【自然音】は自律神経の働きと血液循環を正常化させる働きがある

【自然音】は自律神経の働きと血液循環を正常化させる働きがある

東洋医学では、「血」が全身を巡って、肉体に栄養を供給したり、精神を安定させたりすると考えられています。生命現象のもとと言える「血」とは、血液に当たります。【解説】西條一止(筑波技術短期大学名誉教授・医学博士)


心身の健康を保つために血液は重要

 東洋医学では、「血」が全身を巡って、肉体に栄養を供給したり、精神を安定させたりすると考えられています。生命現象のもとと言える「血」とは、血液に当たります。

 血液の循環は、環境とのかかわりの中で、体のさまざまな機能を適切に調節するために大きな役割を果たしています。例えば、近年増えている低体温や、夏場でも厚手の靴下が手放せないような冷え症などは、血液循環の障害によるものです。
 血液循環が悪いと、むくみや痛みが現れたり、皮膚に炎症などのトラブルが起こったり、便秘や下痢に悩まされたりもします。肉体的な面だけでなく、イライラや落ち込み、物忘れがひどくなるなど、精神的な面でも影響が出てきます。

 心と体の健康を保つには、頭から足先までの血管を、血液がきちんと流れることがたいせつです。
 全身の中で、特に血液循環が滞りやすいウイークポイントは脚の「ひざから下」です。立っていても、いすに腰かけているときも、ひざから下は常に地面に対して垂直です。あまり意識していないでしょうが、重力に逆らって、血液が脚にたまらないように、ひざから下の血管は常に緊張しているのです。
 夏場、冷房で冷やされた空気は下に行くため、床に近いほど室温が低くなり、ますますひざから下の筋肉と血管を緊張させてしまいます。

 全身の血液循環をよくするには、ひざから下の筋肉と血管をケアしてあげることが大事です。入浴時などには脚を伸ばし、「今日もご苦労様。ゆっくり休んで」と声をかけるようなイメージで、ふくらはぎの辺りをよくマッサージしてあげましょう。

自然の音を使って自然のリズムを取り戻す

 さて、血液の流れをコントロールしているのは、自律神経です。
 自律神経には、体を活動モードにする「交感神経」と休息モードにする「副交感神経」があります。一見、交感神経と副交感神経は対立していますが、実はそうではありません。この2つが、綱引きで釣り合っているときのようにバランスを取ることで、心身は置かれた状況に柔軟に対応できるのです。
 例えば、私たちが立っているときは交感神経が優位になり、血圧が高くなって、手足の血管の収縮力が強くなります。

 一方、体を横たえると、副交感神経が優位になり、血圧が下がって、手足の血管が広がって皮膚の温度が上がってきます。こうして熱を放出し、体の深部の温度を下げ、体を休ませて眠りに入るのです。
 昼間に活動し、夜は休息するという自然のリズムの中では、交感神経と副交感神経が上手に綱引きしています。24時間周期で昼夜の交替がある地球環境に適応するため、私たちには体内の活動を時刻に合わせて調節するしくみ(体内時計という)が備わっているからです。

 ところが、自然のリズムに反して深夜に活動する生活を続けると、交感神経ばかりが優位になります。加えて、人間関係や仕事などの過度なストレスも、交感神経を絶えず優位な状態にしてしまいます。

 自律神経が本来の機能を取り戻すには、自然のリズムで、ストレスの少ない生活を送ることが大事です。
 とはいえ、現代社会で生活を営む私たちが、いつも日の出とともに起きて、日の入りとともに寝るのは困難でしょう。かえってストレスを生むかもしれません。
 そこで、自然のリズムが備わっている「自然音」を利用するのです。

くつろげるとともに、日中は仕事への集中も高まる

緊張や疲労感が和らぎ、手足が温まる

 これまでに私たちが行った研究から、自然音の振動には、交感神経と副交感神経の両方の働きを整える作用があることがわかりました。
 実際に被験者の心拍を測定すると、自然音を聴くことで心臓の拍動がゆったりと安定し、心地よいリラックス状態に導かれていくのが見て取れます。

 また、喜田圭一郎先生の考案された、自然音の特性を持つ音の振動で体をケアするサウンドヒーリング健康法を受けると、10分ほどで足の温度が上昇することも確認されています。

 このように自然音には、自律神経のバランスを整え、心拍や血流を正常化する効果が期待できます。
 自然音をCDで聴いていると、ほんの2〜3分で緊張や疲労感が和らぎ、血流がよくなり、手足がほんのりと温まってくることに気づくでしょう。私自身、よく書斎で自然音を流しますが、くつろぐとともに、日中は仕事への集中も高まります。

 冒頭で述べたような、冷え、むくみ、肩こり、便秘・下痢、イライラするなどの症状を、どうか我慢しないでください。健やかに、いきいきとした毎日を送るため、これまでの生活を見直し、自然音を取り入れてみましょう。

西條一止
1938年、新潟県生まれ。65年、東京教育大学教育学部理療科教員養成施設卒業。71年、同大学同学部同学科教員養成施設助手。76年、筑波大学講師。77年、医学博士(東京大学)。86年、筑波大学教授。87年、筑波技術短期大学教授。学長。2003年、同大学名誉教授。06年、日本伝統医療科学大学院大学長。08年に退職。主な専攻分野は「自律神経機能からの鍼灸の科学化」。自然鍼灸治療の権威として、多くの治療家を育てている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自然音

関連する投稿


耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)


自然音によるセラピーは自律神経を整え、高血圧が改善した例も

自然音によるセラピーは自律神経を整え、高血圧が改善した例も

自律神経は、交感神経と副交感神経のシーソーのようなもので、常にゆらぎ、変動することで、体温や血圧などを一定に保ち続けようとします。このように生体が一定の状態を維持しようとすることを、恒常性、ホメオスタシスと言います。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)