医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ!

脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ!

私たちは毎日、2.5Lもの水を放出しています。尿や便として1.5L、汗が0.5L、吐く息から0.5Lという排出量です。こうして失われた2.5Lの水分は、しっかり補充する必要があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


アルカリ性でミネラル分のバランスがいい水を飲む

 私たちは毎日、2.5ℓもの水を放出しています。尿や便として1.5ℓ、汗が0.5ℓ、吐く息から0.5ℓという排出量です。こうして失われた2.5ℓの水分は、しっかり補充する必要があります。

 2.5ℓというと多いように思いますが、食事から1ℓ、たんぱく質や炭水化物、脂肪の燃焼でも0・5ℓ摂取しています。ですから、飲み水としては1ℓ摂取すればいいことになります。夏場には汗をかく量が1ℓくらい増えますから、2ℓの水を飲む必要があります。

 水の飲み方としては、ゆっくりこまめに飲むのがいいでしょう。目安は、コップ1杯を1日に10回。これで1.5〜2ℓの水を摂取することができ、体が水不足になることもなく、新陳代謝も活発になります。
 おいしく水を飲むには、温度もたいせつです。夏場はやはり冷たいほうがいいですが、冷たすぎると体を冷やしてしまいます。ですから、やや冷たいくらいの7、8℃が適温です。

 体にとってよい水の条件は、まずアルカリ性であることです。体は疲れると酸性に傾くので、それを中性に戻すにはアルカリ性がいいのです。また、ミネラル分がバランスよく含まれていることも、たいせつだと言えます。
 南フランスのピレネー山脈の麓で湧き出ている「ルルドの水」のように、世界で長生きの水と言われる水の多くは、アルカリ性でミネラル分、特にカルシウムが豊富であることが明らかになっています。

脳梗塞や心筋梗塞を防ぐカルシウムが豊富な水

 血管の若さを保つためにも、水はたいせつな働きをします。動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクを低くするには、カルシウムを豊富に含んでいるアルカリ性の水がお勧めです。

 体はカルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンによるSOS信号を出し、骨や歯に含まれるカルシウムが血液中に溶け出して、不足した分を補います。血液中のカルシウム分がじゅうぶんな量になると、SOSの信号は止まります。
 ところが、信号が止まらずに、血液中のカルシウムが増えすぎてしまうことがあります。
 すると、血管壁に余分なカルシウムが付着して動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなるわけです。

 ふだんからカルシウム分を多く含んだ水を飲んでいれば、血液中のカルシウム分は適量に保たれます。そうすると、SOS信号を出す必要がなくなり、血液中に増えたカルシウムが血管壁に付着することもありません。血管が丈夫になり、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクも減ることになります。

 また、カルシウムと同様にたいせつなミネラルがマグネシウムです。カルシウムはマグネシウムあってこそ、有効に働くことができるからです。ですから、カルシウムとマグネシウムをバランスよくとれる水を飲むようにしましょう。
 理想的な比率は、カルシウム2に対してマグネシウム1とされています。硬度でいうと、100〜300の硬水がいいと思います。

50代の頃(左)と、現在74歳になる藤田先生(右)。飲み水にこだわって、心身ともにエネルギーが高まり、髪も濃くなった。

寝る前のコップ1杯は「宝水」になる

 脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果的な水の飲み方の目安は、起きてすぐにコップ1杯、午前中に1杯、午後に1〜2杯、寝る前に1杯です。

 なかでも、寝る前の1杯がたいせつです。この水は「宝水」と呼ばれますが、その理由は血液の粘度と関係があります。

 寝ている間は、汗や呼吸によって水分が失われ、水分を補給することもできません。その結果、血液の粘度は午前4〜8時くらいに最も高くなります。脳梗塞や心筋梗塞の発作が、早朝や午前中に多く見られるのは、このためです。
 しかし、寝る前にコップ1杯の水を飲んでいれば、血液の粘度が高くなるのを抑えることができます。脳梗塞や心筋梗塞のリスクも下がりますから、まさに宝水だと言えるでしょう。
 皆さんも上手に水を飲み、血管の若さを保って、健康な生活を送っていただきたいと思います。

解説者のプロフィール

藤田紘一郎
1939年生まれ。東京医科歯科大学卒業。東京大学医学系大学院修了、医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学教授、人間総合科学大学教授を経て、現在、東京医科歯科大学名誉教授。専門は感染免疫学、寄生虫学、熱帯医学。1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で、小泉賞を受賞。2000年、ヒトATLウイルス感染経路などの研究で日本文化振興会・社会文化功労賞、国際文化栄誉賞を受賞。著書に『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)、『50歳からは炭水化物をやめなさい』(大和書房)、『体をつくる水、壊す水 10年後に差がつく「水飲み〝腸〟健康法」30の秘訣』(ワニブックス【PLUS】新書)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


心筋梗塞 脳梗塞

関連する投稿


血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

血栓予防作用がアスピリンと同じ!ニンニクのにおい成分「MATS」の効果

ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

【心筋梗塞と脳梗塞】予防には軽い運動が効果! おすすめは腕振り(スワイショウ)

「じっと座ったまま」など、同じ姿勢で動かないでいることを「不活動状態」といいます。この不活動状態を、簡単な運動で適度に中断することが健康維持のカギであることが、明らかになってきています。最適なものの一つが「スワイショウ」という腕ふり運動だと考えています。【解説】塩谷英之(神戸大学大学院保健学研究科教授)


【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】隠れ脳梗塞とテレビ番組で判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を食べ物で予防!【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【足裏マッサージの効果】痛いところを徹底的にもむと体の不調は解消できる!

【足裏マッサージの効果】痛いところを徹底的にもむと体の不調は解消できる!

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)