MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【糖質制限ダイエットのやり方】糖尿病に焼酎やブランデーはOK ビールや日本酒は?

【糖質制限ダイエットのやり方】糖尿病に焼酎やブランデーはOK ビールや日本酒は?

私が指導している糖質制限食は、肥満の解消・予防、糖尿病の予防、予備軍の血糖値の改善に主眼を置いています。そのため、糖質の制限は比較的ゆるやかに行います。【解説】前川智(新潟労災病院消化器内科部長・医学博士)

食べ過ぎなければギョウザもOK

 私が指導している糖質制限食は、肥満の解消・予防、糖尿病の予防、予備軍の血糖値の改善に主眼を置いています。そのため、糖質の制限は比較的ゆるやかに行います。
 例えば、皮や衣に糖質が多いギョウザやシュウマイ、トンカツ、天ぷらなども、「食べ過ぎない」という条件付きで、食べて構いません。
 ゆるやかな制限でも糖質を少なめにすることで、着実に肥満を解消し、血糖値を改善することができます。
 なお糖尿病の治療を受けている人は、主治医の指示に従って食事療法を行ってください。では、私が指導している糖質制限食のやり方を説明しましょう

1.主食は1日1回。夜は抜く

 主食は朝、昼どちらかで食べ、夕食では必ず抜きます。ごはんなら茶わんに軽く1膳、100g程度です。これまで三食、主食を取ってきた人は、二食抜くだけで、十分糖質制限になります。
 主食を食事の最初に食べると、血糖値が急激に上昇します。これを避けるには、野菜料理をまず食べ、肉や魚の主菜を半分ほど食べてから主食を食べるといいでしょう。野菜に含まれる食物繊維は、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。
 旅行や会食など特別な日は、楽しみを優先して主食を取って構いません。次の日から調節すれば大丈夫です。

2.おかずをたっぷり食べる

 朝・昼・夕とも、おかずはしっかり食べましょう。たっぷりの野菜に、肉、魚、大豆製品、海藻などを組み合わせます。カボチャ、ニンジン、レンコン、などの根菜や、イモ類、トウモロコシは、糖質が多いので、少量にしましょう。
 食材を選ぶポイントは、食べて甘い物はなるべく避けること。また、なめてみて甘味のあるケチャップや中濃ソース、みりんなどの調味料も使うときは少量にします。
 果糖が多い果物は、ときどき食べるのはよいですが、デザートとして習慣的に食べることはやめましょう。

3.腹八分目で1口30回かむ

 昔からいわれている「腹八分目」は健康維持の基本です。糖質制限をしながら食べ過ぎを防ぐことで、減量効果も糖尿病の予防効果もいっそう高まります。
 また、よくかむことで脳の満腹中枢が刺激され、腹八分目で満腹感を得ることができます。おしゃべりしながら食べると、かむことがおろそかになりがちです。気を付けましょう。

4.毎日、体重計に乗る

 毎日、体重を計ることで、体の変化がわかる上、数字を意識することで減量のモチベーションが上がります。
 糖尿病予備軍の人は、血糖測定器を購入して、食後1時間の血糖値を測るのも健康管理に役立ちます。

 個人差はありますが、糖質制限食を始めると、みるみる体重が落ちます。100kgの人では1ヵ月で10kg程度、60kgの人で4kg前後の減量が見込めます。
 これ以上体重が落ちる場合は、食事の全体量が不足していると思われます。おかずの量を増やしましょう。

晩酌は?おやつは?

焼酎やブランデーは適量飲んで構わない。ビールや日本酒は糖質が多いため、控える。おやつは、原則として間食はしないほうがよいが、小腹がすいたときには、糖質が少ないのでチーズやナッツがお勧め。

解説者のプロフィール

前川 智
2001年、産業医科大学医学部医学科卒業。神戸労災病院等を経て、2011年より現職。新潟労災病院内視鏡診療センター長。内視鏡的胃内バルーン留置術を得意とし、胃ガンや大腸ガンの内視鏡治療の実績も多数。新聞やテレビの出演を通し、病気予防の啓蒙に努めている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)