医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

高齢者の高血圧は元気な証拠!? 薬で無理に下げる必要なし

高齢者の高血圧は元気な証拠!? 薬で無理に下げる必要なし

日本では、降圧剤を処方されている高齢者が非常に多く、70歳以上の人の服用率は、実に45%にも達しています。たいていは、健康診断などで血圧の目標値を超えていることが発覚し、心臓や血管の病気予防のために降圧剤が処方されている、というケースです。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授)


解説者のプロフィール

大櫛陽一
1971年、大阪大学大学院工学研究科修了。1988年より東海大学医学部教授。2006年、日本総合検診医学会シンポジウムで、全国約70万人の健診結果から、日本初の男女別・年齢別基準範囲を発表。2012年東海大学を定年退職し、現在は名誉教授。主な著書に『間違っていた糖尿病治療―科学的根拠に基づく糖尿病の根本的治療』(医学芸術社)、『100歳まで長生きできるコレステロール革命』(永岡書店)などがある。

20mmHg以上下げると死亡率は10倍!

 日本では、降圧剤を処方されている高齢者が非常に多く、70歳以上の人の服用率は、実に45%にも達しています。たいていは、健康診断などで血圧の目標値を超えていることが発覚し、心臓や血管の病気予防のために降圧剤が処方されている、というケースです。

 こうした現状には、疑問を抱かずにはいられません。なぜなら、降圧剤の医薬品添付文書には「高齢者に慎重投与」という注意書きがあります。これは、よほどの理由がない限り処方してはいけない、という意味です。にもかかわらず、多少血圧が高くても無症状の人に、副作用が出る可能性のある降圧剤を投与するのは、いかがなものでしょうか。

 高齢者の血圧が、加齢とともに上がっていくのは、生理的に必然性があるからです。私たちの体は、心臓より上に位置する脳に、重力に逆らって血液を送り届ける必要があります。そして、年齢とともに血管の柔軟性が失われてくるため、徐々に血圧が高くなるのです。したがって、加齢により血圧が上がるのは自然現象であり、むしろ元気な証拠といえます。

 そうした元気な人の血圧を、薬で無理やり引き下げたら、どうなるでしょう。血流の勢いが緩くなるので、脳の血管が詰まりやすくなり、脳梗塞を起こすリスクが高まります。

無作為化対照試験も脳梗塞の危険性について示した

 脳梗塞の危険性については、最近行われた無作為化対照比較試験(JATOS)でも示されています。
 この研究は、65〜85歳の、最大血圧が160㎜Hgを超える4418人に降圧剤を投与し、140㎜Hg未満まで大幅に下げる群(A群2212人)と、140〜159㎜Hgまで多少下げる群(B群2206人)に無作為に分け、二年間の経緯を追跡したものです。

 その結果、脳梗塞の発症数は、A群が36人、B群が30人、脳梗塞による死亡数は、A群が2人、B群が0人。総死亡数は、A群が33人、B群が24人でした(総死亡数とは、すべての原因による死亡者数のこと)。

 つまり、降圧剤で大幅に血圧を下げたA群のほうが、脳梗塞の発症例が多く、脳梗塞による死亡者も出ています。総死亡者数でも、A群のほうが一・四倍も多くなっています。

 こうしたデータがあるにもかかわらず、降圧剤が必要とされる血圧の値は、どんどん引き下げられてきました。
 顕著なのが、高齢者の最大血圧です。1987年には、厚生省(現・厚生労働省)が、「180㎜Hg以上」としていましたが、2004年に
は、日本高血圧学会が「140㎜Hg以上」へと大幅に下げました。

 では実際、最大血圧が180㎜Hg以上の人が、140㎜Hgまで下げるという目標で治療したら、どうなったでしょう。私の最近の研究では、治療した人は、治療しなかった人に比べ、死亡率が平均で5倍、20㎜Hg以上下がると10倍になっていることが判明したのです。

降圧剤にはさまざまな副作用がある

 元気な高齢者が、薬で大幅に血圧を下げると、脳梗塞の危険性が高まり死亡率も上がるのですから、むやみに降圧剤を飲むことは、健康維持の観点から問題があるといわざるをえません。しかも、降圧剤にはさまざまな副作用があります。

 血流が悪くなって血栓(血の塊)ができやすくなり、脳梗塞の引き金となることは、先ほども述べました。また、頭がふらついて、階段などでの転倒事故に結びつくケースも少なくありません。

 さらに、入浴中や飲酒時にも注意が必要です。おふろに入ったり、お酒を飲んだりすると、末梢血管が拡張しますが、降圧剤を服用していると、両方の影響で血圧が下がりすぎてしまうからです。一時的に脳に血流がいかなくなって失神し、転倒したり水死したりする事故も起こっています。
 こうしたリスクを考えれば、できるだけ薬に頼らず、生活習慣を変えて血圧を下げていくことが、まず第一です。食生活の改善や、運動、規則正しい生活を心がけるなど、自分に合った方法を見つけましょう。

スローランニングで 私も血圧が正常化


 私自身、職場の検診で、最大血圧が156㎜Hg、最小血圧が106㎜Hgという数値が出たことがありました。それを機にスポーツを始め、昼食前1時間のウォーキングや、45分間のスローランニングなど汗をかく運動で、現在の血圧は最大が130㎜Hg、最小が85㎜Hg前後で落ち着いています。

 寒い冬は末梢血管が収縮しやすく、血圧が跳ね上がりやすい季節です。最後に、冬場の日常生活上の注意点をご紹介しましょう。
 運動をする際は、体がかたくなっているので、準備体操を必ずしてください。屋外で運動をするときは、冷たい空気にふれると血管が収縮するので、なるべくたくさん着込んで出かけ、体が温まってきてから薄着になり、運動が終わったらしっかり汗をふくことが肝心です。

 入浴のときは、熱い湯ぶねに入ると血管が急に拡張し、失神するおそれもあるので、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにしてください。
 飲酒は、一時的に血管が広がりますが、大量に飲むと血管のたんぱく質を硬くして、血管を収縮させます。その結果、血液が流れにくくなって血圧が上昇してしまいます。お酒の量は、一日一合くらいを目安にするといいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


降圧剤 高血圧 脳梗塞

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)