MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
自然音によるセラピーは自律神経を整える!

自然音によるセラピーは自律神経を整える!

自律神経は、交感神経と副交感神経のシーソーのようなもので、常にゆらぎ、変動することで、体温や血圧などを一定に保ち続けようとします。このように生体が一定の状態を維持しようとすることを、恒常性、ホメオスタシスと言います。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)

心と体がほんとうに求めていることに耳を傾けよう

ひざ痛や高血圧が改善した人もいる

 自律神経は、交感神経と副交感神経のシーソーのようなもので、常にゆらぎ、変動することで、体温や血圧などを一定に保ち続けようとします。
 このように生体が一定の状態を維持しようとすることを、恒常性、ホメオスタシスと言います。

 しかし、ストレスが多い環境下で、自律神経のアンバランスが長時間にわたって続くと、自律神経活動の変動が生じにくくなります。その結果、恒常性が保てなくなり、慢性疲労と言われる〝病の入り口〟の状態となります。

 また、血液循環も悪化します。自律神経のバランスが崩れると、血管の異常な収縮・拡張が引き起こされ、血液が滞るからです。
 そして、血液も低酸素状態となり、弱アルカリ性から酸性に傾くことで、血管の内壁が傷つけられて、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

 「音によるセラピー」は、自律神経活動を元の変動に戻すために有効な方法です。私たちのクリニックで流している自然音やサウンドヒーリング健康法もその1つです。
 セラピーを受けた患者さんからは、「体が温かくなり、ひざの痛みが軽くなって歩くのが楽になった」「続けていたら、血圧の薬や自律神経の薬を服用しなくなった」といった声を耳にしています。こうした声を受けて、現在、自律神経のバランスと血管の動脈硬化について、各種検査法を用いて、セラピー効果を調査しています。

心身からのメッセージに耳を傾けよう

 なによりもたいせつなのは、自律神経のバランスが崩れるのは、ご自分の心と体がほんとうに求めていることと、思考や行動が一致していない状態である、という視点を持ち合わせることです。

 身体的な不調も、病気も、そのことに気づかせるための心と体からのメッセージであり、言い換えれば〝ギフト〟なのです。そして、よい・悪いとジャッジせず、すべてを引き受けるという視点を持つことが大事だと考えます。

 自然音を聴き、心と体からのメッセージにゆっくりと耳を傾けてみましょう。それによって、なにか「気づき」があれば、あるいは、なにも気づかなかったとしても、体の細胞1つひとつは反応し、自分らしく生きることにつながっていくのではないでしょうか。人は〝肉体以上の存在〟なのですから。

解説者のプロフィール

長田夏哉
山梨県生まれ。1993年、日本医科大学卒業後、慶應義塾大学整形外科学教室に入局。慶應義塾大学病院、済生会神奈川県病院、川崎市立井田病院、川崎市立川崎病院を経て、2005年より現職。体、心、意識へアプローチし、人に備わる自発的治癒力を高めるための医療を行う。

●田園調布長田整形外科
東京都大田区田園調布2-41-2NTT田園調布ビル1F
TEL 03-5483-7070
http://www.osada-seikei.com

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt