MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【食事時の牛乳1杯の効果】血糖値上昇が抑えられ、糖尿病の発症リスク改善!

【食事時の牛乳1杯の効果】血糖値上昇が抑えられ、糖尿病の発症リスク改善!

皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)

解説者のプロフィール

林 進
1956年生まれ。
東京慈恵会医科大学附属病院、同附属第三病院、同附属青戸病院(現・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)などでの勤務を経て、2013年より現職。
『低GIご飯が血糖値を下げる』(NHK出版)、など、著書・監修書多数。

コップ1杯の牛乳に、血糖値を下げる薬と同じ効果があることが判明

 読者の皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。
お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。

 食事に牛乳というと、学校給食の風景を思い出されるかたもいると思いますが、特に牛乳が苦手ではなく、食事を制限せずに食べたいという人には、ぜひお勧めします。

 グラフをご覧ください。
 これは、城西大学薬学部の金本邦男教授らが行った比較実験の結果です。7名の健康な人を対象に、白いごはんを食べた後の血糖値の上昇の推移を、
①白米のみ(何も飲まない)
②白米と牛乳
③白米と血糖降下薬0・2mg
④白米と血糖降下薬0・3mg

 以上の4パターンで観察しました。
 牛乳はコップ1杯です。血糖降下薬は、「ボグリボース」というα‐グルコシターゼ阻害薬で、腸における糖分の消化吸収を遅らせて血糖値の急上昇を抑えます。

 実験の結果、牛乳を飲むと、飲んでいないときより血糖値の上昇が抑えられることが判明しました(折れ線グラフ①と②参照)。
 しかもその効果は、折れ線グラフ②と④を見てもわかるように、薬と同等以上です。たったコップ1杯の牛乳が、血糖降下薬と同じ効果があるというのは、注目に値するでしょう。

牛乳にはインスリン抵抗性症候群を改善する効果がある。牛乳が苦手な人はヨーグルトやチーズでも良い

 牛乳が血糖値を上げにくくするのはどうしてでしょうか。

 それは、牛乳に含まれている「乳糖」という成分自体の分解に時間がかかるため、食事全体の消化吸収速度がゆっくりになるからです。
 加えて、乳脂肪の働きによって、食べたものが胃から腸に移行するのがゆっくりになることも、糖分の吸収を遅らせる一因であると考えられています。

 また、インスリンが膵臓から分泌されているのに、分泌されたインスリンの働きが弱まってしまっている状態を「インスリン抵抗性症候群」といいます。

 牛乳には、このインスリン抵抗性症候群を改善する働きがあるといわれています。つまり、分泌されたインスリンの働きそのものをよくする作用が期待できるのです。

 インスリン抵抗性症候群は、糖尿病の発症だけでなく、高血圧や高脂血症とも深く関わっているといわれています。牛乳でぜひともインスリンの働きをよくしましょう。

 なお、これらの牛乳の作用は、他の乳製品にも当てはまります。牛乳がどうしても苦手なかたは、ヨーグルトやチーズといった牛乳以外の乳製品を食事に加えましょう。

 カレーにヨーグルトを加えたり、シチューにスキムミルクを入れたり、パスタに粉チーズをかけたりするとよいでしょう。塩分の取りすぎに注意しながら、うまく組み合わせてみてください。

 1回の食事で飲む牛乳の量は、小さなコップ1杯(約100ml)ほどを目安にしましょう。
 別の研究では、牛乳を飲むのは食前でも食後でも変わらず効果のあることがわかっています。もちろん、食事中でも構いません。ただし、食前や食後に1時間も空けてから飲んでも意味がなくなってしまうので、その点は注意してください。

 牛乳の脂肪分が気になる人は、血糖値の上昇を抑える効果は若干劣りますが、低脂肪乳を飲んでもいいでしょう。食事療法は長く続けてこそ効果があります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt