MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】腹巻き一体型パンツで生理痛や腰痛が解消!

【医師解説】腹巻き一体型パンツで生理痛や腰痛が解消!

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)

腸や子宮を温め、冷え症や生理痛の症状を改善する効果

「おなかがパンパンに張ってつらい」
かつて、そんな症状を訴えて来院された患者さんがいらっしゃいました。
診察してみたところ、冷えが原因で腸の動きが悪くなり、おなかにガスがたまっているようでした。

そこで、漢方薬を処方するとともに、あるものをお勧めしました。
すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。

このとき私がお勧めしたものが、今回ご紹介する「腹巻き一体型パンツ」です。
その名のとおり、腹巻きとパンツがつながっている下着で、通信販売やスーパーなどで購入できます。

私は冬場になると、自分自身が腹巻き一体型パンツを身に着けますし、実は先ほど紹介した患者さんだけでなく、どの患者さんにもお勧めしています。

患者さんからは、「腹巻き一体型パンツをはいてから、よく眠れるようになった」という声をよくいただいています。

それだけではありません。
腹巻き一体型パンツは、冷え症、腰痛、ひざ痛、生理痛や頭痛など生理にまつわる不快な症状、不妊、大人ニキビ、頻尿、気分の落ち込みなど、いろいろな症状に効果を発揮してくれるスグレモノなのです。

骨盤を温める重要性

腹巻き一体型パンツを身に着けるだけで、なぜこれほど幅広い効果が得られるのでしょうか。
それは、このパンツが骨盤の周囲をぐるりと囲み、骨盤内にある腸や子宮などの臓器を温めてくれることと、大いに関係があります。

骨盤は上半身と下半身の「関所」ともいえる重要な部位です。
骨盤を温めると、骨盤と下半身の血流がよくなります。
すると下半身が冷えにくくなり、腰やひざの痛みも和らぎます。

下半身だけでなく全身の血行がよくなりますから、冷えや低体温が改善します。
無気力やイライラ感は低体温がその一因となっていることが多いため、これらの精神的な症状も快方へと向かいます。
体温が高くなると免疫力(病気に対する抵抗力)も活性化しますから、カゼなどの感染症にもかかりにくくなるでしょう。

腹巻き一体型パンツは、スーパーなどでも購入できる

温めるとさまざまな効果が!


また、大人ニキビや肌のくすみなども、末梢血管の循環不全で起こりやすい症状です。
しかし、全身の血液循環が促されると末梢血管の血行もよくなりますから、肌も美しくなります。

もう一つ忘れてはならないのが、丹田を温めることによる効果です。
丹田とはへその下にある部位で、東洋医学では生命力の要となる場所であるとされています。

丹田が冷えると、体が非常に疲れやすくなり、全身の機能が衰えていきます。
恐ろしいことに、これが老化の進行にもつながっていきます。

ですから、丹田を温めることは、全身の活力維持、老化防止のために非常に重要となります。

また東洋医学では、体の機能を「肝、心、脾、肺、腎」という五つの臓器の名前に当てはめて考えます。
丹田はこの分類でいうと腎に当たり、泌尿器や生殖器、生命力の基本となる部分を担うとされています。

丹田を温めることで、腎の機能も活性化します。
すると、頻尿、生理痛、生理に伴う下痢や便秘、頭痛、更年期障害など、泌尿器・生殖器にまつわる不快な症状が消失していきます。

下側がずり上がらない 一体型がいい!

もちろん腸自体も温まりますから、腸の動きがよくなり、腹部の膨張感、便秘、下痢などもよくなります。

ここまで読んで、腹巻きでは駄目なのか、と思われた人もいるかもしれません。
実は腹巻きでもきちんと着用できれば、同じ効果が得られます。

ですが、腹巻きの中には徐々に下側が丸まり、ずり上がってくるものがあります。
こうなると丹田が冷えてしまいますからよくありません。

なお、スタイル補正機能のついたタイプも、締め付けがきついと血行を妨げてしまうことがあるので、お勧めできません。

応用編となる使い方としては、おなかやお尻など、特に冷えを感じる部位があるなら、腹巻き一体型パンツの上から、使い捨てカイロをはるといいでしょう。

ただし、使い捨てカイロを使う場合は、低温ヤケドに注意してください。

解説者のプロフィール

上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)

●日本大学医学部附属板橋病院
東京都板橋区大谷口上町30-1
[TEL]03-3972-8111
http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/itabashi/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt