MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【O脚の治し方】原因の「浮き指」を改善する足指体操のやり方

【O脚の治し方】原因の「浮き指」を改善する足指体操のやり方

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)

現代人の足指は極度に衰えている

「ひざが痛む」「腰が痛い」というとき、多くの人はひざ、腰といった痛みのある場所に対してなんらかのケアをしようとします。
 もちろん患部へのケアも、症状を緩和するには必要ですが、もっと根本的な意味で目を向けるべき場所があります。それは「足の指」です。

 本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。
 ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。

 下図をご覧ください。濃淡のある画像は、足の裏の圧力分布を調べる足底圧測定器の画像です。色が赤いところは、しっかり地面に重力がかかっている部分、水色などの薄いところはあまりかかっていない部分です。
 測定器のセンサーは、ほんの少し触れただけでも反応します。しかし、上側の図では、足指の部分がまったく写っていません。足指で地面を「ほんの少し触れる」ことすらできていないのです。これが浮き指です。

浮指と正常な足指の違い

ひざ痛、腰痛、肩こり、首の痛み、ねこ背、O脚も浮き指の影響の可能性

 私はこれまで、足底圧測定器を使って、老若男女10万人以上の足底圧を測ってきました。その結果、浮き指の人が男性では約7割、女性では約8割に上ることがわかっています。これは年齢に関係なく見られる傾向で、近年は増え続けています。日本人の足が病んでいるのです。

 浮き指の人のほとんどは、自覚できておらず、自分では足の裏全体を地面につけて立っていると思い込んでいます。しかし、実際には指が浮いているので、重心が本来あるべき位置より後ろにずれています。
 横から見ると、正常な足なら3点が地面について安定した歩行ができますが、浮き指だと不安定な2点歩行になっています(上図参照)。
 不安定な後ろ重心や2点歩行をカバーするには、腰やひざに余分な力を入れて支えなければ、立つ、歩くといった基本動作さえできません。現代人のひざ痛や腰痛の大部分は、これが原因で起きているのです。

 そのほか、肩こり、首の痛み、ねこ背、O脚なども、浮き指の影響で起きているケースが非常に多いのです。また、転倒しやすくなり、お年寄りでは寝たきりのきっかけを作ることにもなります。

足のすべての筋肉は足指につながっている

 浮き指かどうかは、手のひらを平たく広げて、足の裏に当てることで簡単にわかります。
 その状態で、足指が手のひらにつかない人や、足指に力を入れても手のひらでほとんど感じ取れない人は浮き指です。

 足の裏には、重要なものだけでも8つの筋肉と2つの腱が存在しますが、これらはすべて足指につながっています。
 ですから、足指を使わないことは、指だけの問題ではなく、足の裏全体の筋力低下に直結するのです。
 例えば、ひざが痛いからひざ、腰が痛いから腰のケアをして、いっときは痛みが和らいでも、足指をしっかり使えなければ、根本原因は取り除けません。
 逆に、足指をしっかり使えるようになれば、ひざ痛や腰痛をはじめ、前述したような症状は、根本から改善・解消しやすいのです。

足指じゃんけんのやり方

 そこで、浮き指を改善してしっかり踏ん張れる足指力をつけるためにお勧めしたいのが、「足指じゃんけん」と「足指伸ばし」の足指の体操です。
 足指じゃんけんは、名前のとおり、足指でじゃんけんをする方法です。足指をグッと丸めて「グー」、足の親指と他の4本の指を逆方向に曲げて「チョキ」、全部の指をできるだけ広げて「パー」です。これを1セットとして10セット行い、1日に2回程度行うのが目安です。

 足指伸ばしは、足指の間に手の指を差し入れて、手と足を組むようにします。この状態で、前後に曲げてほぐすもので、足指を広げて伸ばすところから、「ひろのば体操」とも呼ばれています。前に曲げ、後ろに曲げるのを1セットとし、やはり10セットを1日に2回程度行うとよいでしょう。
 どちらも簡単ですが、浮き指の改善に大きな効果があります。

 同時に、家ではできるだけ、はだしか、5本指の靴下をはいて過ごし、歩くときは、足の裏全体を使って足指でしっかり蹴るように意識すると、より効果的です。

浮指を改善する足指体操のやり方

解説者のプロフィール

阿久根英昭
桜美林大学健康福祉学群教授。足と健康について長年研究を重ねる、足のスペシャリスト。土踏まずや足指の機能低下が病気を引き起こしているという観点から、「足力」を向上させるさまざまな健康法を考案・提唱。その劇的な効果から「阿久根マジック」と呼ばれ話題を呼んでいる。『世界一受けたい授業』などテレビ出演や、『足力(あしりょく)』(スキージャーナル社)など著書も多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00