MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腰部脊柱管狭窄症は3タイプ】足やお尻の痺れ 症状別の治療法、手術について

【腰部脊柱管狭窄症は3タイプ】足やお尻の痺れ 症状別の治療法、手術について

腰部脊柱管狭窄症は、なんらかの原因により、腰椎の中の神経が通る空間(脊柱管)が狭くなり、そこを通る神経や血管が圧迫されることで、さまざまな症状を引き起こす病気です。先天的に脊柱管が狭いためになる人もいますが、多くは中高年以降に症状が現れます。【解説】紺野愼一(福島県立医科大学医学部整形外科学講座教授)

腰部脊柱管狭窄症は3タイプに分類される

 腰部脊柱管狭窄症は、なんらかの原因により、腰椎の中の神経が通る空間(脊柱管)が狭くなり、そこを通る神経や血管が圧迫されることで、さまざまな症状を引き起こす病気です。
 先天的に脊柱管が狭いためになる人もいますが、多くは中高年以降に症状が現れます。加齢に伴い、脊柱の変形が生じやすくなるため、高齢になるほど多くなる病気なのです。
 腰や足の痛みのほか、多彩な症状が現れます。特に、「少し歩くと腰から足に強いしびれや痛みが出て歩けなくなるが、しばらく休むと痛みが治まる」という症状(間欠跛行)が見られるのが特徴です。
 腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管を通る神経のうちのどの神経が圧迫されているかによって、3タイプに分類されます。タイプによって現れる症状や治療方針も異なるため、しっかり区別することが大事です。タイプ別に説明します。

①神経根型

背骨から出る神経の根元(神経根)が圧迫されて起こるタイプ。左右どちらかの片側だけ圧迫されることが多く、圧迫された側に痛みやしびれ、間欠跛行が現れます。

②馬尾型

馬尾とは、脊柱管を通る末梢神経の束のこと。馬尾が障害されると、体の広い範囲に多様な症状が現れます。左右両側の腰やお尻、足にかけての広い範囲にしびれやマヒが生じるほか、間欠跛行ばかりでなく、灼熱感(熱く感じること)や脱力感が起こることもあります。馬尾は膀胱や直腸の働きにも関係し、排尿や排便の障害、会陰部のほてり、異常な勃起などが起こることもあります。

③混合型

神経根型と馬尾型が合わさったタイプで、両方の症状が現れます。

 神経根型は、比較的、治りやすく、馬尾型や混合型は、悪くなると、根治が難しいのです。早期発見と正しい診断に基づく治療が重要になりますが、腰部脊柱管狭窄症には、まだ明確な診断基準がなく、見過ごされてしまうこともあるのです。

脊柱管狭窄症のサポートツール

 一般には、問診で患者さんの訴えを聞いた上で、X線やMRI(磁気共鳴画像診断)などの検査を行って診断します。画像所見だけでは診断が難しく、脊椎の専門医でも、腰部脊柱管狭窄症の分類を正確にできるとは限りません。多彩な症状が現れるため、他の病気と間違われることも少なくありません。
 そこで、私たち東北腰部脊柱管狭窄研究会(医師による研究グループ)では、患者さんの自覚症状から自己チェックできる問診票を開発しました(下の「自記式診断サポートツール」)。

 最初の四つのすべてに「はい」であれば、腰部脊柱管狭窄症。一つも当てはまらなければ、腰部脊柱管狭窄症ではないと考えられます。一つ以上当てはまる場合は、続く質問項目の答えで判断していきます。
 このツールだけでもかなり高い精度で診断ができ、海外でも利用されています。チェックをして腰部脊柱管狭窄症の疑いがある人は、必ず専門医を受診してください。神経根型の場合、薬物療法やコルセット装着などの保存療法を3ヵ月ほど継続すれば、ほとんどの患者さんで症状の改善が期待できます。

症状改善のお勧めは、自転車こぎ

 薬物療法では、非ステロイド系の鎮痛薬や、下肢(足)の血流を改善して、しびれを和らげる薬(プロスタグランジン製剤)がよく用いられます。抗うつ薬や抗てんかん薬を用いることもあります。これらが神経に働きかけて痛みを和らげます。

 馬尾型や混合型で、神経がかなり障害されている場合、保存療法ではなかなか症状を改善できず、手術が検討されます。手術は、神経を圧迫している椎弓を切除し、圧迫を取り除く「除圧術」という手術が一般的です。椎骨のずれ(脊椎すべり症)がある場合には、さらにずれないように固定する手術を行うこともあります。

 多くの場合、手術によって症状が改善し、生活の質も向上します。ただ、傷ついた神経は元に戻らないため、しびれの症状などは残ることがあります。
 いずれのタイプでも、運動することが大事です。痛いからといって体を動かさずにいると、骨や筋肉がどんどん衰え、寝たきりになってしまいます。なるべく体を動かしてください。

 お勧めは、自転車こぎです。自転車をこぐ姿勢は自然と前かがみになるため、脊柱管が広がり、神経の圧迫が軽減されます。腰に負担をかけずに運動できるわけです。安全性を配慮すれば、屋内でエアロバイクを使い、1日に10〜30分の自転車こぎを行うのがいいでしょう。なかには、自転車こぎを毎日行ったら、脊柱管狭窄症が治ってしまったという人もいました。

「おすすめは自転車こぎ」と紺野先生

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt