【牛乳コップ1杯の効果】食事時に飲むと血糖値が上がりにくくなる 低脂肪乳でも良い

【牛乳コップ1杯の効果】食事時に飲むと血糖値が上がりにくくなる 低脂肪乳でも良い

皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


コップ1杯の牛乳に、血糖値を下げる薬と同じ効果があることが判明

 読者の皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。
お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。

 食事に牛乳というと、学校給食の風景を思い出されるかたもいると思いますが、特に牛乳が苦手ではなく、食事を制限せずに食べたいという人には、ぜひお勧めします。

 グラフをご覧ください。
 これは、城西大学薬学部の金本邦男教授らが行った比較実験の結果です。7名の健康な人を対象に、白いごはんを食べた後の血糖値の上昇の推移を、
①白米のみ(何も飲まない)
②白米と牛乳
③白米と血糖降下薬0・2mg
④白米と血糖降下薬0・3mg

 以上の4パターンで観察しました。
 牛乳はコップ1杯です。血糖降下薬は、「ボグリボース」というα‐グルコシターゼ阻害薬で、腸における糖分の消化吸収を遅らせて血糖値の急上昇を抑えます。

 実験の結果、牛乳を飲むと、飲んでいないときより血糖値の上昇が抑えられることが判明しました(折れ線グラフ①と②参照)。
 しかもその効果は、折れ線グラフ②と④を見てもわかるように、薬と同等以上です。たったコップ1杯の牛乳が、血糖降下薬と同じ効果があるというのは、注目に値するでしょう。

牛乳にはインスリン抵抗性症候群を改善する効果がある。牛乳が苦手な人はヨーグルトやチーズでも良い

 牛乳が血糖値を上げにくくするのはどうしてでしょうか。

 それは、牛乳に含まれている「乳糖」という成分自体の分解に時間がかかるため、食事全体の消化吸収速度がゆっくりになるからです。
 加えて、乳脂肪の働きによって、食べたものが胃から腸に移行するのがゆっくりになることも、糖分の吸収を遅らせる一因であると考えられています。

 また、インスリンが膵臓から分泌されているのに、分泌されたインスリンの働きが弱まってしまっている状態を「インスリン抵抗性症候群」といいます。

 牛乳には、このインスリン抵抗性症候群を改善する働きがあるといわれています。つまり、分泌されたインスリンの働きそのものをよくする作用が期待できるのです。

 インスリン抵抗性症候群は、糖尿病の発症だけでなく、高血圧や高脂血症とも深く関わっているといわれています。牛乳でぜひともインスリンの働きをよくしましょう。

 なお、これらの牛乳の作用は、他の乳製品にも当てはまります。牛乳がどうしても苦手なかたは、ヨーグルトやチーズといった牛乳以外の乳製品を食事に加えましょう。

 カレーにヨーグルトを加えたり、シチューにスキムミルクを入れたり、パスタに粉チーズをかけたりするとよいでしょう。塩分の取りすぎに注意しながら、うまく組み合わせてみてください。

 1回の食事で飲む牛乳の量は、小さなコップ1杯(約100ml)ほどを目安にしましょう。
 別の研究では、牛乳を飲むのは食前でも食後でも変わらず効果のあることがわかっています。もちろん、食事中でも構いません。ただし、食前や食後に1時間も空けてから飲んでも意味がなくなってしまうので、その点は注意してください。

 牛乳の脂肪分が気になる人は、血糖値の上昇を抑える効果は若干劣りますが、低脂肪乳を飲んでもいいでしょう。食事療法は長く続けてこそ効果があります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)