MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
禁煙に成功する「笑いヨガ」禁断症状も出にくいと医師が解説

禁煙に成功する「笑いヨガ」禁断症状も出にくいと医師が解説

健康のためには、禁煙することはもちろん、食事や運動などの生活習慣が重要です。体に悪影響を与えるような習慣をお持ちなら、その行動を変えること、いわゆる「行動変容」が必要になります。【解説】中瀬勝則(中瀬医院院長)

新鮮な酸素を効率よく体内に取り込める

 私は、内科の開業医として、さらには地域の保健センター指導医として、よりよい健康長寿を実現するため、さまざまな予防医学的な健康講座を企画・立案してきました。また、徳島県医師会の禁煙推進・禁煙支援の担当者でもあり、クリニックに禁煙外来を設けるなど、30年にわたって患者さんや地域住民のかたがたと向き合ってきました。

 健康のためには、禁煙することはもちろん、食事や運動などの生活習慣が重要です。体に悪影響を与えるような習慣をお持ちなら、その行動を変えること、いわゆる「行動変容」が必要になります。

 さて、禁煙外来の患者さんたち、また、健康講座に参加されるかたがたと長年接していくうちに、とても興味深いことに気づきました。
 それは、行動変容がうまくいく人と、うまくいかない人がいるということです。その違いは、いったいなんなのでしょうか?

禁煙がうまくいく人と、うまくいかない人の違い

 大ざっぱに、人間は2種類に分けることができます。ポジティブ思考の楽観主義者と、ネガティブ思考の悲観主義者です。
 生活習慣を改善したい、運動する習慣を身につけたい、禁煙したいと思いながらも、なかなか実行に移せないかたは、心に余裕がないネガティブ思考であることがほとんど。それなりに危機管理ができる反面、「失敗したらどうしよう」というプレッシャーを感じやすく、身動きが取れなくなってしまうのです。

 一方、ポジティブ思考のかたは、多少困難なことでも、とにかく取り組んでくれます。途中で問題が起こったとしても、「まあ、いいか」と気に病むこともありません。心に余裕があることで行動的になり、自然と健康的な意識が身につくのです。
 たとえば、禁煙に成功した人は、私が指導した健康知識をよく覚えている傾向があります。内容もきちんと理解しているので、それが土台となって、食事に気をつけたり、運動を心がけたりするようになります。禁煙の成功だけでなく、非喫煙者よりも健康な体を手にされたかたもいるのです。

 さて、問題はネガティブ思考の持ち主です。これまで、たくさんの健康講座を開催しましたが、最初から関心を示さない人、途中で脱落していく人をおおぜい目の当たりにしてきました。そうしたかたがたに、どうアプローチすればよいのか。私は、予防医学に携わる人間として、大きな課題を感じていました。

 そんなときに出会ったのが、「笑いヨガ」だったのです。同じ四国出身の精神科医・枝廣篤昌先生から教わったのがきっかけでした。

 正直、笑いヨガを初めて知ったときは、「怪しすぎる!」と思いました。しかし、私は、怪しいものが大好き(笑)。

 枝廣先生に、どこで勉強できるか聞いてみると、「日本笑いヨガ協会」というところで、リーダー養成講座なるものが存在するというではありませんか。
私は、なんの予備知識も持たずに、とにかく受講することにしました。

 実際に勉強してみると、第一印象とはうらはらに、実に理論のしっかりした、すばらしい体操だということがわかりました。
 また、自然と腹式呼吸になるため、有酸素運動としても優れています。新鮮な酸素を効率よく体内に取り込めるため、健康と活力が実感できました。

笑って幸せな人は寿命が10年延びる

 受講後、私はすぐに健康講座で笑いヨガを取り入れました。最初は、ぎこちなく笑っていた人も、しだいに本物の笑いに変わっていき、参加者の表情はみるみるうちに晴れてきたのです。
 何より驚いたのは、講座終了後、私を含めた保健師や運動指導士などのスタッフと、参加者の距離が一気に縮んだことです。笑いが、すべてを変えた瞬間でした。

 禁煙はもちろん、糖尿病などで生活習慣を変えたいという思いを持ちながら、なかなか実行に移せないかたは、笑いヨガがお勧めです。無理に生活習慣を変えようとストレスをためるより、まずは笑ってください。あなたが笑えば、気分が変わります。気分が変われば行動が変わり、行動が変われば思考がポジティブになっていくのです。

 笑いヨガは、だれでも理由なく笑える、今までにない新しい健康法です。ユーモアやコメディといった、笑うための材料も必要ありません。一人で行っても、何人かで集まって行っても効果は変わりません。年齢や性別も関係なく、座ったままでも行うことができるので、運動療法の観点からも非常に優れているといえます。

 そして、笑うと、幸福感に包まれます。幸福感が高まれば、長寿にもつながるのです。実際、人生を楽しんでいる人は、心筋梗塞などの虚血性心疾患になるリスクが少ないという研究データもあります。また、幸せな人は、そうでない人に比べて、寿命が約10年長くなるという報告もあるのです。
「笑う門には福来る」という言葉もあります。ぜひ、多くのかたに笑いヨガを実践してもらい、健康長寿はもちろん、よりよい人生を過ごすために役立てていただきたいと思います。

解説者のプロフィール

中瀬勝則
1986年、金沢医科大学卒業。同大学消化器内科助手を経て、1993年から徳島市にて中瀬医院を開院。現在、徳島市医師会常任理事、徳島市保健センター指導医、「日本笑い学会」四国支部講師、Jリーグ『徳島ヴォルティス』チームドクターなどを務め、地域住民や企業内で、笑いによる健康教育、禁煙支援などに従事。マイブームは、人里離れた場所でアイロン掛けを行う「エクストリーム・アイロニング」、中央に人がいない記念写真を撮影する「見切れ写真愛好家」など。

●中瀬医院
徳島県徳島市富田橋1丁目11-2
088-623-3758

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-03-13 18:00:00
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-03-11 18:00:00
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt