【体験談】ひどい肩こりと後頭部の頭痛に "手の甲のツボ押し"がすぐに効いた

【体験談】ひどい肩こりと後頭部の頭痛に "手の甲のツボ押し"がすぐに効いた

肩がパンパンに張ると、耳の後ろや後頭部にかけて、ズキズキと頭が痛みだします。そうなると仕事に集中できないので、痛み止めを飲むしかありません。頭痛薬を飲むと楽になるため、つい手を伸ばしてしまい、いつしか、週1回の頻度で薬に頼るようになってしまいました。【体験談】小川江梨子(仮名・大阪府・36歳・会社員 )


手の甲にある3点のツボ「小指の下にある後渓というツボを中心に押す」

 私は、学生のころから肩こりに悩まされ、仕事を始めてからも、解消しませんでした。さらに、デスクワークでパソコンに向かっていることが多いせいか、ちょっと根を詰めて仕事をすると、頭痛まで起こるようになりました。

 左右どちらかの肩がパンパンに張ると、首から耳の後ろや後頭部にかけて、ズキズキと痛みだします。そうなると仕事に集中できないので、痛み止めを飲むしかありません。薬を飲むと楽になるため、つい手を伸ばしてしまい、いつしか、週1回の頻度で薬に頼るようになってしまいました。

 自分で行った対策といえば、肩こりがひどくなってきたときに肩を回してストレッチをしたり、お風呂で温まりながらマッサージしたりするくらいです。ただ、そのときは楽になっても、会社に行って一日中作業をしていると、やはり肩がこってきます。マッサージ店にも行きましたが、なかなか時間が取れず、長くは通えませんでした。

 そんな私に、半年ほど前、友人が玄武堂という鍼灸整骨院を紹介してくれました。職場から近かったこともあり、私は行ってみることにしました。

 そこで教えてもらったのが、「手の甲の3点押し」です。総院長の橋本多聞先生によると、鍼治療や施術と並行して、肩がこったときに自分でも手の甲のツボを押すと、だいぶ楽になるそうです。

 私は肩の背部から後頭部にかけての痛みが強かったため、手の甲にある3点のツボのなかでも、「小指の下にある後渓というツボを中心に押すといいですよ」と教えていただきました。

 実際にその辺りを押してみると、確かにほかの部分と比べて、かなり痛いポイントがあります。私は、最初に橋本先生に押していただいたとき、痛くて飛び上がりました。

 また、右の肩がこっているときに、左の手の甲のツボを押してもあまり痛みはないのに、右の手の甲のツボを押すと、すごく痛むのです。

 そこで、私は押して痛みを感じるところを目がけて、反対の手の指でグーッと押したり、机の角にその部分を押しつけたりして刺激しました。

 仕事の休憩時間や、家でくつろいでいるときにやることが多かったでしょうか。思い出したときに、何度もやっていました。

→「手の甲の3点押し」のやり方はコチラ

即効性があって楽になる、と職場でも流行中!

 手の甲のツボを押していると、腕や肩が、だんだん温かくなり、血の巡りがよくなる感覚があります。

 そして、肩を回してみると、肩こりがひどいときはゴリゴリと音が鳴っていたのに、スムーズに回せるようになります。こうして、あれほど頑固だった肩こりが、たちまち楽になったのです。

 手の甲押しは、即効性があるので、とても助かっています。今では後渓のツボを押すのが習慣になりました。気づくと、いつも押しています。

 こうして、肩こりが軽減すると、頭痛も必然的に起こらなくなりました。そういえば最近は、薬を飲む回数が減っています。頭痛が起こらなくなったので、飲む必要がないのです。肩こり、頭痛が軽減したおかげで、仕事もはかどるようになりました。

 社内でも同僚たちに手の甲押しを教えて、みんなで実践しています。やはり即効性があるようで、ツボを押さえると、「確かに楽になってきた」など、好反応です。

 簡単にでき、しかもすぐに効果が出るセルフケア法を教えていただき、感謝しています。

後渓というツボは、小指から肩関節の背部、首から耳へとつながる「小腸経」という経脈上にある(玄武堂鍼灸整骨院総院長・橋本多聞)

 後渓というツボは、小指から肩関節の背部、首から耳へとつながる「小腸経」という経脈上にあります。小指の下にあるここを刺激すると、経脈の気(一種の生命エネルギー)と血(血液)の流れがよくなり、肩関節の背部や首、さらには後頭部の痛みが和らぎます。
 そして、おもりを持って手首を動かす「経筋体操」も行うと、より効果的です。

薬を飲む回数が減った!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


頭痛 ツボ 肩こり

関連する投稿


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )