【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

座骨神経痛、脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「長く歩けない」「足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら運動療法のセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


松平 浩
1992年、順天堂大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院整形外科助手、英国サウサンプトン大学シニアリサーチフェロー、関東労災病院勤労者筋・骨格系疾患センター長などを経て、現職に至る。福島県立医科大学医学部疼痛医学講座特任教授(兼務)。日本整形外科学会専門医。日本腰痛学会評議員(編集委員)。国際マッケンジー協会認定セラピスト。腰痛治療のスペシャリストであり、著書も多数。

脊柱管狭窄症は自力で改善できる!

 脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く、「どうも長く歩けない」「たまに足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。

 しかし、背骨の中を通る神経が圧迫を受けた状態が長く続くと、神経が疲弊し、重症化する危険性があります。肛門や性器周辺が熱くなったり、尿が出にくくなったりした場合は、かなり症状が進んでいると考えられ、すぐに治療が必要です。

 手術や投薬、通院などは、できれば避けたいものでしょう。脊柱管狭窄症は、重症化する前ならば、自力で症状を改善することができます。

 症状が出始めたら、もしくは、診断を受けたら、日ごろから簡単なセルフケアを行いましょう。

坐骨神経痛、間欠性跛行も改善できる

①弱っている神経を開放し患部の血流をアップする「足下げリラックス」

 今回は、私が多くの患者さんに勧め、成果を上げている方法をご紹介します。

 続けて長く歩けない「間欠性跛行」や、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが出る「座骨神経痛」が現れたら、脊柱管を通る神経が弱っているサインです。できるだけ神経を解放する時間を取り、回復を図りましょう。

 症状が出たら、必ず行ってほしいのが、イスに両足をのせる「足上げリラックス」です(下記参照)。

 最低30分を1日2回、2週間続けましょう。

「足上げリラックス」のやり方

 神経の圧迫を取るのが目的なので、これ以上長く、多く行ってもけっこうです。飽きないように、音楽やラジオを聴きながら行うといいでしょう。

 あおむけになってイスに両足をのせることで、腰部の脊柱管が少し広がり、神経の圧迫が緩みます。神経の血流はアップして酸素の循環がよくなり、痛みの改善が期待できます。

 なるべく高い枕を使用すると、より前かがみになるので、狭窄部分が広がりやすくなり、さらに効果的です。

 ときどき足首を動かすことで、足のむくみを解消する効果も得られます。
 夜寝るときも、クッションや座布団をふくらはぎの下に置き、ひざから下の部分を高くすることをお勧めします。できるだけ長い時間、腰部の神経を解放したほうがいいからです。

②鎮痛効果のある脳内物質を分泌させる「自転車こぎ」

 次に、脊柱管狭窄症の症状を和らげる簡単な運動をご紹介します。

 下肢のしびれや痛み、間欠性跛行が出ているときは、なかなか運動する気になれないかもしれません。しかし、症状の緩和や悪化防止に、ぜひ行ってほしい運動があります。

 意外かもしれませんが、「自転車こぎ」です。

 自転車をこぐときは、前かがみの姿勢になるでしょう。この姿勢で足を動かすと、腰の神経への圧迫を減らした状態で、有酸素運動をすることができるのです。

 少し汗ばむくらいの負荷をかけ、有酸素運動を20分以上継続すると、鎮痛効果のある脳内物質がほどよく分泌されることがわかっています。この点からも、自転車こぎは、脊柱管狭窄症の痛みを軽減する方法として有効なのです。

 とはいえ、足腰に不安を抱えながら、自転車で外を走るのは心配でしょう。いちばんお勧めなのは、スポーツジムなどにある、自転車エルゴメーター(自転車型の運動器具)です。専用の器具なので、転倒の心配もなく、安全です。

 近隣にそうした施設がない場合は、自宅で自転車のスタンドを立てたまま、こいでもいいでしょう。ただし、安全には十分留意してください。

③症状が良くなってきたら行う「アームレッグレイズ」

「足上げリラックス」と「自転車こぎ」で、症状がよくなってきたら、インナーマッスル(深層筋)を鍛えながら、背骨の並び(姿勢)を正すことも大切です。

 前かがみの姿勢ばかり取っていると、ネコ背になり、腰痛を起こすおそれがあります。正常な背骨は、首(頸椎)から腰(腰椎)まで、緩やかなS字カーブを描いています。この形をキープできていれば、腰への負担は最小限になります。

 ところが、ネコ背や前かがみの姿勢が続くと、背中の筋肉が必要以上に緊張・収縮して、腰への負担が大きくなり、S字カーブがくずれてしまうのです。背骨の美しいS字カーブを作るには、骨盤がほんの少しだけ前傾した状態が理想的です。
私は、この姿勢を「美ポジ」(ビューティフル・ポジションの略)と名づけました。

 美ポジ を保つために大切なのは、背骨を支え、体幹を構成している腹横筋や多裂筋などのインナーマッスルです。これらの筋肉を日常的に刺激し、強化することで、脊柱管狭窄症の予防・改善に役立ちます。

 今回は、「アームレッグレイズ」という筋トレをご紹介しましょう(下記参照)。

「アームレッグレイズ」のやり方

①床によつんばいになり、背すじを伸ばす。

②右手と左足を床と水平になるように伸ばして、10秒間キープ。
いったん手足を下ろし、反対側も同様に行う。左右交互に3回ずつを1セットとし、1日3セットを目標にする。
※症状が落ち着いたら、3日に1度程度行いましょう。

 アームレッグレイズは、その名のとおり、腕(アーム)と足(レッグ)を持ち上げた(レイズ)姿勢を取る筋力トレーニングです。背骨を安定させる筋肉を、効率的に鍛えることができます。

 やり方は簡単です。
 床によつんばいになり、背すじを伸ばします。次に、右手を床と水平に自然に伸ばし、左足も腰の高さで伸ばして、10秒間キープしましょう。

 いったん手足を下ろし、今度は反対側の手足で同様に行います。左右交互に3回ずつ行うのを1セットとし、1日3セットを目標にしましょう。慣れてきたら、左右30秒間キープを目指してください。

 この筋トレを行うのは、3日に1度程度でもかまいませんが、多少「きつい」と感じるくらい行うと、高い効果を得られます。がんばりましょう。

 以上に紹介した姿勢や簡単な運動を実行し、脊柱管狭窄症による痛みやしびれの改善に役立ててください。

美しい姿勢を保てる!

【関連記事】腰椎すべり症、ぎっくり腰は「これだけ体操」で治る!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

7年前の秋のことです。私は突然、座骨神経痛になりました。とあるテレビ番組で「耳の下をこすると全身がゆるむ」と、歯科医の先生が話しているのを見かけました。その後に、やり方が紹介されたので、私もまねて実践してみました。とても簡単でした。【体験談】上妻真美子(主婦・62歳)


【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)


【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは 再発防止対策は?

脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させ、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。その両方を同時にできるのが、今回ご紹介する「股関節締め」です。【解説】白井雄彦(西住之江整体院代表・鍼灸師)/白井天道(西住之江整体院院長・鍼灸)


【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

【脊柱管狭窄症】閉塞性動脈硬化症と症状(間欠跛行)が似ている!簡単な見分け方はコレだ!

間欠跛行は、脊柱管狭窄症に特徴的な症状ですが、間違いやすい病気に「閉塞性動脈硬化症」があります。これは足の血管がかたくなり、足の血流が悪くなる病気です。脊柱管狭窄症の場合、お尻や太ももの筋力を強化する運動が有効となります。お勧めは「ゆっくりスクワット」です。【解説】井上真輔(愛知医科大学・学際的痛みセンター准教授)


最新の投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

若々しく健康な体を維持するためには、毎日の食事に気を配りたいものです。私自身は最近、みそを積極的に取るようにしています。みその酵素を生きたまま、効果的に摂取できる「50℃みそ汁」がお勧めです。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

基本的なやり方として中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)