医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

酢には、数多くの効能が科学的に証明されています。酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


小泉幸道
東京農業大学名誉教授。
専門は発酵食品学、醸造学。テレビやラジオで「お酢のエキスパート」として酢の効能を広めている。著書多数。

酢には、油の粒子を細かくする作用があるため、油料理との相性は抜群

 私は酢を究めて40年。無類の酢好きでもある、酢の専門家です。私の大好物の一つが、酢をかけた堅焼きそばです。
 ただし、私の場合、通常のお酢差しの量では物足りません。そこで、酢をびんごと持ち込んでドボドボと堅焼きそばにかけます。量にすると80mlほどでしょうか。

「それ、食べるんですか?」
 見た人は、例外なく驚きます。しかし、これがおいしいのだからしかたありません。最後の汁の一滴までグイッと飲み干します。

 酢には、油の粒子を細かくする作用があります。そのため、油を使った料理との相性は抜群です。油特有のしつこさを取り、さっぱりした味わいに変えてくれます。
 油料理には酢。皆さんもぜひお試しください。もちろん、私のように大量に酢を加える必要はありませんよ。
 このように、酢は料理の味をワンランクアップさせてくれる調味料です。しかし、酢の最大の魅力は、なんといってもその健康効果でしょう。

毎日大さじ1杯の酢で血圧が下がる

 酢には、実に数多くの効能が科学的に証明されています。
 まず注目したいのが、高血圧を予防する効果です。

 酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。
 高血圧の人に、毎日大さじ1杯(15ml)、または毎日大さじ2杯(30ml)の酢を摂取してもらい、血圧の変化を調べた結果を示したのが図です。
 大さじ2杯のグループでは摂取して数日で、血圧が下がり始めています。
 また、大さじ1杯のグループでも、摂取を始めて2週目から血圧が下がり始め、6週目には正常値かそれに近い値となったことがわかります。
 この研究での酢の血圧低下効果は、最大血圧で平均15mmHg程度でした。また、同じ研究で、最小血圧も同様に下がって正常値になったことを追記しておきます。

 ちなみに、血圧が正常な人や血圧が低い人の場合、酢を飲んで血圧が下がり過ぎることはありませんので、ご安心ください。
 一つ注意したいのは、酢の血圧を下げる効果は、飲み続けないと得られない、という点です。この研究でも、8週目に酢の摂取を止めたところ、その後は血圧が上昇しています。ただし、摂取前より上昇することはありませんでした。

 また、塩分の取り過ぎが高血圧を招くことはよく知られています。高血圧で塩分を控えめにしている人は多いでしょう。
 しかし、塩分を減らすと料理が味けないものになってしまいます。ここでも、酢は大活躍します。
 実は、酢には塩味を引き立てる作用があります。酢を加えることによって、少量の塩でもおいしさが引き立つのです。
 酢を料理に加えることで、血圧を下げる効果が得られるだけでなく、塩分も減らせるわけですから、高血圧の人は、ぜひ毎日の食事に酢を取り入れるとよいでしょう。

食後の血糖値の上昇を穏やかにし、糖尿病の改善に有効

 酢の効果は、それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。
 食事と一緒に、大さじ1杯の酢(15ml)を取ったときの血糖値の変化も調べました。
 酢を取ることによって、血糖値の上昇がゆるやかになっていることがわかります。
 血糖値の急激な上昇は、肥満の原因になるだけでなく、糖尿病になるリスクも高めます。
 しかし、酢を使った料理や飲み物を食事に取り入れると、血糖値の急上昇を抑えることができるので、糖尿病の予防や改善に有効です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

黒酢の飲み方に工夫!毎朝の「黒酢みそ汁」が子どもの風邪予防や私の便秘改善に役立った

幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)


若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)


【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

【シジミ・アサリ】貝入りみそ汁には「酢」をプラス!カルシウム3倍増・降圧効果も

今回注目したいのは、食材からカルシウムを溶出させ、吸収を促す酢の作用です。酢を入れた水で殻つきの貝を煮ると、殻に含まれるカルシウムが酢の成分と結びついて、煮汁に溶け出します。酢を入れずに煮た場合と比べると、3倍以上ものカルシウムが溶け出すことがわかりました。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

「みそ汁を飲みなさい。そんな肌荒れくらい、すぐに治るよ」と勧められたのも、みそ汁を飲む大きな動機となりました。翌日から、毎日みそ汁を飲みました。すると、ボロボロだった肌が2ヵ月で生まれ変わったのです。便秘も解消して、毎日快腸です。冷え症も改善し、真冬でも手足の冷えを感じません。【体験談】藤本智子(ミソガール)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)