衰えると姿勢が不安定になるため、かかとや足の外側で重心を取ろうとします。それが、歩行時のけり出しを弱め、足指の機能をさらに低下させるのです。

 そしてもう一つ、靴の影響があります。特に、先が細いデザインや、ヒールがある靴は、靴に押されて指が浮き上がりやすいといえるでしょう。
 本来、正しい立ち方は、①足指、②足指の付け根、③かかと、の3点で重心を取るものです。ところが浮き指の場合、足指がまったく機能していないので2点重心になります。

 不安定な状態は、かかと重心や足の外側接地を深刻にします。すると、体は無意識のうちに、後ろに転ばないよう、顔や肩を前に出してバランスを取るようになり、ネコ背やO脚になっていくのです。
 冒頭の、「歩くとひざが痛くなる」「腰が重くなる」「どっと疲れが出る」は、まさにこれまで説明したような機序で、症状が現れているケースといえるのです。
 とはいえ、浮き指は自覚症状がないので、なかなか自分では気付きません。そこで、私が考案した自己チェック法をご紹介します。
 

浮き指のチェック法

まず、割りばしを用意します。
割りばしを割り、十字に組んで、輪ゴムで固定します。
十字に組んだ割りばしを足裏に当てたとき、足の指と、割りばしのすき間が1㎝以上あったら浮き指です。

理想的な歩き方 「あおり歩行」

 しかし、安心してください。浮き指は、自分で改善することができます。
 お勧めは、「足指じゃんけん」です。足の指を、グー、チョキ、パーの形にして、よく動かします。グー、チョキ、パーを1セットとして、10セット。これを1日2回程度行えばいいでしょう。チョキをすると足がつりそうだという人は、グーとパーだけでもOKです。

「歩き方」でも、浮き指は改善します。理想的な歩き方を「あおり歩行」といい、かかとの外側、小指の付け根、親指の付け根の順番で接地し、けり出すさいに、親指、人さし指、中指を使うという歩き方です。

 靴の選び方も重要です。
 きつ過ぎず、ゆる過ぎない自分の足にあったサイズと形。さらに、靴底が薄いほうが地面に接している感覚があって、足指を使えるでしょう。

 私は、親指の部分が分かれた、底の薄いスニーカーを愛用しています。もちろん、5本指の靴下もはいています。
 しかし、浮き指の改善にいちばん理想的な履物は、草履です。
 足の親指と人さし指で鼻緒をつかもうとするので、足の指全体に力が入り、「足指力」が高まるのです。
 このように、足指をしっかり使った歩き方は、痛みや症状を改善するだけでなく、若々しさを保つ源泉になるはずです。

阿久根先生が愛用する、親指部分が分かれたスニーカー

浮き指の改善法

「歩き方も大事」と阿久根先生

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング