MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師の体験談】高血圧が「グーパー体操」で正常化した

【医師の体験談】高血圧が「グーパー体操」で正常化した

健康診断で「血圧が高い」と言われ、内科に行ったら降圧剤を処方された。以来、ずっと薬を飲んでいる……皆さんの中にも、こういうかたは少なくないのではないでしょうか?【解説】村田高明(元慶應義塾大学医学部講師)

解説者のプロフィール

村田高明
1935年、秋田県生まれ。60年、慶應義塾大学医学部卒業後、同大婦人科教室入局。国立東京第二病院勤務を経て、アメリカ南カリフォルニア大学に留学。帰国後、国立埼玉病院産婦人科医長、国立栃木病院産婦人科医長を経て87年より南多摩病院産婦人科医長、のち院長。漢方による診断・治療を実践し、漢方応用の不妊症治療の実績は35年間で2000例以上にも上る。現在は、京王八王子山川クリニックほか、4つの漢方外来で診療に当たる。

父も祖父も脳卒中で亡くなった

 健康診断で「血圧が高い」と言われ、内科に行ったら降圧剤を処方された。
以来、ずっと薬を飲んでいる……皆さんの中にも、こういうかたは少なくないのではないでしょうか?

 もちろん、薬を飲むことは非常にたいせつです。
かく言う私も、ずっと弱い降圧剤のお世話になっています。

 ただ、長年、医師として働いてきて思うのは、日本人は薬に頼りすぎだということ。
「薬を飲んだからだいじょうぶ」ではなく、やはり自分なりに養生していくことが、健康で元気いっぱいの老後につながっていくと考えます。

 私も60歳で最大血圧が200㎜Hgを超えたときは、すぐに降圧剤の服用を開始するとともに、生活全般の見直しをしました(基準値は、最大血圧140㎜Hg以下、最小血圧90㎜Hg以下)。

 高血圧は、心臓が慢性的に高い圧力をかけて血液を送り出している状態のことです。
血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともある怖い病気です。

 私の父も、祖父も、脳卒中で亡くなっており、いわゆる高血圧の家系です。
祖父が倒れたのは当時の私と同年代の62歳でした。

 私は、高血圧にありがちな頭痛がひどく、いつ倒れてもおかしくない状況だったと思います。
しかも、当時の私は、病院の院長を務めるとともに、産婦人科の医師でもありました。
外来で1日200人以上の患者さんを診察し、お産があれば夜中でも病院に駆けつけねばなりません。
また学生の講義を週に2回持っており、その資料作成も大変でした。

布団に寝転んだまま指をグー・パーするだけ

 そんな多忙を極めた私が「少しでも血流をよくしよう」と始めたのが、「グー・パー体操」です。
グー・パー体操はその名のとおり、手をグー、パーと握ったり開いたりするもの。

 朝、布団に寝転がったまま両腕を伸ばし、グー・パー体操を行います。
すると、2〜3週間後から血圧が下がり始め、なんと1カ月後には基準値の140㎜Hg以下になり、頭痛も解消しました。
もちろん、降圧剤を飲み、減塩を心がけ、間食をやめるなどの努力はしましたが、多忙な生活そのものは変わっていません。

 グー・パー体操は、もともと冷え症に悩む患者さんのために考案したものです。
手足の先が冷たくてつらい……という人は、末端の血の巡りが悪くなっています。
心臓から遠い手足の毛細血管で、血液の流れが滞っているからです。

 そして高血圧も、冷え症と同じく血行不良が原因の1つです。
血流が悪いなら、手足をポンプのように動かして、血液の流れを助けてあげればよいのでは? この発想から生まれたのが、グー・パーという単純な動きでした。

グー・パー体操のやり方

 グー・パー体操の詳しいやり方をご説明しましょう。
まず足の血液を効率的に心臓に戻すため、2つ折りにした座布団やクッションを足の下に置きます。

 そしてあお向けに寝て腕を伸ばし、年の数だけグー・パーし、さらにグー・パーの動きに合わせて、足首を前後に動かします。
年の数だけやるのが大変な人は、まずは30回を目安に行い、徐々に数を増やしてください。

 また、グーのときに親指を中に入れて握ると「労宮」というツボの刺激にもなります。
労宮は手のひらの真ん中にあり、疲労やストレス解消に効果的です。

 いつ行ってもかまいませんが、お勧めは朝です。
起床時に体を適度に動かす習慣を持つことで、自律神経を整えることができるからです。

 また、腕を伸ばすのがつらい場合は、ひじを床につけて行ってもかまいません。
基本的には78歳の私ができる体操ですから、それほど大変ではないと思います。

78歳の今も現役医師で、4つの病院をかけもち

 テレビでも「医師の勧める健康体操」というテーマでお話ししたところ、視聴者のかたから大きな反響をいただきました。
なにしろ、簡単で短時間ででき、手間もお金もかかりませんが、効果はてきめんですから。

 おかげさまで、高血圧体質と上手につきあいながら、ずっと元気に働いております。
降圧剤も服用していますが、作用のぐっと弱い薬になりました。

 定年後の現在は、4つの病院をかけもちで患者さんを診察。
土日は習い事にワイフの買い物のお供と、相変わらずの多忙な日々を満喫しています。

手の「グー・パー体操」を実演する村田高明先生

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt