【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


腸や子宮を温め、冷え症や生理痛の症状を改善する効果

「おなかがパンパンに張ってつらい」
 かつて、そんな症状を訴えて来院された患者さんがいらっしゃいました。診察してみたところ、冷えが原因で腸の動きが悪くなり、おなかにガスがたまっているようでした。

 そこで、漢方薬を処方するとともに、あるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。
 このとき私がお勧めしたものが、今回ご紹介する「腹巻き一体型パンツ」です。その名のとおり、腹巻きとパンツがつながっている下着で、通信販売やスーパーなどで購入できます。

 私は冬場になると、自分自身が腹巻き一体型パンツを身に着けますし、実は先ほど紹介した患者さんだけでなく、どの患者さんにもお勧めしています。
 患者さんからは、「腹巻き一体型パンツをはいてから、よく眠れるようになった」という声をよくいただいています。

 それだけではありません。腹巻き一体型パンツは、冷え症、腰痛、ひざ痛、生理痛や頭痛など生理にまつわる不快な症状、不妊、大人ニキビ、頻尿、気分の落ち込みなど、いろいろな症状に効果を発揮してくれるスグレモノなのです。
 腹巻き一体型パンツを身に着けるだけで、なぜこれほど幅広い効果が得られるのでしょうか。それは、このパンツが骨盤の周囲をぐるりと囲み、骨盤内にある腸や子宮などの臓器を温めてくれることと、大いに関係があります。

 骨盤は上半身と下半身の「関所」ともいえる重要な部位です。骨盤を温めると、骨盤と下半身の血流がよくなります。すると下半身が冷えにくくなり、腰やひざの痛みも和らぎます。
 下半身だけでなく全身の血行がよくなりますから、冷えや低体温が改善します。無気力やイライラ感は低体温がその一因となっていることが多いため、これらの精神的な症状も快方へと向かいます。体温が高くなると免疫力(病気に対する抵抗力)も活性化しますから、カゼなどの感染症にもかかりにくくなるでしょう。

腹巻き一体型パンツは、スーパーなどでも購入できる

下側がずり上がらない 一体型がいい!

 また、大人ニキビや肌のくすみなども、末梢血管の循環不全で起こりやすい症状です。しかし、全身の血液循環が促されると末梢血管の血行もよくなりますから、肌も美しくなります。

 もう一つ忘れてはならないのが、丹田を温めることによる効果です。丹田とはへその下にある部位で、東洋医学では生命力の要となる場所であるとされています。
 丹田が冷えると、体が非常に疲れやすくなり、全身の機能が衰えていきます。恐ろしいことに、これが老化の進行にもつながっていきます。
 ですから、丹田を温めることは、全身の活力維持、老化防止のために非常に重要となります。

 また東洋医学では、体の機能を「肝、心、脾、肺、腎」という五つの臓器の名前に当てはめて考えます。丹田はこの分類でいうと腎に当たり、泌尿器や生殖器、生命力の基本となる部分を担うとされています。
 丹田を温めることで、腎の機能も活性化します。すると、頻尿、生理痛、生理に伴う下痢や便秘、頭痛、更年期障害など、泌尿器・生殖器にまつわる不快な症状が消失していきます。

 もちろん腸自体も温まりますから、腸の動きがよくなり、腹部の膨張感、便秘、下痢などもよくなります。
 ここまで読んで、腹巻きでは駄目なのか、と思われた人もいるかもしれません。実は腹巻きでもきちんと着用できれば、同じ効果が得られます。
 ですが、腹巻きの中には徐々に下側が丸まり、ずり上がってくるものがあります。こうなると丹田が冷えてしまいますからよくありません。

 なお、スタイル補正機能のついたタイプも、締め付けがきついと血行を妨げてしまうことがあるので、お勧めできません。
 応用編となる使い方としては、おなかやお尻など、特に冷えを感じる部位があるなら、腹巻き一体型パンツの上から、使い捨てカイロをはるといいでしょう。
 ただし、使い捨てカイロを使う場合は、低温ヤケドに注意してください。

骨盤を温めることを勧める、上田先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)