MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)

解説者のプロフィール

昇 幹夫
1947年鹿児島生まれ。九州大学医学部を卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として大阪在住。現在、大阪市で産婦人科診療を続けながら、「日本笑い学会」副会長として、笑いの医学的効用を研究。「元気で長生き研究所」所長として、全国講演活動中。自称「健康法師」。著書として、『泣いて生まれて笑って死のう』(春陽堂書店)、『笑いは心と脳の処方せん』(リヨン社)、『笑いと食と健康と』(芽ばえ社)など多数。

笑いは腹式呼吸であり内臓のジョギング

 私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。こうした体験から学んだのは、生を受けてから死に向かうまで、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。

 私が、人生との向き合い方を考え直すようになったきっかけは、今から17年前、高校卒業30周年の同期会に出席したことでした。当時の私は、産婦人科医としての激務に追われ、いつ倒れてもおかしくない生活を続けていました。そんな中、なんとか時間を作って、同期会に出席することができたのです。私は、懐かしい仲間たちとの再会を心待ちにしていました。

 しかし、実際に出席してみると、200人の同期生のうち、8人がすでに亡くなっていたことが判明。しかも、そのうちの4人が私と同じ医師で、大きなショックを受けたのです。
 このとき、私は心に決めました。「これまでの過労死寸前の生き方を改め、いつ終わりが来ても、いい人生だったと思えるように」と。そして、そのためには、まず笑うことが大切だということに気づいたのです。

 さて、人間は2種類に分けることができるのをご存じでしょうか。それは、「いっしょにいて楽しい人」と「そうではない人」です。皆さんは、どんな人といっしょにいて楽しいと感じますか。それは、やはり笑顔の人ではないでしょうか。
 さらに、笑いは、健康にも役立ちます。笑いを呼吸生理学的に考えると、それは連続した呼気、息ははき出すことです。吸気、吸う息では、笑えません。つまり、笑うということは、腹式呼吸の一つであり、健康増進することがわかっています。また、呵呵大笑は、内臓のジョギングともいわれていますね。
 実際に、近年、笑いと健康について、たくさんの医学者が研究を重ねて、すばらしい成果が次々と発見されています。

つらいときでもとにかく笑おう!

 笑いは、いい遺伝子のスイッチをオンにします。しかし、人生を歩むうえで、どうしても笑えない状況に陥るケースもあります。
 その一つが、重篤な病気でしょう。例えば、医師からガンを宣告されて、笑っていられる人がどれほどおられるでしょうか。ガンになると、ほとんどの人は絶望します。あまりの絶望に、心が折れてしまう人もたくさんいます。
 人間は、賢い生き物です。賢いからこそ明日のことを心配し、悲観論者になります。しかし反対に、賢いからこそ、笑うことができるのです。

 悩むことと笑うことは、本来セット。どんな状況にあっても、人生を楽しみ「にもかかわらず」笑うことが大切なのです。
 こんな実験もあります。
 1991年、大阪の吉本興業の「なんば花月」で、ガン闘病者を含む19名に、吉本新喜劇を見てもらい、その前後の免疫力の変化を調べたものです。
 免疫力の指標であるNK細胞(ガン細胞を撃退するリンパ球)の活性度を調べたところ、低い人は上昇し、高すぎる人は基準値の範囲に戻るということがわかったのです。

ガン = 死刑宣告 ではない

 さて、ガンになったからといって、それが死刑宣告と同意ではありません。手術や薬物療法、放射能線治療をしなくても、共生が可能です。実際、老衰で亡くなったかたを調べると、その8割にガン細胞が発見されます。つまり、自分がガンだと気づかないうちに人生を全うする人もいるのです。
 この事実から、私は、ガンとの共生が可能だということを確信しています。そして、そのためにも大切なのが、笑って人生を楽しむことなのです。私の経験からも、笑うことで免疫力が高まり、生活習慣病はもとより、ガンを克服したケースを、たくさん目の当たりにしてきました。

 ちなみに私は、1997年、ガン患者さんたちと、ヨーロッパアルプスの最高峰、モンブランの頂の見えるところまでトレッキングをしました。さらに、2000年には、ガン患者さん200名と富士山の登頂にも成功したのです。頂上に到達したときの、皆さんの笑顔を、私は一生忘れないでしょう。

 さて、私自身、多くの人に笑ってもらいたいと、チンドン屋に変装したり、アコーディオンを演奏したりするなど、さまざまな試みをしてきました。そうした経験からわかったのは、笑いのツボが人によって千差万別だということ。
 その点、「笑いヨガ」は、実に優れた体操です。おもしろい、つまらないは関係なく、とにかくまずは声を出して笑う。たとえ、つくり笑いでも、脳の中で笑いの効果は同じなのです。笑っていくうちに、だんだんとおもしろくなって、心から笑えるようになるでしょう。ぜひ、一度試してみてください。

「笑い」の効果

 つらいときこそ、とにかく笑いましょう。昔から、こんな言葉もあります。「落ちるだけ落ちたら、後は笑うしかない」と。不思議な日本語のいい回しですね。そして、笑うことと同じくらい、免疫力を高めるのが、泣くことです。涙の中に、ストレスホルモンが排出されます。シクシク(4×9)泣いて36、ハハハ(8×8)と笑って64、合計で100。
 泣いて笑って、ちょっとだけ笑いが多ければ、いい人生ですね。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
更新: 2019-04-17 18:00:00
マイタケはビタミン類やミネラル、食物繊維に富み、特に亜鉛、ナイアシン、ビタミンDを多く含んでいます。特筆すべきはMDフラクションという成分で、免疫機能を調整し腫瘍の増殖を抑制する作用が際だって強力であることがわかっているのです。【解説】柴田佳一(柴田接骨院院長)
更新: 2019-04-10 18:00:00
プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)
更新: 2018-12-16 18:00:00
私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-10-25 12:00:00
私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)
更新: 2018-09-12 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00