医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなる、目の前のおかずに気づかない

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなる、目の前のおかずに気づかない

白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


老眼が軽くなったら白内障を疑え!

 白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。

以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。

 白内障とは、カメラでいえばレンズに該当する、水晶体という部分が濁る病気です。多くの場合、加齢に伴って発症し、代表的な症状としては、極端なまぶしさ、かすみ目が挙げられます。

 例えば、天気のいい日に外に出ると、まぶしくて周囲が見えない。あるいは、天気が悪い日や家の中のほうが、物が見えやすい。こういった人は、白内障の可能性が非常に高いといえます。

 メガネの度数を調整しても、視界がぼんやりしているような場合も、やはり白内障を疑ったほうがいいでしょう。
 また、物が二重、三重に見えるようになったので、乱視だと思っていたら、白内障が原因だったというケースも少なくありません。

 意外な前兆もあります。水晶体の中心(核)が濁るタイプの白内障の場合、一時的に近視の状態になり、近くがよく見えるようになるのです。老眼が軽くなったように感じたら、要注意です。このまま白内障が進行すると、最終的には目のかすみなどが現れ、全体が見えにくくなります。

白内障が疑われる症状

早期発見に役立つ 「目隠しチェック」

 一方、緑内障は、高くなった眼圧が視神経を圧迫するなどして、視野が欠ける、つまり見える範囲が狭くなる病気です。初期には、鼻側の視野が欠け始めるので、片側の目の視野が欠けた状態でも、反対側の目がそれを補い、多くの人は異常に気づきません。緑内障の早期発見が難しいのは、このためです。

 緑内障によって視野が欠けると、正面にある物に、頭や体をぶつけることが多くなります。ぶつかった後、「あれ、こんな物はなかったはずなのに」と思ったら、緑内障の疑いがあります。

 また、食事中に、目の前にあるおかずに手をつけていない人がいたら、これも要注意です。好き嫌いや満腹で手をつけなかったのではなく、その部分が見えていない可能性があるからです。

 緑内障による視野の欠けは、視野の内側(鼻側)から上、下、そして外側へと進行していく場合がほとんどなので、こういった前兆を見逃さないようにすることが、とても大切です。


緑内障が疑われる症状

 緑内障の早期発見のために、自分でできる簡単なチェック方法もあります。それは、正面を向いて片方の目を手で隠し、眼球を動かさずに、どのぐらいの範囲が見えるか、どのように見えているのか、ふだんから覚えておく「目隠しチェック」です。

 左右の目で見え方が違う、いつもより狭く感じるなど、違和感があったらすぐ眼科を受診しましょう。

 なお、このチェック法は、加齢黄斑変性症の早期発見にもつながります。黄斑変性症とは、物がゆがんで見えたり、視界の中心部がぼやけて見えたりする病気です。チェックの際に、障子の桟など、大きさが一定の格子状のものを眺めるようにすると、ゆがみなど見え方の異常に気づきやすくなります。

自分の「持ち眼圧」を 知っておく

 緑内障を早期発見するために、四十歳を過ぎたかたに私がお勧めしているのが、眼科で眼圧を測る習慣をつけることです。

 緑内障の中には、「正常眼圧緑内障」というものがあります。これは、単に眼圧が正常な緑内障、という意味ではありません。眼圧がたとえ正常値(10〜21ミリ)以内でも、その人にとっては視神経に負担がかかる、高い数値であることを意味しているのです。

 これとは反対に、一見、高い眼圧でも、視神経に全く影響がない場合もあります。

 つまり、眼圧や、視神経の眼圧の影響の受けやすさは、人によって大きく異なるものなのです。だからこそ、ふだんの自分の眼圧、いわば「持ち眼圧」を把握することが大切です。

 ふだんから自分の「見え方」を意識すること、少しでも変化や違和感があったらすぐ眼科を受診すること、自分の「持ち眼圧」を知ること。まずはこの3点を心がけて、目の健康を維持していきましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

「耳の穴もみ」を行うとその場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)