医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 


血糖値は250ミリを超え、入院を勧められた

 かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。

 最初に糖尿病を指摘されたとき、ヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標。基準値は4・6~6・2%)が、なんと12%もあったのです。本来、110㎎/㎗未満でなければならない血糖値にいたっては、250㎎/㎗を超えていました。

 こんな結果になったのは、当時仕事が大変忙しく、検査をする時間がなかったからです。さらに、いわゆる糖尿病の自覚症状とされる、口の渇きや頻尿、体のだるさといった症状が、全く感じられませんでした。
 気づかないうちに、どんどん悪化してしまったわけです。医師も驚いて、すぐに入院するよう勧めました。しかし私は、仕事の関係で休むわけにはいきませんでした。そこで、薬や食事療法などを併用して治療に当たったのです。その後、ヘモグロビンA1cは、なんとか8%台までは下がりましたが、それ以下にはどうしても下がらなくなりました。それが今から5年ほど前の状況でした。

 しかしその後、私の数値はゆっくり下がり始めます。そして、ついにヘモグロビンA1cは7%を切り、6%台になり、ほぼ正常値になりました。薬をいくら使っても、8%は切れませんでしたから、この成果の理由は別のところにあるのです。

 それは、私の専門であるツボ刺激です。手の甲にあるツボを刺激することで、数値が大幅に改善しました。

 東洋医学においては、生命エネルギーの一種である気があるとされています。その気の通り道が経絡です。経絡は全部で14本あり、そのうち糖尿病は、肺経、腎経、脾経という3本の経絡が関連しています。

 また、東洋医学では糖尿病は、「消喝」といわれ、渇きの病であると考えられています。腎が熱を発して肺に熱がこもると、体に微熱が生じてほてるようになります。その結果、糖尿病の自覚症状としてよく知られている、のどの渇きや多飲、多尿などの症状が現れてくるのです。

 こうした症状にいいとされるのが、手の親指のつけ根にある「魚際」というツボを刺激することです。

魚際のツボ刺激のやり方

肺にこもる熱を抑えて糖尿病の不定愁訴を解消

 魚際の位置を確認しましょう。親指のつけ根のふくらみの上で、手のひらと手の甲の境目です。少しくぼんだところに魚際があります。

 まず、左手の親指を右手の4本の指でつかみます。そして、右手の親指を魚際に当てて、五つ数えながら押し込み、ゆっくり離します。同じように右手の魚際も刺激して、左右合わせて3分程度行うといいでしょう。入浴中に行うと、より効果的です。

 魚際は、肺経に属するツボです。ここを毎日刺激するうちに、肺経の気の流れがよくなるので、肺にこもった熱を抑え、糖尿病に伴うさまざまな不定愁訴が解消していくでしょう。

 また、魚際と合わせて、いっしょに刺激するといいゾーンがあります。手の甲の指の骨(中手骨)と骨の間を観察してみてください。糖尿病のかたは、そこを通る血管がぷっくりとふくらんでいるのではないでしょうか。これは、消化器点と呼ばれる、糖尿病に対応するゾーン(反射区)と考えられます。

 臓器などに悪いところがあると、それに対応した手足の特定部分に反応が現れます。そのゾーンを反射区と呼びます。その反応が現れているゾーンを刺激することで、不調を起こしている元の臓器などによい影響を与えることができるのです。

 この場合もそうです。手の甲にふくらんだところが見つかったら、その盛り上がりを押しもみしてみましょう。嫌な痛みがあるはずです。もんでいるうちに、その嫌な感じがなくなってきます。それが解消の一つの目安になります。魚際と並んで、このゾーンも刺激するといいでしょう。

 ここでご紹介した手の甲への刺激に加えて、食事療法や運動療法も組み合わせれば、より大きな成果が得られると思います。私の場合は、食前にキャベツをとる習慣を続けた結果、血糖値もほぼ正常値の辺りで推移しています。糖尿病でお悩みのかたは、ぜひ魚際のツボ刺激をお試しになってください。

食前にキャベツをとる食事療法はこちら

体験者でもある佐藤先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

血管を強くし動脈硬化を防ぐ昆布酒の効果 塩分を排出して高血圧を予防

コンブに含まれる水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸には、コレステロールの一部を吸着して、便として排出する作用があります。フコイダンには血栓をできにくくする作用があるため血液がサラサラになり、血管が丈夫になるので、動脈硬化の予防や改善が期待できます。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長)


HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

HbA1cを下げる運動療法は「週3筋トレ」が最善!2ヶ月間で2.4%降下

糖尿病治療には食事療法と運動療法が有効であることは、いうまでもありません。食事療法に加えて、適した運動を行えば、薬よりもはるかに効果が高いことは実証されています。しかし運動療法を指導している医師は、ごくわずか。私が、糖尿病の患者さんに指導しているのが、「週3筋トレ」です。【解説】宇佐見啓治(うさみ内科理事長)


過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

過剰な糖質制限食で老化が進む!5年以上の長期は避けよう

酸化・糖化による老化や心血管系の病気を防ぐために、糖尿病の患者さんが、適度な糖質制限を行うことは悪くないと思います。しかし、過剰な糖質制限を長く続けることは、全身や脳の老化を招く恐れがあります。【解説】都築毅(東北大学大学院農学研究科准教授)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)