【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!? 血管に侵入しアテロームをためる細菌

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!? 血管に侵入しアテロームをためる細菌

動脈硬化とは、弾力を失い、硬く、もろくなった動脈の状態を差します。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行に関わっていますが、近年は、細菌やウイルス感染も原因の一つではないかと見られています。【解説】赤池孝章(東北大学大学院医学系研究科・環境保健医学分野教授)


血管内に入り込んで炎症を起こす細菌

 弾力を失い、硬く、もろくなった動脈は「動脈硬化」と呼ばれ、心筋梗塞や脳卒中のような重大な病気を引き起こす原因になります。
 偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行にかかわっています。また近年、細菌やウイルスの感染も、動脈硬化を進行させる要素の1つではないかと考えられるようになりました。

 これまでにも、歯周病菌やピロリ菌など、いくつかの細菌が動脈硬化にかかわっているのではないかと指摘されてきました。しかし、どの細菌がどのようなメカニズムで動脈硬化の進行を促すかは、まだ明らかになっていません。その解明には大きな注目が集まっています。

 実は細菌には、それぞれすみつきやすい臓器があります。そこで私たちの研究チームは、動脈硬化を促す細菌は、血管に侵入して生息しやすい種類だろうと考えました。
 しかも、私たちの体に入り込んだ細菌は、通常は体を防御する免疫の働きで排除され、ほとんど目立った影響を及ぼさなくなります。
 したがって、動脈硬化にかかわるような細菌は、あまり激しい活動をする細菌ではないと考えられます。つまり、免疫に排除されずに血管内でゆっくり増殖し、長期にわたって弱い炎症を起こすようなタイプであると想定されるわけです。

 そうした性質を持つ細菌として、私たちが着目したのが、シネディ菌(ヘリコバクター・シネディ)です。
 シネディ菌は、1984年に初めて人への感染が確認された細菌です。血管に侵入しやすい菌ですが、腸の中に多く見られ、軽い発熱や下痢などを引き起こす場合があることが知られています。
 私たちは、健康な人でも、10〜20%がこの菌を保有していることを調査で確認しています。ただし、ほかに組織的な調査が行われた例は見られません。実際には、より多くの人がこの菌を保有しているのではないかとも推測されます。

写真は大動脈の横断面で、赤く染まった部分が動脈硬化の生じた部分です。シネディ菌に感染したマウスは、感染していないマウスに比べて脂肪の蓄積が多く、動脈硬化が促進されていることがわかります(提供/東北大学・赤池孝章教授)。

白血球の一種が脂肪を蓄積しやすくなる

 以前にも私たちは、動脈硬化を起こしている血管にシネディ菌が感染していることを確認していました。

 そこで今回は、シネディ菌が動脈硬化の進行にどのようにかかわっているのかを調べる実験を行いました。動脈硬化を起こしやすい実験用のマウスにシネディ菌を感染させ、血管への脂肪の蓄積を、感染していないマウスと比較したのです。

 その結果、シネディ菌に感染して8週間後のマウスの血管には、感染していないマウスの約2倍の脂肪が蓄積していることがわかりました(上の写真を参照)。つまり、シネディ菌に感染すると、血管に脂肪が蓄積する量が増え、動脈硬化の進行が促されることが確認できたのです。

 動脈硬化にはいくつかタイプがありますが、脂肪の蓄積が関係しているのは主にアテローム硬化というタイプです。この動脈硬化は、白血球の一種であるマクロファージが、血管の壁に入り込んだ酸化コレステロールを取り込み、その部分に大量にたまることで進行します。

 私たちは、培養したマクロファージを用いて実験を行い、脂肪が蓄積するしくみも調べました。この実験によって、シネディ菌に感染したマクロファージでは、コレステロールを取り込むたんぱく質が増え、反対にコレステロールを排出するたんぱく質が減ることがわかりました。

 シネディ菌に感染したマクロファージは、脂肪をため込みやすくなり、それが血管壁に蓄積することで動脈硬化が促されるというわけです。
 動脈硬化への細菌やウイルスのかかわりは、これまで否定的に見られてきた傾向があります。しかし、私たちが行った実験の結果から、シネディ菌が動脈硬化を促進させる要因の1つであることは、ほぼ間違いないと言えるでしょう。

今後さらに研究を進めていきたい

 日本人の死因のうち、心臓病と脳血管疾患を合わせると、死亡数全体の約4分の1を占めます。その原因となる動脈硬化の予防には、禁煙や運動、食生活の見直しなど、生活習慣の改善が必要です。
 ただし、生活習慣の改善という基本だけで、動脈硬化の予防にじゅうぶんだとは言えません。今回の私たちの実験は、動脈硬化の予防法や治療法の開発に向けた新たな一歩だと考えています。

 最近、シネディ菌による感染症の症例も、数多く報告されるようになっています。しかし、これまでシネディ菌の本格的な研究は行われてきませんでした。

 私たちの実験をきっかけとして、シネディ菌の研究がさらに進んでいけば、動脈硬化との関係がより明らかになっていくことでしょう。私たちも、いっそう研究を深めて、動脈硬化の予防法や治療法の開発に貢献したいと考えています。

赤池孝章
1984年、熊本大学医学部卒業。91年、熊本大学大学院医学研究科博士課程修了、同年熊本大学医学部助手。92年、同講師。93年、トーマスジェファーソン医科大学客員教授。94年、熊本大学医学部助教授。01年、アラバマ大学バーミングハム校客員教授。03〜06年、文部科学省研究振興局学術調査官併任。05年、熊本大学大学院生命科学研究部微生物学分野教授。08〜12年、文部科学省新学術領域研究『活性酸素シグナル』領域代表。11年、熊本大学医学科長(副医学部長)。13年4月より現職。研究テーマ・専門分野は酸化ストレス、感染・慢性炎症病態の解明。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


動脈硬化

関連する投稿


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【血圧を下げる】血管年齢が若返る簡単体操のやり方 エコノミークラス症候群にも効果

【血圧を下げる】血管年齢が若返る簡単体操のやり方 エコノミークラス症候群にも効果

血管年齢が高いほど、動脈硬化が進行し、血管が硬くなっているため、多くの病気が発生する確率が高くなるのです。血管年齢の高い患者さんに、私がお勧めしているのが、「ゴロ寝つま先体操」です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

【糖尿病改善】動脈硬化を防ぐ「酢生姜」の効果 中性脂肪値が1ヵ月で降下した!

ショウガを酢に漬け込んで作る「酢ショウガ」には、さまざまな健康効果が期待できます。私が特に注目するのが、血中脂質や血糖値の改善効果です。酢ショウガを食べると、ショウガと酢のダブル効果で、動脈硬化を防ぎ、血糖値の上昇を抑えられるます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

【がんを予防する食事】大腸がんの原因“脂質ラジカル”とは 肉や油は「野菜スープ」と取るとよい

毎日の食事に野菜スープをとり入れることは、老化予防やさまざまな生活習慣病の予防に確実につながります。老化をはじめ心臓病、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)やがんなどの生活習慣病には、活性酸素がかかわっています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)