【手の甲つまみ】ヘバーデン結節、腱鞘炎やバネ指の痛みや症状が改善

【手の甲つまみ】ヘバーデン結節、腱鞘炎やバネ指の痛みや症状が改善

手首の痛みやしびれ、腱鞘炎やばね指、ヘバーデン結節に悩んでいる人は、筋肉を包んでいる薄い膜「筋膜」が硬くなっていることが原因かもしれません。筋膜を解放(リリース)することで、症状が改善することもあります。ぜひ、治療にお役立てください。【解説】原 幸夫(いいだ整骨院・鍼灸院・いいだカイロプラクティック院長)


原 幸夫
いいだ整骨院・鍼灸院・いいだカイロプラクティック院長。柔道整復師。鍼灸・あんまマッサージ指圧師。中国に渡り鍼麻酔、中国鍼を研修。東洋医学、カイロプラクティックの技術を用いて、日々治療にあたっている。著書に『誰でもスグできる! ねこ背をぐんぐん治す!200%の基本ワザ』(日東書院)など多数。

ヘバーデン結節とは、指先から一つめの関節に痛みや腫れが出る疾患

 首や肩、腕の痛みやコリに悩んでいる人は、筋膜がかたくなったり、ゆがんだりしていることが原因かもしれません。
 筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜のことです(下図参照)。

 昨今、テレビなどのメディアで大きく注目されているため、ご存じのかたも多いでしょう。
 筋膜以外にも、内臓を包む腹膜や漿膜など、全身の細胞や組織はいずれも、薄い膜に覆われています。それらの膜どうしがつながり合い、ボディスーツのように全身を覆うことで、私たちの体は形づくられているのです。

 ところが、筋膜は、悪い姿勢や加齢などが原因で、かたくなったり、ゆがんだりします。すると、歩きづらくなったり、関節が曲がりにくくなったりするなど、体の動きが悪くなります。こうして、痛みやコリが出やすくなるのです。
 また、前述したように、筋膜どうしはつながっているため、ある箇所の筋膜の異常のせいで、全く関係のない箇所に痛みが生じる場合もあります。

 そのしくみは、テントにたとえられます。テントの支柱(ポール)を骨、布(シート)を筋膜だと想像してください。
 テントを張るときは、支柱だけでなく、布をピンと引っ張ることで、全体が安定します。この状態で、布の一部分を引っ張ると、どうなるでしょうか。
 引っ張った箇所の布がゆがむだけでなく、全く別の箇所の布もゆがんでしまいます。それが原因で、テント全体が傾く恐れさえあるでしょう。

 そこで有効なのが、ゆがんだ箇所以外のシートを直すことです。テント全体はつながっているので、別の箇所のシートを調節すれば、引っ張った箇所やテント全体を整えることが可能です。
 この考えを応用した健康法が、今回ご紹介する「手の甲つまみ」です(やり方は下記参照)。その名のとおり、手の甲を刺激することで、全身の筋膜にアプローチできます。
 手はもちろんのこと、特に筋膜のつながりが近い、首や肩、腕の筋膜の解放に役立ちます。

 手の甲の皮下組織には、多くの神経と血管が走っています。手の甲の筋膜が解放されれば、神経の働きや血流がよくなります。
 こうして、手や腕の痛みやしびれや、肩や首の痛みやコリの改善に、大きな力を発揮するのです。
 また、肩やひじ、手首、指の関節が動かしやすくなるので、五十肩や腱鞘炎、ヘバーデン結節(指先から一つめの関節に痛みや腫れが出る疾患)、バネ指などの改善にも役立ちます。

 手の甲つまみのやり方は、次のとおりです。
 まずは、手の甲全体や指と指の間を、まんべんなくつまんでください。力加減は、痛みを感じない程度で十分です。
 軽い力にもかかわらず、痛みを感じたり、皮膚が突っ張ったりする箇所が見つかったら、これこそ、筋膜がかたくなったり、ゆがんだりしている証拠といえます。その影響が、手の甲の神経や血流に現れているわけです。
 その箇所を5秒程度つまんで、軽く引っ張ったり、上下左右に動かしたりしましょう。こうすることで、手の甲の筋膜が、柔軟性を取り戻します。

 手の甲つまみは、1日1回行いましょう。両手合わせても、1~2分で終わります。もちろん、1日に何回行っても問題ありません。

手の甲つまみのやり方

手首の痛み、腱鞘炎が軽快!指が細くなったと歓喜!

 私の治療院では、患者さんに手の甲への刺激を勧めています。なかでも、手首や腕の痛み、しびれ、むくみの改善には、すばらしい成果が現れています。

 ほかにも、手から肩にかけての関節の動きがよくなった、五十肩や腱鞘炎が軽くなった、手や腕の倦怠感や疲労感が取れたという声が、続々と届いているのです。

 また、女性の場合、指が細くなったり、手が小さくなったり、手の甲にあったシミやシワが取れたりした、と喜んでいるかたもいます。

 手の甲に現れたシミやシワは、血行不良が原因のことがほとんどです。手の甲の刺激によって血行がよくなれば、シミやシワが取れても不思議なことではありません。手指の血行がよくなるので、冷え症のかたにもお勧めです。

 また、手の甲のツボ刺激を同時に行えることも、手の甲つまみの利点です。

 手の甲には、たくさんのツボが存在するので、ツボの位置を知らなくても、自然と刺激することができるのです。
 手の甲にあるツボをつまんだとき、痛みや皮膚の突っ張りを感じたときは、そのツボに対応する部位に異変が現れている可能性があります。ツボ刺激の効果で、思わぬ症状の改善にもつながるかもしれません。

 手の甲つまみは、場所と時間を選ばず手軽に行えます。ぜひ今日からお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

【野球肘を予防】正しいフォームになる 整形外科医考案「簡単エクササイズ」

体もフォームも出来上がっていない小学生には、投球動作の基本を投球とは違う動きで覚えさせたほうが効果的です。より実際のイメージに近い方法として「真下投げ」がお勧めです。ここでは簡単で、初心者でもできる「ZERO真下投げ」を紹介しましょう。やり方は、右投手の場合です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

【野球肘の症状・セルフチェック方法】病院などの医療機関へのかかり方について

ひじに痛みがあっても、彼らなりの理由から痛みを口にしたがらない子供や、どこからが「痛み」なのかよくわからない子供は少なくありません。ほうっておくと、子供たちが悲しい思いをします。気持ちに左右されず物理的にひじの不調や問題、痛みを発見するチェック法を紹介しましょう。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

【野球ひじへの対処法】肘が痛くなったら 早期に治すための対策と予防法はコレ

「病院に行くと、休めって言われる。休むと、試合に出られなくなっちゃう」この会話に、子供たちの気持ちと、彼らを取り巻く環境が如実に現れています。病院が「休め」と言うのは事実です。しかし、医療に携わる人間として、休むことが一番大切な治療だということを知ってほしいのです。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

【野球肘の症状】種類と特徴 内側型野球ひじ・外側型野球ひじ 治療法の違い

キャッチボールや投球でひじに痛みが出た場合、そのすべてを「野球ひじ」といいます。野球ひじにはいくつか種類がありますが、小学生に最も多く発生するのは「内側型野球ひじ」。発生頻度は低いものの重症化しやすいのは「外側型野球ひじ」です。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)