【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

【ハハハ!】負の感情を吹き飛ばす!心も体も超健康になる「笑いヨガ」

好きなことをしているときは、だれでも楽しい気分になります。笑顔になるし、笑う回数もふえます。笑うことが健康によいということは、すでに科学的に実証され、一般向けの書籍でも多数紹介されています。【解説】高田佳子(日本笑いヨガ協会代表)


笑いが健康に良いことは科学的に実証済

自分の可能性を新発見!

感情ではなく体が笑う

 好きなことをしているときは、だれでも楽しい気分になります。笑顔になるし、笑う回数もふえます。笑うことが健康によいということは、すでに科学的に実証され、一般向けの書籍でも多数紹介されています。また、この本でも、臨床医師や医大教授のかたがたに、笑いの健康効果について説明していただきました。

 しかし、つらいときや悲しいとき、不安なときは笑えません。そんなときにも笑えるのが「笑いヨガ」です。

 笑いヨガは、笑う動作と呼吸法を組み合わせた体操です。おもしろさに関係なく、笑いの健康効果を得られます。ヨガといっても伝統的なヨガの行法とは違い、インド人医師のマダン・カタリアによって、1995年に考案されたものです。笑いが健康にいいと知った彼は、早々に近所の公園で笑いクラブを始めました。冗談をいい合って笑っていたのですが、その方法は10日ほどで限界がきました。同じ話で何回も笑えるわけはありませんし、人の好みにも左右されるからです。
 しかし、体は、本物の笑いと「つくり笑い」の区別がつかないこと、動作によって特定の感情を引き出せることを知った彼は、エクササイズとして笑うことを思いつきました。さらに、ストレッチや遊び心を引き出す要素を加えると、笑いヨガは大人気になりました。
 つまり、冗談やユーモアなどのおもしろいと感じる刺激なしで、笑う体操なのです。

 考えてみれば、人が笑うのは、おもしろいと感じるときだけとは限りません。照れ笑いや苦笑い、ごまかし笑い、あざ笑いといったように、気分のよいときだけ笑うのではないのです。
 いずれにしろ、感情が動いて笑うという動作になるのですが、笑いヨガの場合、笑うという動作だけでよいのです。感情は必要ありません。体操として笑う動作をするだけで、体に変化が起こるのです。

 笑う動作をくり返していると、脳は心から笑っていると錯覚し、気持ちよいと感じるホルモンを分泌させ、同時にストレスをおさえるホルモンを出すといわれています。笑った後の爽快感や楽しさは、だれにでも経験があるはずです。体がポカポカしてくると、心も温かくなり、やがて、ほんとうにおかしくなってきます。

ゲラゲラ筋を鍛えて自分の殻を破る! 

 笑う動作をくり返していると、顔の表情筋、声帯、胸筋、腹筋など、笑うための筋肉が鍛えられます。私はそれらの筋肉のことをまとめて「ゲラゲラ筋」と呼んでいます(下図参照)。
 ゲラゲラ筋は、実は呼吸に使われる筋肉でもあるのです。つまり、ゲラゲラ筋を鍛えれば、呼吸が深くなります。ストレスや緊張で、呼吸が浅くなるといわれていますが、それが低酸素と低体温の原因の一つです。酸素不足も、疲れや病気の原因になります。

「息」が変われば「生き方」が変わるといわれています。呼吸に使われる筋肉を動かし、疲れにくい体を手に入れるいちばん簡単な方法が、笑いなのです。

 私は6年間、東京都文京区にある根津神社で、毎朝ラジオ体操の終了時間から20分間、笑いヨガを続けています。老若男女、さまざまな人が集まります。ただ笑うだけの仲間ですが、皆さんそれぞれの人生の中で、いろいろな経験をされます。
 私は、ひどい肩こりと不眠が治りました。皆さんも、何かよいことがあるから続けられます。体調がよくなった人や、ダイエットに成功した人、視力がよくなった人、イライラしなくなった人、怒らなくなったという人たちもいます。また、人と話すのが楽になったという男性や、仕事のストレスが激減したという人もいます。

 しかし、長い間やっていると、病気や家族の死、詐欺にあったなど、つらいことや悲しい経験をされるかたもいらっしゃいます。そうした経験をされても、元気になりたくて、また顔を出してくださるのです。
 笑うことが、心の健康にもよいことをご存じなのでしょう。人生でつらいことやイライラ、不安、憤りといった感情に遭遇しない人はいないのです。

 こうした負の感情から解放されるきっかけとして、笑いヨガは役に立つかもしれません。
 笑いヨガは、無理やり笑うことも大声を出す必要もないのですが、「ハハハハ」と息を吐き続けるので、見かけ以上に激しい運動です。そのため、笑っている最中は、余計なことを考えません。また、周りが笑っていると、笑いが伝染します。無邪気な子どもの遊びのような笑いの体操が、しばし自分の抱えている悩みを忘れさせてくれます。

ゲラゲラ筋の場所

 だれでも、赤ちゃんだったころはあります。何歳であっても、邪心のない笑いは、周りの人を明るい気分にさせます。
 だから、笑えないときほど笑う動作をしてください。

 笑いヨガは、見ているだけだとちょっと躊躇するようなバカバカしいものですが、ゲラゲラ筋を鍛えると思ってチャレンジし、新しい自分の可能性を発見していただきたいと思います。

命の最期まで笑ってほしい 

 私は、2009年1月から、たくさんの人たちに、その楽しさやすばらしさを伝えてきました。「病気がよくなった」「心が前向きになった」という声が届くたびに、ほんとうにうれしく感じます。特にうれしいのが、介護が楽になってきたという声です。介護は、するほうもされるほうも、大変な苦労が伴います。介護をされているかたには、ぜひ笑いヨガをしていただきたいと思います。

 笑いヨガは、座ったままでも認知症があってもできます。嚥下(食べ物や飲み物を飲み込むこと)にも効果が高く、実際に「お薬が飲みやすくなった」「食事がのどを通りやすくなった」という喜びの声をいただいています。

 笑えば、ウツウツした気分が吹っ飛びます。介護する側とされる側の双方が、明るい笑顔でいられる秘訣です。
 介護や治療が必要なかたが、笑いでどんどん変化していきます。だから、私の講座には、介護が必要な家族を持つかたや、プロの介護士さんたちもたくさん参加されます。
 また、医師や看護師、理学療法士、作業療法士など、健康のプロたちがたくさん学んでくださっているのです。
 死は、だれにも必ず訪れます。一歩一歩、死に近づいているとしても、今は生きているのです。生を喜び合う方法として、いちばん簡単で価値があるのが、人と人とが笑い合うことだと私は信じています。

笑いヨガのセッション

解説者のプロフィール

高田佳子
日本笑いヨガ協会代表。株式会社アートランド代表取締役。桜美林大学加齢・発達研究所連携研究員。NPO法人日本ケアリングクラウン協会理事。一級建築士。老年学修士。世界共通語である「笑い」に興味を持ち、笑顔があふれる空間づくりや、イベントプロデューサーとして世界じゅうのパフォーマーを日本に招へいする仕事をしているうちに、笑えない状況にある人ほど笑いが必要であると思うようになる。ケア現場での道化師の育成「ケアリングクラウン養成講座」を全国で展開していたが、2009年に、とても簡単でだれでも確実に笑える「笑いヨガ」と出会い、現在では全国で「笑いと健康」の講演活動や講座を開催している。『ボケないための笑いヨガ』(春陽堂書店)をはじめ、著書や訳書が多数。

笑いヨガをやってみたいと思ったら

日本笑いヨガ協会主催の体験会

・東京
 水道橋笑いクラブ(日本笑いヨガ協会 水道橋「笑い場」)
  毎週火曜日(第5・祝日除く) 10:00~11:20
  毎週水曜日(第5・祝日除く) 18:30~19:50
 文京笑いクラブ(原則として文京シビックセンター会議室)
  第3月曜日(祝日除く) 10:00~11:20
・名古屋
 名古屋一金笑いクラブ(ウインクあいち)
  第1金曜日 18:30~20:00
・岡山
 岡山もも太郎笑いクラブ(原則としてオルガホール)
  第3金曜日 18:30~20:00
・大阪
 大阪888笑いクラブ(梅田・総合生涯学習センター)
  偶数月の第2金曜日 18:30~20:00
・福岡
 福岡天神笑いクラブ(原則としてボランティアセンターあすみん)
  奇数月の第2金曜日 18:30~20:00

笑いヨガ講師を呼びたいかた

講演・研修・ワークショップなどに講師を派遣します。

●問い合わせ先
 日本笑いヨガ協会事務局
 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-22-8 梨本ビル5F
 TEL 03-5357-1458 FAX 03-5357-1468
http://waraiyoga.org/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


笑いヨガの効果 ストレス

関連する投稿


ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

猫から癒しを得ているとき、あなたはきっと、猫の存在をそのまま丸ごと無条件に受け入れ、猫の気持ちを想像、共有しているはずです。なにかを心から受け入れているとき、そこには、普段はなかなか感じることのない「穏やかな解放感」と「深い平安」がもたらされています。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長・医学博士)


更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


緊張する場面で効果!ここ一番で聞きたい最大の癒し曲「心音」とは

緊張する場面で効果!ここ一番で聞きたい最大の癒し曲「心音」とは

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


【腰痛・坐骨神経痛】痛みを改善する「耳ツボ」の位置ともみ方

【腰痛・坐骨神経痛】痛みを改善する「耳ツボ」の位置ともみ方

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)