医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【食事時の牛乳1杯の効果】血糖値上昇が抑えられ、糖尿病の発症リスク改善!

【食事時の牛乳1杯の効果】血糖値上昇が抑えられ、糖尿病の発症リスク改善!

皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。【解説】林進(東京慈恵会医科大学附属柏病院栄養部・管理栄養士)


解説者のプロフィール

林 進
1956年生まれ。
東京慈恵会医科大学附属病院、同附属第三病院、同附属青戸病院(現・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)などでの勤務を経て、2013年より現職。
『低GIご飯が血糖値を下げる』(NHK出版)、など、著書・監修書多数。

コップ1杯の牛乳に、血糖値を下げる薬と同じ効果があることが判明

 読者の皆さんの食事のお伴は、どんな飲み物でしょうか。
お水やお茶という人が多いと思いますが、血糖値が気になる人は、ぜひ食事どきに1杯の牛乳を飲んでください。

 食事に牛乳というと、学校給食の風景を思い出されるかたもいると思いますが、特に牛乳が苦手ではなく、食事を制限せずに食べたいという人には、ぜひお勧めします。

 グラフをご覧ください。
 これは、城西大学薬学部の金本邦男教授らが行った比較実験の結果です。7名の健康な人を対象に、白いごはんを食べた後の血糖値の上昇の推移を、
①白米のみ(何も飲まない)
②白米と牛乳
③白米と血糖降下薬0・2mg
④白米と血糖降下薬0・3mg

 以上の4パターンで観察しました。
 牛乳はコップ1杯です。血糖降下薬は、「ボグリボース」というα‐グルコシターゼ阻害薬で、腸における糖分の消化吸収を遅らせて血糖値の急上昇を抑えます。

 実験の結果、牛乳を飲むと、飲んでいないときより血糖値の上昇が抑えられることが判明しました(折れ線グラフ①と②参照)。
 しかもその効果は、折れ線グラフ②と④を見てもわかるように、薬と同等以上です。たったコップ1杯の牛乳が、血糖降下薬と同じ効果があるというのは、注目に値するでしょう。

牛乳にはインスリン抵抗性症候群を改善する効果がある。牛乳が苦手な人はヨーグルトやチーズでも良い

 牛乳が血糖値を上げにくくするのはどうしてでしょうか。

 それは、牛乳に含まれている「乳糖」という成分自体の分解に時間がかかるため、食事全体の消化吸収速度がゆっくりになるからです。
 加えて、乳脂肪の働きによって、食べたものが胃から腸に移行するのがゆっくりになることも、糖分の吸収を遅らせる一因であると考えられています。

 また、インスリンが膵臓から分泌されているのに、分泌されたインスリンの働きが弱まってしまっている状態を「インスリン抵抗性症候群」といいます。

 牛乳には、このインスリン抵抗性症候群を改善する働きがあるといわれています。つまり、分泌されたインスリンの働きそのものをよくする作用が期待できるのです。

 インスリン抵抗性症候群は、糖尿病の発症だけでなく、高血圧や高脂血症とも深く関わっているといわれています。牛乳でぜひともインスリンの働きをよくしましょう。

 なお、これらの牛乳の作用は、他の乳製品にも当てはまります。牛乳がどうしても苦手なかたは、ヨーグルトやチーズといった牛乳以外の乳製品を食事に加えましょう。

 カレーにヨーグルトを加えたり、シチューにスキムミルクを入れたり、パスタに粉チーズをかけたりするとよいでしょう。塩分の取りすぎに注意しながら、うまく組み合わせてみてください。

 1回の食事で飲む牛乳の量は、小さなコップ1杯(約100ml)ほどを目安にしましょう。
 別の研究では、牛乳を飲むのは食前でも食後でも変わらず効果のあることがわかっています。もちろん、食事中でも構いません。ただし、食前や食後に1時間も空けてから飲んでも意味がなくなってしまうので、その点は注意してください。

 牛乳の脂肪分が気になる人は、血糖値の上昇を抑える効果は若干劣りますが、低脂肪乳を飲んでもいいでしょう。食事療法は長く続けてこそ効果があります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

【糖尿病になったら】毛細血管の血流を良くすることが大切 合併症を防ぐ運動

「眼科で糖尿病を調べてもらえといわれて…」と、私のクリニックを受診されたYさん。視力の低下も糖尿病からくる網膜症と判明。眼底検査でも網膜には出血や白斑がずいぶん見られました。食事療法とともに、「毛管運動」を続けてもらったところ、劇的ともいえる改善が見られました。【解説】渡辺完爾(渡辺医院院長)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

年々高くなる血糖値がゴーヤ茶でみごと正常化!治療の必要がないと医師太鼓判

食事の際の炭水化物を減らしてみましたが、あまり効果がありません。思いもかけず効果を上げたのが、「ゴーヤ茶」でした。しだいに高くなる血糖値が気になっていたので、正常化してほんとうによかったと思います。もともとはガン予防のために始めたゴーヤ茶が、血糖値を下げるのにこんなにも役立ちました。【体験談】増田とく子(主婦・73歳)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)