【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


昇 幹夫
1947年鹿児島生まれ。九州大学医学部を卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として大阪在住。現在、大阪市で産婦人科診療を続けながら、「日本笑い学会」副会長として、笑いの医学的効用を研究。「元気で長生き研究所」所長として、全国講演活動中。自称「健康法師」。著書として、『泣いて生まれて笑って死のう』(春陽堂書店)、『笑いは心と脳の処方せん』(リヨン社)、『笑いと食と健康と』(芽ばえ社)など多数。

笑いは腹式呼吸であり内臓のジョギング

 私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。こうした体験から学んだのは、生を受けてから死に向かうまで、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。

 私が、人生との向き合い方を考え直すようになったきっかけは、今から17年前、高校卒業30周年の同期会に出席したことでした。当時の私は、産婦人科医としての激務に追われ、いつ倒れてもおかしくない生活を続けていました。そんな中、なんとか時間を作って、同期会に出席することができたのです。私は、懐かしい仲間たちとの再会を心待ちにしていました。

 しかし、実際に出席してみると、200人の同期生のうち、8人がすでに亡くなっていたことが判明。しかも、そのうちの4人が私と同じ医師で、大きなショックを受けたのです。
 このとき、私は心に決めました。「これまでの過労死寸前の生き方を改め、いつ終わりが来ても、いい人生だったと思えるように」と。そして、そのためには、まず笑うことが大切だということに気づいたのです。

 さて、人間は2種類に分けることができるのをご存じでしょうか。それは、「いっしょにいて楽しい人」と「そうではない人」です。皆さんは、どんな人といっしょにいて楽しいと感じますか。それは、やはり笑顔の人ではないでしょうか。
 さらに、笑いは、健康にも役立ちます。笑いを呼吸生理学的に考えると、それは連続した呼気、息ははき出すことです。吸気、吸う息では、笑えません。つまり、笑うということは、腹式呼吸の一つであり、健康増進することがわかっています。また、呵呵大笑は、内臓のジョギングともいわれていますね。
 実際に、近年、笑いと健康について、たくさんの医学者が研究を重ねて、すばらしい成果が次々と発見されています。

つらいときでもとにかく笑おう!

 笑いは、いい遺伝子のスイッチをオンにします。しかし、人生を歩むうえで、どうしても笑えない状況に陥るケースもあります。
 その一つが、重篤な病気でしょう。例えば、医師からガンを宣告されて、笑っていられる人がどれほどおられるでしょうか。ガンになると、ほとんどの人は絶望します。あまりの絶望に、心が折れてしまう人もたくさんいます。
 人間は、賢い生き物です。賢いからこそ明日のことを心配し、悲観論者になります。しかし反対に、賢いからこそ、笑うことができるのです。

 悩むことと笑うことは、本来セット。どんな状況にあっても、人生を楽しみ「にもかかわらず」笑うことが大切なのです。
 こんな実験もあります。
 1991年、大阪の吉本興業の「なんば花月」で、ガン闘病者を含む19名に、吉本新喜劇を見てもらい、その前後の免疫力の変化を調べたものです。
 免疫力の指標であるNK細胞(ガン細胞を撃退するリンパ球)の活性度を調べたところ、低い人は上昇し、高すぎる人は基準値の範囲に戻るということがわかったのです。

 さて、ガンになったからといって、それが死刑宣告と同意ではありません。手術や薬物療法、放射能線治療をしなくても、共生が可能です。実際、老衰で亡くなったかたを調べると、その8割にガン細胞が発見されます。つまり、自分がガンだと気づかないうちに人生を全うする人もいるのです。
 この事実から、私は、ガンとの共生が可能だということを確信しています。そして、そのためにも大切なのが、笑って人生を楽しむことなのです。私の経験からも、笑うことで免疫力が高まり、生活習慣病はもとより、ガンを克服したケースを、たくさん目の当たりにしてきました。

 ちなみに私は、1997年、ガン患者さんたちと、ヨーロッパアルプスの最高峰、モンブランの頂の見えるところまでトレッキングをしました。さらに、2000年には、ガン患者さん200名と富士山の登頂にも成功したのです。頂上に到達したときの、皆さんの笑顔を、私は一生忘れないでしょう。

 さて、私自身、多くの人に笑ってもらいたいと、チンドン屋に変装したり、アコーディオンを演奏したりするなど、さまざまな試みをしてきました。そうした経験からわかったのは、笑いのツボが人によって千差万別だということ。
 その点、「笑いヨガ」は、実に優れた体操です。おもしろい、つまらないは関係なく、とにかくまずは声を出して笑う。たとえ、つくり笑いでも、脳の中で笑いの効果は同じなのです。笑っていくうちに、だんだんとおもしろくなって、心から笑えるようになるでしょう。ぜひ、一度試してみてください。

 つらいときこそ、とにかく笑いましょう。昔から、こんな言葉もあります。「落ちるだけ落ちたら、後は笑うしかない」と。不思議な日本語のいい回しですね。そして、笑うことと同じくらい、免疫力を高めるのが、泣くことです。涙の中に、ストレスホルモンが排出されます。シクシク(4×9)泣いて36、ハハハ(8×8)と笑って64、合計で100。
 泣いて笑って、ちょっとだけ笑いが多ければ、いい人生ですね。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

噛む、飲み込む、発音するなど、口の様々な機能を支えているのが、繊細で複雑な舌の動きです。舌の筋肉とあごや口の筋肉との連携について調べたところ、舌を動かすことで、あごのゆがみをある程度予防できることが判明しました。そこで、私が推奨している口周りの運動が「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【薬をやめたい】病気の9割は薬に頼らず治せる?薬の「飲みどき」と「やめどき」をズバリ指南

【薬をやめたい】病気の9割は薬に頼らず治せる?薬の「飲みどき」と「やめどき」をズバリ指南

病気の九割は、自助努力で治せる「命にかかわらない病気」です。にもかかわらず、病気が治らないのは、薬に頼り切り、薬の害を受け続けているせいなのです。薬は「百害あって一利なし」ではありますが、「一利」くらいはあるということは認めてもいいでしょう。【解説】岡本裕(e─クリニック医師)


「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

前立腺肥大症や前立腺ガンだけではなく、血管にかかわるさまざまな病気を予防するために、セックスもしくは、マスターベーションを頻繁に行うことが大事です。日々、頻繁に射精をすることは、すなわち、大変有効な健康法なのです。【解説】永井敦(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・医学博士)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング