自律神経を整え血流を改善し自然治癒力を引き出す「サウンドヒーリング」

自律神経を整え血流を改善し自然治癒力を引き出す「サウンドヒーリング」

鳥の声や木々が風にそよぐ音、川のせせらぎ、ゆったりした波音など、自然の音で私たちの心は和みます。人間は地球の生命進化のプロセス上に誕生し、私たちは自然の一部だからなのでしょう。【解説】喜田圭一郎(サウンドヒーリング協会理事長)


自然の音で私たちの心は和みます

目を閉じて聴いているとすがすがしい森の中にいるよう

心と体を癒す自然音の特性

 鳥の声や木々が風にそよぐ音、川のせせらぎ、ゆったりした波音など、自然の音で私たちの心は和みます。人間は地球の生命進化のプロセス上に誕生し、私たちは自然の一部だからなのでしょう。

 音の正体は、物理的に振動する波動です。1秒間に振動する波の回数は、周波数(ヘルツ=㎐)で表します。周波数が小さいほど低い音、大きいほど高い音になります。例えば、一般的な88鍵のピアノの最も低い音(ラ)は27・5㎐、最も高い音(ド)は4186㎐です。
 それに対して、自然音は10万㎐以上(超音波)の周波数まで含まれます。CDに記録可能な2万㎐まででも、自然音の音域はたいへん幅広く、たくさんの周波数の音が同時に鳴っています。
 また、自然音はいつも緩やかに変化する「1/fゆらぎ」という特性があり、このような「ゆらぎ」がある音を聴くと、私たちは心地よいと感じます。

 さらに、自然音には「倍音」が多く含まれています。倍音は音色にかかわる要素で、楽器では音程として聞こえる元の音(基音)の整数倍や非整数倍の周波数を指します。倍音の少ない音は不自然で不快に、倍音の豊かな音は自然で心地よく感じられます。

 こうした自然音の特性と逆の特徴を持つのが、機械などから発生する人工音です。冷蔵庫やエアコン、パソコンから出る音などもそうです。不快な人工音で心身が緊張し、心拍数が上がったり、手足の血管が収縮したりすることもあります。

自然音の効果で肌のうるおいが増した

肩と首に体感音響のサウンドヒーリング健康法を15分間実施。額の平均値は12.6%も上昇した。ほおの平均値は3.3%、あごは7.5%上昇している。

脳波が変化し、血流と活力がアップした

 私は、自然音の特性を持つ音楽の体感音響振動で体をケアする「サウンドヒーリング健康法」を開発しました。そして、「音」が与える体と心への影響を、医師や研究者のかたがたといっしょに科学的に検証してきました。
 皮膚の水分保湿量の変化を調べる実験では、15分のサウンドヒーリングの施術後、額、ほお、あごの角質水分量が増加し、いきいきとした肌になりました(角質とは、皮膚の最も表面の層)。

 なお、体感音響の振動を与えた部位は、首と肩です。音の振動が筋肉の緊張をほぐし、血液とリンパの流れが改善して、顔の皮膚にも影響が及んだと考えられます。

 また、足の末梢温度を測定する実験では、10分間のサウンドヒーリングで温度上昇が認められました。これも体感音響の振動で、血流とリンパの末梢循環が改善したと推測できます。

首、肩への施術による角質水分量の変化

 東邦大学名誉教授・医師の有田秀穂先生にご協力いただいた実験では、自然音を聴いた後は、脳波がリラックス状態を示す「アルファ波」に変化することが確認されました。
 被験者の気分や感情の状態を調べる心理テスト(POMS)でも、緊張や抑うつ、疲労感などの数値は低下し、活気の数値が上昇しました。
 これまでにも自然音CDを聴いたかたから、「イライラしなくなって、心が軽くなった」「血圧が安定するようになった」「肩こりと頭痛が楽になった」などの報告を数多くいただいています。

自然治癒力を引き出す助けになる

 サウンドヒーリングCDには、森の小鳥のさえずりや小川のせせらぎなどを収めました。目を閉じて聴いていると、すがすがしい森を散歩しているイメージが浮かぶでしょう。
 幼い頃に遊んだ森や川……。
 ほとんどのかたが自然の中で過ごしたり、遊んだりした経験があると思います。この自然音CDは、その懐かしく、心地よい記憶を蘇らせてくれます。

 私たちが聴くすべての音は記憶と結びついていますので、楽しかったときに聴いた音を聴くと、心身がリラックスします。その結果、自律神経のバランスが整って血行もよくなっていきます。
 私たちの体には、本来、病気やケガを治す「自然治癒力」が備わっています。心がリラックスし、体がゆるむことによって、その力はさらに発揮されます。

 どうぞ皆さまもサウンドヒーリングCDで、自然音をライフスタイルに取り入れてください。
 すがすがしい森の自然音に包まれてリフレッシュすることで、心がほっとし、血流がアップし、体もしだいにゆるんでくることでしょう。自然治癒力を引き出す助けになるはずです。

※自律神経とは、意識に上らないレベルで体を整え、血管や内臓の働きをコントロールしている神経。交感神経と副交感神経がある。

解説者のプロフィール

喜田圭一郎 
株式会社ジョイファンデーション代表取締役。環境音楽の企画製作会社を経て、体感音響の開発に携わった後、独立。1999年、ガン治療の名医、ミッチェル・ゲイナー博士と出会い、「サウンドヒーリング健康法」を体系化する。現在、サウンドヒーリングプロデューサーとして、音を使った空間の演出や商品開発、環境音楽CDを数多く手がける。著書に『屋久島 癒しの清流音CDブック』『宮古島 癒しの波音CDブック』『美しい日本の自然音CDブック』(いずれもマキノ出版)など。NHK『きょうの健康』「音の癒し」に出演。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


治癒力

関連する投稿


自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【自然治癒力を高める】骨に着目した画期的な健康法「骨熱ひびき療法」とは

【自然治癒力を高める】骨に着目した画期的な健康法「骨熱ひびき療法」とは

最近は医療でも振動を利用したバイブレーション医学が注目されつつあります。振動を加えることで生体がもつ本来の機能が活性化されたり自然治癒力が高まったりすることがわかってきたからです。振動という現象に着目し、しかもそれを骨同士で伝えるのは実に画期的な治療法であり健康法といえるでしょう。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


痛みは脳が作りだす!「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛が緩和する理由

痛みは脳が作りだす!「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛が緩和する理由

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


傷を早く治す食べ物「ゴーヤ」皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

傷を早く治す食べ物「ゴーヤ」皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。【解説】合田榮一(元・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)