医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

【お酢の健康効果】高血圧対策に 血圧を下げる、食後血糖値を緩やかにすると判明

酢には、数多くの効能が科学的に証明されています。酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。【解説】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


小泉幸道
東京農業大学名誉教授。
専門は発酵食品学、醸造学。テレビやラジオで「お酢のエキスパート」として酢の効能を広めている。著書多数。

酢には、油の粒子を細かくする作用があるため、油料理との相性は抜群

 私は酢を究めて40年。無類の酢好きでもある、酢の専門家です。私の大好物の一つが、酢をかけた堅焼きそばです。
 ただし、私の場合、通常のお酢差しの量では物足りません。そこで、酢をびんごと持ち込んでドボドボと堅焼きそばにかけます。量にすると80mlほどでしょうか。

「それ、食べるんですか?」
 見た人は、例外なく驚きます。しかし、これがおいしいのだからしかたありません。最後の汁の一滴までグイッと飲み干します。

 酢には、油の粒子を細かくする作用があります。そのため、油を使った料理との相性は抜群です。油特有のしつこさを取り、さっぱりした味わいに変えてくれます。
 油料理には酢。皆さんもぜひお試しください。もちろん、私のように大量に酢を加える必要はありませんよ。
 このように、酢は料理の味をワンランクアップさせてくれる調味料です。しかし、酢の最大の魅力は、なんといってもその健康効果でしょう。

毎日大さじ1杯の酢で血圧が下がる

 酢には、実に数多くの効能が科学的に証明されています。
 まず注目したいのが、高血圧を予防する効果です。

 酢の主成分である「酢酸」には、血圧を上昇させるホルモンを穏やかに抑制する働きがあります。
 高血圧の人に、毎日大さじ1杯(15ml)、または毎日大さじ2杯(30ml)の酢を摂取してもらい、血圧の変化を調べた結果を示したのが図です。
 大さじ2杯のグループでは摂取して数日で、血圧が下がり始めています。
 また、大さじ1杯のグループでも、摂取を始めて2週目から血圧が下がり始め、6週目には正常値かそれに近い値となったことがわかります。
 この研究での酢の血圧低下効果は、最大血圧で平均15mmHg程度でした。また、同じ研究で、最小血圧も同様に下がって正常値になったことを追記しておきます。

 ちなみに、血圧が正常な人や血圧が低い人の場合、酢を飲んで血圧が下がり過ぎることはありませんので、ご安心ください。
 一つ注意したいのは、酢の血圧を下げる効果は、飲み続けないと得られない、という点です。この研究でも、8週目に酢の摂取を止めたところ、その後は血圧が上昇しています。ただし、摂取前より上昇することはありませんでした。

 また、塩分の取り過ぎが高血圧を招くことはよく知られています。高血圧で塩分を控えめにしている人は多いでしょう。
 しかし、塩分を減らすと料理が味けないものになってしまいます。ここでも、酢は大活躍します。
 実は、酢には塩味を引き立てる作用があります。酢を加えることによって、少量の塩でもおいしさが引き立つのです。
 酢を料理に加えることで、血圧を下げる効果が得られるだけでなく、塩分も減らせるわけですから、高血圧の人は、ぜひ毎日の食事に酢を取り入れるとよいでしょう。

食後の血糖値の上昇を穏やかにし、糖尿病の改善に有効

 酢の効果は、それだけではありません。酢には、糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑制する効果もあります。
 食事と一緒に、大さじ1杯の酢(15ml)を取ったときの血糖値の変化も調べました。
 酢を取ることによって、血糖値の上昇がゆるやかになっていることがわかります。
 血糖値の急激な上昇は、肥満の原因になるだけでなく、糖尿病になるリスクも高めます。
 しかし、酢を使った料理や飲み物を食事に取り入れると、血糖値の急上昇を抑えることができるので、糖尿病の予防や改善に有効です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


私は「干しブドウ酢」を始めて2ヵ月で血圧が下がり始めた!正常値で安定中

私は「干しブドウ酢」を始めて2ヵ月で血圧が下がり始めた!正常値で安定中

酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)