医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!?

動脈硬化とは、弾力を失い、硬く、もろくなった動脈の状態を差します。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行に関わっていますが、近年は、細菌やウイルス感染も原因の一つではないかと見られています。【解説】赤池孝章(東北大学大学院医学系研究科・環境保健医学分野教授)


血管内に入り込んで炎症を起こす細菌

 弾力を失い、硬く、もろくなった動脈は「動脈硬化」と呼ばれ、心筋梗塞や脳卒中のような重大な病気を引き起こす原因になります。

 偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行にかかわっています。
また近年、細菌やウイルスの感染も、動脈硬化を進行させる要素の1つではないかと考えられるようになりました。

 これまでにも、歯周病菌やピロリ菌など、いくつかの細菌が動脈硬化にかかわっているのではないかと指摘されてきました。
しかし、どの細菌がどのようなメカニズムで動脈硬化の進行を促すかは、まだ明らかになっていません。
その解明には大きな注目が集まっています。

 実は細菌には、それぞれすみつきやすい臓器があります。
そこで私たちの研究チームは、動脈硬化を促す細菌は、血管に侵入して生息しやすい種類だろうと考えました。

 しかも、私たちの体に入り込んだ細菌は、通常は体を防御する免疫の働きで排除され、ほとんど目立った影響を及ぼさなくなります。

 したがって、動脈硬化にかかわるような細菌は、あまり激しい活動をする細菌ではないと考えられます。
つまり、免疫に排除されずに血管内でゆっくり増殖し、長期にわたって弱い炎症を起こすようなタイプであると想定されるわけです。

白血球の一種が脂肪を蓄積しやすくなる

 そうした性質を持つ細菌として、私たちが着目したのが、シネディ菌(ヘリコバクター・シネディ)です。

 シネディ菌は、1984年に初めて人への感染が確認された細菌です。
血管に侵入しやすい菌ですが、腸の中に多く見られ、軽い発熱や下痢などを引き起こす場合があることが知られています。

 私たちは、健康な人でも、10〜20%がこの菌を保有していることを調査で確認しています。
ただし、ほかに組織的な調査が行われた例は見られません。
実際には、より多くの人がこの菌を保有しているのではないかとも推測されます。

写真は大動脈の横断面で、赤く染まった部分が動脈硬化の生じた部分です。
シネディ菌に感染したマウスは、感染していないマウスに比べて脂肪の蓄積が多く、動脈硬化が促進されていることがわかります(提供/東北大学・赤池孝章教授)。

 以前にも私たちは、動脈硬化を起こしている血管にシネディ菌が感染していることを確認していました。

 そこで今回は、シネディ菌が動脈硬化の進行にどのようにかかわっているのかを調べる実験を行いました。動脈硬化を起こしやすい実験用のマウスにシネディ菌を感染させ、血管への脂肪の蓄積を、感染していないマウスと比較したのです。

 その結果、シネディ菌に感染して8週間後のマウスの血管には、感染していないマウスの約2倍の脂肪が蓄積していることがわかりました(上の写真を参照)。
つまり、シネディ菌に感染すると、血管に脂肪が蓄積する量が増え、動脈硬化の進行が促されることが確認できたのです。

マクロファージを使った実験でわかったこと

 動脈硬化にはいくつかタイプがありますが、脂肪の蓄積が関係しているのは主にアテローム硬化というタイプです。
この動脈硬化は、白血球の一種であるマクロファージが、血管の壁に入り込んだ酸化コレステロールを取り込み、その部分に大量にたまることで進行します。

 私たちは、培養したマクロファージを用いて実験を行い、脂肪が蓄積するしくみも調べました。
この実験によって、シネディ菌に感染したマクロファージでは、コレステロールを取り込むたんぱく質が増え、反対にコレステロールを排出するたんぱく質が減ることがわかりました。

 シネディ菌に感染したマクロファージは、脂肪をため込みやすくなり、それが血管壁に蓄積することで動脈硬化が促されるというわけです。

 動脈硬化への細菌やウイルスのかかわりは、これまで否定的に見られてきた傾向があります。
しかし、私たちが行った実験の結果から、シネディ菌が動脈硬化を促進させる要因の1つであることは、ほぼ間違いないと言えるでしょう。

シネディ菌が動脈硬化の進行を促すしくみ

今後さらに研究を進めていきたい

 日本人の死因のうち、心臓病と脳血管疾患を合わせると、死亡数全体の約4分の1を占めます。
その原因となる動脈硬化の予防には、禁煙や運動、食生活の見直しなど、生活習慣の改善が必要です。

 ただし、生活習慣の改善という基本だけで、動脈硬化の予防にじゅうぶんだとは言えません。
今回の私たちの実験は、動脈硬化の予防法や治療法の開発に向けた新たな一歩だと考えています。

 最近、シネディ菌による感染症の症例も、数多く報告されるようになっています。
しかし、これまでシネディ菌の本格的な研究は行われてきませんでした。

 私たちの実験をきっかけとして、シネディ菌の研究がさらに進んでいけば、動脈硬化との関係がより明らかになっていくことでしょう。
私たちも、いっそう研究を深めて、動脈硬化の予防法や治療法の開発に貢献したいと考えています。

解説者のプロフィール

赤池孝章
1984年、熊本大学医学部卒業。91年、熊本大学大学院医学研究科博士課程修了、同年熊本大学医学部助手。92年、同講師。93年、トーマスジェファーソン医科大学客員教授。94年、熊本大学医学部助教授。01年、アラバマ大学バーミングハム校客員教授。03〜06年、文部科学省研究振興局学術調査官併任。05年、熊本大学大学院生命科学研究部微生物学分野教授。08〜12年、文部科学省新学術領域研究『活性酸素シグナル』領域代表。11年、熊本大学医学科長(副医学部長)。13年4月より現職。研究テーマ・専門分野は酸化ストレス、感染・慢性炎症病態の解明。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


動脈硬化

関連する投稿


【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

私が「朝カレー」に注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。偏食が多く、生活も不規則その上、体が冷えていて低体温が多かったのです。カレーは血流を促して体温を上げ、新陳代謝を活発にします。朝食べたら、朝から元気になり早寝早起きの習慣がつきます。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

動脈硬化を防ぐ注目の成分「トマトサポニン」 ミニトマトジュースが最適!

2003年、私たちは、成熟した生のトマトから、トマトサポニンを取り出すことに、初めて成功しました。トマトサポニンが、ステロイドホルモンとして体内に作用した結果、動脈硬化症をはじめ、高血圧症や糖尿病、更年期障害、骨粗鬆症などを改善すると考えられるのです。【解説】野原稔弘(熊本大学名誉教授・薬学博士)


「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

連続テレビ小説『ごちそうさん』の中で「魔法の水」として登場した「コンブ酒」。安酒にコンブを入れると、うまみが格段にアップして上等酒に変わる、と紹介されていました。コンブの成分には塩分やコレステロールを排出させる働きがあり健康効果も抜群!昆布酒の作り方とレシピを紹介しましょう。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)