MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ストレスで痛む】顎関節症のセルフケア「耳引っ張り」を歯科医が解説

【ストレスで痛む】顎関節症のセルフケア「耳引っ張り」を歯科医が解説

顎関節症は、8〜9割はストレスが引き金になっています。ストレスを抱えていると自律神経の交感神経が緊張し、顎周囲の筋肉が硬くなり症状が現れます。歯ぎしりや食いしばりも強くなるため、歯がすり減って噛み合わせが悪くなり、さらに顎の位置がゆがむという悪循環に陥って症状が悪化します。【解説】信太隆志(本納駅前歯科院長)

解説者のプロフィール

信太隆志
本納駅前歯科院長。
1993年、東京歯科大学卒業。2004年、本納駅前歯科開設。口の健康は全身の健康への第一歩と、口の中のトラブルを解消するために、患者さんとともに考えながらの治療をめざす。「神門メソッド」も取り入れて患者の不安や緊張を取り除く工夫をこらす。

●本納駅前歯科
千葉県茂原市本納1828
TEL 0475-34-2005

慢性的な肩こりが 楽になりびっくり

 4年前、久しぶりに会った友人が「これいいよ」と言って私の耳をキュッ、キュッ、キュッとひっぱりました。それは、耳のツボの「神門」を刺激する耳ひっぱりという健康法でした。

友人は、「神門メソッド」の体験会に参加し、耳ツボのなかでもとりわけ神門にさまざまな効果があることを知り、健康維持やダイエットに役立てているということでした。

 耳ひっぱりをやってもらったその日は、なんとなく気分がスッキリしたので、自分でもやるようになりました。すると、たちまち慢性的な肩こりが楽になったのでびっくりしました。

 さらに驚いたのは、診療中にイライラしなくなったことです。私は几帳面な質で、治療が段取りどおりに進まないとイライラすることがありました。ところが、イラッとしたときに神門をキュッ、キュッ、キュッとひっぱると、「まあ、いいか」という気持ちになり、イライラがおさまるのです。

耳ひっぱりの効果を実感した私は、考案者である飯島敬一先生の勉強会で、神門をはじめとする耳ツボの働きについて学び、耳ひっぱりを習慣にしました。

半年で8kgのダイエットに成功、腰痛予防にもなる

 肩こり解消、イライラ予防のほかにも目に見える大きな変化がありました。耳ひっぱりをしていると無理なく食欲がセーブされ、食べているうちに「もういいや」とおなかがいっぱいになります。

 おかげで徐々に食事量が減り、胃が小さくなって、半年で68㎏から60㎏まで減量できました(身長170㎝)。30インチだったデニムのサイズは、28インチでもゆるゆるです。

 もっとも、周囲から「やせすぎ!」と言われたので、その後2㎏戻して、現在は62㎏をキープしています。

 もう1つ、耳ひっぱりの効果でありがたかったのは、腰痛を予防できることです。私は釣りが趣味で、湖や海に出かけて行ってはフィッシングを楽しんでいます。1日中、立っていると体が冷え、腰も痛くなってきます。

 そんなときは、神門だけでなく、腰に対応した耳のツボもひっぱると、その場で腰がポカポカ温かくなり腰痛にならずにすみます。

耳ひっぱりは腰痛予防にもなると信太先生

耳ひっぱりは副交感神経を優位にして、歯科恐怖症の症状を和らげる効果もある

 私の専門である歯科治療でも、耳ひっぱりはたいへん役に立っています。

 私たち歯科医にとって悩ましいのは、歯科恐怖症の患者さんです。過去に歯の治療で痛い思いをしたり、歯を削る音が苦手だったり、白衣が嫌いだったりして、歯科治療を怖がる人は少なくありません。

 恐怖感があると不安が強くなって感覚が過敏になり、器具が口に入っただけで痛みを感じるなど、治療に支障をきたします。

 そこで、耳ひっぱりの登場です。耳ひっぱりは自律神経の副交感神経を優位にして、心を落ち着かせる働きがあります。治療前に患者さんに耳ひっぱりをやっていただくと、不安が和らぎ、安心して治療を受けることができるのです。
不安が和らぐと痛みの閾値(ある反応を起こさせる、最低の刺激量)が高くなり、痛みを感じにくくなるというメリットがあります。

 耳ひっぱりを事前に行うことにより、麻酔の量が減るケースは多々見られます。
 また、耳ひっぱりは顎関節症のケアにも有効です。

こんな症状があったら顎関節症の疑いあり

 以下に挙げる自覚症状があり、ご本人がこれを不都合と感じている場合、顎関節症と診断されます。

● 顎が痛い
● 口を開けると音がする
● 口が開けづらい
● 口を開けると耳の前側が痛い
● 顎を左右に動かすとどちらか一方が痛い

 顎関節症は、歯並びや周辺骨の異常などがかかわって発症するケースは全体の1〜2割で、8〜9割はストレスが引き金になっています。

 心身になんらかのストレスを抱えていると自律神経の交感神経が緊張する影響で、顎周囲の筋肉が緊張して硬くなり、一連の症状が現れます。歯ぎしりや食いしばりも強くなるため、歯がすり減って噛み合わせが悪くなり、さらに顎の位置がゆがむという悪循環に陥って症状が悪化します。

 顎関節症の患者さんは、耳の周囲をマッサージして、顎の緊張をほぐす必要があります。

 そこで、耳周囲のリンパマッサージに加えて、耳ひっぱりをお勧めしています。おふろで耳ひっぱりを行うと、筋肉がゆるみやすく、いっそう効果的です。

 このように、耳ひっぱりは歯科の領域の健康維持にも役立つのでお勧めです。

 ただし、耳ひっぱりで改善しない場合は、かかりつけの歯科医、または口腔外科を受診しましょう。

信太先生お勧めの「顎関節症を改善する」マッサージ

マッサージ①

耳の周囲を円を描くようにしてマッサージする

マッサージ②

耳ひっぱりをする。
おふろですると、筋肉がゆるんで効果的

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2018-10-20 18:00:00
年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)
更新: 2018-10-04 07:00:00
ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)
更新: 2018-09-05 11:21:44
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)
更新: 2018-09-08 18:23:54
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt