医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師の体験談】高血圧が「グーパー体操」で正常化した

【医師の体験談】高血圧が「グーパー体操」で正常化した

健康診断で「血圧が高い」と言われ、内科に行ったら降圧剤を処方された。以来、ずっと薬を飲んでいる……皆さんの中にも、こういうかたは少なくないのではないでしょうか?【解説】村田高明(元慶應義塾大学医学部講師)


解説者のプロフィール

村田高明
1935年、秋田県生まれ。60年、慶應義塾大学医学部卒業後、同大婦人科教室入局。国立東京第二病院勤務を経て、アメリカ南カリフォルニア大学に留学。帰国後、国立埼玉病院産婦人科医長、国立栃木病院産婦人科医長を経て87年より南多摩病院産婦人科医長、のち院長。漢方による診断・治療を実践し、漢方応用の不妊症治療の実績は35年間で2000例以上にも上る。現在は、京王八王子山川クリニックほか、4つの漢方外来で診療に当たる。

父も祖父も脳卒中で亡くなった

 健康診断で「血圧が高い」と言われ、内科に行ったら降圧剤を処方された。
以来、ずっと薬を飲んでいる……皆さんの中にも、こういうかたは少なくないのではないでしょうか?

 もちろん、薬を飲むことは非常にたいせつです。
かく言う私も、ずっと弱い降圧剤のお世話になっています。

 ただ、長年、医師として働いてきて思うのは、日本人は薬に頼りすぎだということ。
「薬を飲んだからだいじょうぶ」ではなく、やはり自分なりに養生していくことが、健康で元気いっぱいの老後につながっていくと考えます。

 私も60歳で最大血圧が200㎜Hgを超えたときは、すぐに降圧剤の服用を開始するとともに、生活全般の見直しをしました(基準値は、最大血圧140㎜Hg以下、最小血圧90㎜Hg以下)。

 高血圧は、心臓が慢性的に高い圧力をかけて血液を送り出している状態のことです。
血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともある怖い病気です。

 私の父も、祖父も、脳卒中で亡くなっており、いわゆる高血圧の家系です。
祖父が倒れたのは当時の私と同年代の62歳でした。

 私は、高血圧にありがちな頭痛がひどく、いつ倒れてもおかしくない状況だったと思います。
しかも、当時の私は、病院の院長を務めるとともに、産婦人科の医師でもありました。
外来で1日200人以上の患者さんを診察し、お産があれば夜中でも病院に駆けつけねばなりません。
また学生の講義を週に2回持っており、その資料作成も大変でした。

布団に寝転んだまま指をグー・パーするだけ

 そんな多忙を極めた私が「少しでも血流をよくしよう」と始めたのが、「グー・パー体操」です。
グー・パー体操はその名のとおり、手をグー、パーと握ったり開いたりするもの。

 朝、布団に寝転がったまま両腕を伸ばし、グー・パー体操を行います。
すると、2〜3週間後から血圧が下がり始め、なんと1カ月後には基準値の140㎜Hg以下になり、頭痛も解消しました。
もちろん、降圧剤を飲み、減塩を心がけ、間食をやめるなどの努力はしましたが、多忙な生活そのものは変わっていません。

 グー・パー体操は、もともと冷え症に悩む患者さんのために考案したものです。
手足の先が冷たくてつらい……という人は、末端の血の巡りが悪くなっています。
心臓から遠い手足の毛細血管で、血液の流れが滞っているからです。

 そして高血圧も、冷え症と同じく血行不良が原因の1つです。
血流が悪いなら、手足をポンプのように動かして、血液の流れを助けてあげればよいのでは? この発想から生まれたのが、グー・パーという単純な動きでした。

グー・パー体操のやり方

 グー・パー体操の詳しいやり方をご説明しましょう。
まず足の血液を効率的に心臓に戻すため、2つ折りにした座布団やクッションを足の下に置きます。

 そしてあお向けに寝て腕を伸ばし、年の数だけグー・パーし、さらにグー・パーの動きに合わせて、足首を前後に動かします。
年の数だけやるのが大変な人は、まずは30回を目安に行い、徐々に数を増やしてください。

 また、グーのときに親指を中に入れて握ると「労宮」というツボの刺激にもなります。
労宮は手のひらの真ん中にあり、疲労やストレス解消に効果的です。

 いつ行ってもかまいませんが、お勧めは朝です。
起床時に体を適度に動かす習慣を持つことで、自律神経を整えることができるからです。

 また、腕を伸ばすのがつらい場合は、ひじを床につけて行ってもかまいません。
基本的には78歳の私ができる体操ですから、それほど大変ではないと思います。

78歳の今も現役医師で、4つの病院をかけもち

 テレビでも「医師の勧める健康体操」というテーマでお話ししたところ、視聴者のかたから大きな反響をいただきました。
なにしろ、簡単で短時間ででき、手間もお金もかかりませんが、効果はてきめんですから。

 おかげさまで、高血圧体質と上手につきあいながら、ずっと元気に働いております。
降圧剤も服用していますが、作用のぐっと弱い薬になりました。

 定年後の現在は、4つの病院をかけもちで患者さんを診察。
土日は習い事にワイフの買い物のお供と、相変わらずの多忙な日々を満喫しています。

手の「グー・パー体操」を実演する村田高明先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


降圧剤 高血圧

関連する投稿


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

【更年期の高血圧】血圧急上昇に慌てるな!降圧剤に頼らず改善も可能

更年期女性の高血圧に対する治療でいちばん重要なのは、生活指導です。更年期の患者さんの多くは、ホルモンバランスが不安定になっていることに加え、子供の自立、親の介護、夫の定年退職など、環境が激変する中で、自律神経の失調状態が起こっているケースが少なくありません。【解説】天野惠子(静風荘病院女性外来特別顧問・循環器内科医師)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)